2018年2月11日 (日)

2018タラジギ第6戦(宮古沖)

2月10日、ゆたか丸さんへタラジギングに行って来ました。

宮古沖のタラは昨シーズン数回行き、良い釣りさせてもらいましたが、
今シーズンはこれが最初です。宮古沖もこの時期は水深100m以内、
ジグ200~250gと大船渡沖と似たような状況ですが、
やはり所変われば釣り方が少し違う感じで勉強になります。

朝、出船前に船長に状況を聞くと、水温低下と濁りの影響で
かなり食い渋っていたようですが、そろそろ回復するだろうとのこと。

Img_2092
この日は基本的に良い凪ぎの日で、朝は風も弱かったです。
ただ、風向きがコロコロ変わる上、潮の向きと違ってるせいか
釣り座によってはジグがすぐ船下に流され、釣りにくいことも。

私は、朝のうち食い込み側、中盤は風と潮が同調してグッド♪
終盤は払い出し側だけど、風強まりえらい流されました(汗)。

Img_2096
濁りの影響が残っていたのか、朝から中盤までは
グロー系のジグ・タコベイトでよく釣れていた印象があります。
私は、朝の一流し目でいきなり根掛かりしてしまい、
グローの実績ジグをロスト。出鼻をくじかれました(苦笑)。
その後、日が上がるとシルバー系に反応良かった感じ。

Img_2097
荒食いというほどではないものの、
全体に食いは悪くなく、中盤には一時、連発もありました!
中タラ・小タラがほとんどですが、数的にはまずまず釣果♪

Img_2098
あと船中で数本ですが、腹パンパンの大タラも釣れてました!
産卵もほぼ終盤と思いますが、タラコ入りっぽい雰囲気でした。
私も釣りたかったなぁ(苦笑)。


なお、今シーズンのタラジギはこれで終了です。
今後はいろいろ用事があるので春まで釣りはお休みの予定。

2018年2月 4日 (日)

2018タラジギング第4戦、第5戦

この季節、北東北の釣り物といえば、
ワカサギかタラかって感じで選択肢が少なくなります。
とうとうヤリイカも終わっちゃったしね~。
ということで、相変わらずタラジギ行ってました(苦笑)。
2回とも大船渡の広進丸さんでの出撃です。


<第4戦(1月20日)>


終盤で風が出たものの、良い凪ぎの日でした♪
この日は2週ぶりに仙台のKIKUちゃんも一緒。

0120a
しかし、タラちゃん達、産卵でお疲れなのか、
えらい喰いが渋く、アタリ自体少ないのに、
皮一枚のショートバイトばかりでバラシ連発(汗)。
合わせで口切れするか、途中で外れるかって感じ。

0120b
おまけにこの日は変な二枚潮で、上潮だけ風と違う向きに
速く流れており、非常に釣りにくかったです。
特に私の釣り座(右後ろ)が一番潮上となる流れで、
斜めに船下にラインが入るため、ちょっと油断すると
すぐ反対側のお客さんとオマツリに(汗)。

0120c
そんな状況でも、ちゃんと釣る人は居て、
一緒に行ったKIKUちゃんも好釣果を上げていました!
私なんか、終了間際でもチビタラ数匹でしたけど。
いったい何が違うのやら・・・(苦笑)。

ただ、ありがたいことに、最後の流しで、
長さある魚を釣らせてもらい少し格好が付きました♪
産卵後で細かったけど、90cmくらいあったなぁ。

0120e
0120d
ジグ投入時、底から10m上で一度ジグ止めたら、
たまたまそこに居た魚が喰ってくれました(笑)。


<第5戦(1月28日)>
週初めから強烈な寒波に見舞われてましたが、
三陸沖も寒波と時化で何日も出船できなかったようです。

0128a
岬付近の山まで雪化粧し、大船渡らしからぬ風景。
冷たい西風も強く、少々不安を感じながらの出船でしたが、
開始早々からアタリが連発!!

0128b
0128c
ついに産卵後の荒食いが始まったようです♪
竿頭は1人で20本も釣ったとか!
また、後ろのお客さんは1m近いGTゲット!
船全体としては大いに賑わいました♪

0128d
私は巻き上げ途中で結構バラしたのと、
一時、スケソウ軍団に捕まってしまったため、
マダラの数はそれほど伸びませんでしたが、
それでもクーラーは満タン!

0128e
できれば最後にもう一本釣りたかったけど、
掛からなくて良かったような、残念なような
・・・複雑な気分(苦笑)。

2018年1月28日 (日)

2018タラ第3戦&イカメタル最終戦

<午前タラジギング>

前週に引き続き、14日も大船渡の広進丸さん
タラジギングに出撃してきました!

Photo
産卵間際のためか、数日前からかなり喰いが渋く
ヒットしても掛かりが浅いことが多いとか。
釣り開始してみると、たま~にチビがヒットする程度と
確かに難しい状況でした(汗)。

ジグも、前回はギョロメDのフォールに好反応でしたが、
この日はいまいち・・・。
むしろ、スタンダードにコモジグSBを使ってる人の方が
釣果出てる感じでした。

私もSBに変えてみたところ・・・一気にアタリ倍増!!
まずまずのサイズも含めて、11か12本かな?
食い渋ってる中では上出来な釣果かと♪

Photo_2
Photo_3
写真のタラともう一本は白子(タラキク)入りでした!
マダラの白子は、北国の冬のご馳走です♪
それを2週連続で食べられるとは幸せ(笑)。


<夜イカメタル>

今シーズンの三陸は沖のヤリイカが絶好調ですが、
一月半ば時点で水温がかなり下がってきたため、
もうすぐ釣れなくなるだろうとのこと。

なので、イカメタルは納竿しようかなと思ってましたが、
北上のイカ師匠W氏はもう少しで今シーズン釣った
ヤリイカの総数が500杯に達するとか!
私も数えてみたら、リリースしたチビ含めてヤリイカ477杯!
ということは、あと23杯で一応500杯!?

ってことで、私も500杯を目指してみたくなり、
急きょ、シーズン最後のイカメタルに出撃してきました(苦笑)。
お世話になったのは、先週と同じ勝丸さん

港で準備してると、イカ師匠本人が登場!?
諸事情で乗る船が変更になったんだとか。

最初、鉄板ポイントの首崎周辺に向かいましたが、
本職船が居て、凪も悪かったため、他のポイントへ。

Photo_4
釣り始めてみると、潮と風の向きが違う上、
風が巻いいて船が安定せず、結構釣りにくかった(困)。

Photo_5
肝心のイカは群れが薄く、また食いも渋くて、
私にはなかなかアタリが出せませんでした・・・。
なので、イカの居る棚も把握できずに迷走しまくり。

多少、後半でペースアップしたものの、
最後までパターンを掴みきれずに27杯で終了
微妙な釣果ですが、どうにかシーズン500杯は達成♪

一時は20杯も行けないかも・・・と思うほど
難しかったけど、ぎりぎりセーフでした(苦笑)。
ちなみにイカ師匠は渋い中40杯近く釣ってました!

なお、余裕なかったので暗くなってから写真撮ってません。


<余談>

魚料理を研究してる釣り仲間のちゃり林氏から
タラの卵と肝で作った“肝っ玉”の燻製
タラの身の燻製をいただきました!
しかも、〆張り鶴の純米吟醸付きで♪

自分で釣ったヤリイカの刺身、
マダラ白子のポン酢醤油とともに
美味しくいただかせてもらいました!

Photo_6
下の写真がマダラ白子を軽く湯がいてポン酢醤油掛けたもの。

Photo_7
肝っ玉には、燻製の仕方で生っぽいものと
しっかり加熱したものの2種類あり、味も違います。
どっちも美味ですが、半生タイプがやたら美味い~!

下の写真が、肝っ玉スモークの半生バージョン!

Photo_8
私には、卵も肝も煮付けくらいしか思いつきませんが、
さすがはユニークな料理を考案するものです。
感謝!!感謝!!

«2018初釣り3連戦!