« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月28日 (土)

イナダ(だけ)バクバク

 波崎で1日シャクッテきました.大時化の後だけあって,大根もものすごい濁りでした.朝のうち,濁りを意識して,派手なカラーのアイルTBを使っていたのですが,イナダでなく,なぜか35cmくらいのマアジを2本ゲット(笑).ジグでアジ釣れるんだー!とちょっと感動.でも,ちょっとイヤな予感がするなーと思ったら,案の定,浮遊系のパターンがあまりよくなく大苦戦.結局,濁りがキツイにもかかわらず,ショートジグのハイテンポでのジャークが効果的と判明(ご近所の方が発見し,教えてくれました.感謝).おかげで,午後は入れ食いになり,50Lクーラーがひさびさに満タンとなりました(イナダばっかりだけど).

 ちなみに,本日の午前中はなんと17kgもあるオオマサがあがり,私の後ろの方も4kgのマサを釣ったりと盛り上がりました.残念ながら私には掠りもしませんでした・・・.せめて,ワラサでも釣れてくれれば嬉しいんですが.

2006年10月22日 (日)

大洗沖のイナダ

 今日は,日立丸さんにお世話になってきました.昨日,予約を入れたのがギリギリだったため,ルアー船(37号)でなく,イナダ五目船(27号)の方に回されてしまい,タコベイト軍団に混じってのジギングとなりました.

 先に出た37号の行方は分かりませんが,私が乗った27号の方は,割と陸に近いエリアを,日立沖から南へとランガンしていきました(水深20-35mくらい).一応,ポツリポツリとイナダがヒットするものの,なんか今ひとつ.大洗沖まで来たところで,やっといい反応が!既に日は高くなっていたのですが,しばらくの間,入れ食いでした(すくなくとも私は).昼近くになると,喰い渋ってしまい,イナダ25本で終了でした.残念ながら,タコベイト軍団のトップが33本とのことなので,竿頭にはなれずじまいでした(涙).

 本日も,入れ食いになったときは,アイルTB110g(ブルーピンク)の浮遊パターンでした.今度,TB買い増ししておかなきゃ.ただし,朝のうちと,昼近くでは,このパターンが効かず,ショートジグの早めのワンピッチとかでポツポツ喰ってましたね.先週のジギング大会のときも,結局,TBの浮遊パターンに固執しすぎて玉砕でしたので,すこし柔軟に対応するよう心がけないとダメですねー.精進精進.

 ちなみに,タックルはほとんど零式ライトスペックでした.先日,購入したステラ5000HGがさっそく活躍しましたねー.やっぱHGで正解だったかも.

 

画像

2006年10月17日 (火)

HG購入!

 もちろん,「フォー!!」の人ではありません(笑).以前から感じていたのですが,ライトスペックに組み合わせている手持ちリール(ツインパワー4000PG)では巻きが遅すぎて,昨日のように,糸フケの出やすい状況でうまくジグを動かせないことが明確になりました.ずっと迷っていたのですが,ついに新規の購入を決心しました!

 セルテート3500HDあたりを候補に考えながら,BGへ!で,お店へ着いてみると,いきなりステラ5000HGが!「いやー,ついさっき1個だけ入荷したんですよ!」「これ逃すと,3ヶ月待ちですよ!」と店長.たまたま居た若と漁労長も,HGの方がマッチしてるだろうというご意見.結局,散々,迷ったあげく,5000HGを購入してきました.イヤー,高かった・・・(苦笑).今度は,うまく巻きが合いますように!!

画像


 

ジギング大会

 10/15に波崎ジギングフェスティバルが開催されました.私も友人と参加してきたのですが,色々な意味で厳しかった!台風の接近で,北東風が強く,海は時化模様.これ以上,時化たらもう出船は無理っていう雰囲気.結果的に,船酔い者続出のハードな大会となってしまいました.

画像


 水色に関しては,灘寄りはいつものごとく濁り潮でしたが,大根に着いてみると,なんかやたら澄んでるし!前日までの情報では,濁り潮と聞いていたのですが,北東風のせいで潮が入れ替わってしまったようです(夏の潮みたい).魚の喰いは予想以上に渋く,例のTBパターンも通用しません.結局,最後までパターンをつかめずに終了となってしまいました(泣).ちなみに,コンスタントに釣っている人を見ると,ジグはピンクのショートジグが多かったように感じました.シャクリはやや早めだったでしょうか?ボトム付近でイナダ,ショゴ,ヒラメ,中層でソーダカツオ,上層ではチイラが釣れてましたね.

 なんにしても,また修行に行ってこなくては!

2006年10月 9日 (月)

なんと初,秋マサゲットでした!

 急遽,予定を変更し,外房へ初の秋マサを狙いに行ってまいりました.いつもなら,「無念!」とかいうタイトルになるんですが,今日は,なんとヒラマサゲットなのです!!これも塞翁が馬?

 

画像


 ポイントは勝浦のさらに南の大沢沖.昨日,ここで爆ったらしい.現場に到着すると,既に多数のかもし船が釣りを開始しており,あちこちでヒラマサのヒットが!こりゃ,本当に期待できるかも!?とりあえずは,先週,使い方のコツを掴んだアイルメタルTBをセット(先週,イナダで使ったのとは重さが違うけど).現場の水色が割と濁っていたので,派手目のカラーを選択.緊張の第一投目(ジギングなんで,必ずしも投げるわけじゃないけど),着底を確認して,慎重にジグを持ち上げてくると,なんと,3シャクリ目でヒット!!ネットインしたのは,ちょい小振りですが(4kgちょうど),確かにヒラマサ!来て,よかったー!

 しばらくして,ミヨシの方がヒット!ファイトに時間かかってるなぁーと思ったら,揚がったのは7kgオーバー!デカー!そうこうしてるうちに,私の方も,同じジグでまたヒット!この魚は,ボトムから10mほど上で喰いました.残念ながら,こいつは,船縁近くまで来てから,船の下に走られ,反対側の舷の方とオマツリしてしまい,フックアウトでした(涙).まだ,なかなか魚から主導権を奪えません.

 日が高くなってからは,やたら喰い渋り,ヒラマサは全然口を使ってくれません.シャクッテいると,中層で変な感触があり,なんかがヒット.揚げてみると,ソーダガツオでした.他の方も,一様に苦戦.その中で,ついにオオドモ?の方が3本目をゲット!しかし,その後は,カンパチやソーダのヒットは多少あったものの,本命の姿は見えず,終了となりました.まぁ,ピーカンでしたかね.他の船も,日が高くなってからは,かなり苦戦していた模様.

 結局,ヒラマサ1本とソーダガツオ1本でした.2本目のヒラマサは残念でしたが,まぁ,仕方ないですね.いずれまた,挑戦しに行きましょう!今日は楽しかったです!

2006年10月 8日 (日)

明日は・・・

画像

 さっき,BGに行って,前回のイナダ・ワラサ釣りで活躍したアイルTBを買ってきました!これで,明日の波崎もバッチリ!?と思ったんですが,船長に電話したら,例の貨物船事故の影響で漁協として出船を2-3日見合わせることになったとか.うーん,残念だけど,仕方ないですねー.漏れた重油の処理も気になるけど,行方不明者の方は早く全員が見つかって欲しいですね.生存は難しいだろうけど,遺体さえ上がらないとなると,家族はやりきれないと思います.
 というわけで,明日は予定を変更して,外房に行ってきます.さて,今から,タックル準備をやり直さなきゃ!

2006年10月 1日 (日)

最後の最後でライトスペック爆発!

 波崎に行ってきました.カツオ船で出るか,ジギング船で出るか迷いましたが,昨日観たチャーマスのDVDに影響され,ジギングになりました(笑).ちなみに,ミウラさんと同じ5号船での出船でした.

 思ったより波あるなぁーなどと考えていると,大根に到着.なんか,すごく濁ってるんですけど?釣り開始してみると,魚の反応は出るのに,なかなか口使ってくれない状況(近頃,慣れっこになってきたかな?).たまにイナダやショゴはヒットする程度.昼近くなってから,6.5kgのヒラマサ(右舷,胴の間?)をはじめ,ワラサが数本上がりましたが,残念ながら私へのヒットはなし.結局,午前船ではイナダ,ショゴ合わせて6本.まだ,ライトスペックをうまく使えず,ほとんどが零式4oz+マサムネ115g(ピンク)での釣果となりました(ダメだね~).

 港戻ってから,相内船長:「アベさん,ちゃんと魚釣ってくださいよー!」,須之内船長:「アベさん,午後船は?」などの発言があり,悔しいので午後も出撃決定!明日,朝から大事な会議と折衝があるんだけど,大丈夫だろうか(苦笑).

 「さぁ,午後は釣ってやるぞー!」と思ったのもつかの間,激シブ.午前とはポイント変えているせいか,朝のマサムネパターンに反応ないし(泣).そうこうしてるうちに,もう夕方.最後のポイントは鹿嶋の真沖かちょい南くらいだろうか,今までとは違って,かなりの澄み潮でした.日が高かったら全然喰わなくなるんだろうけど,幸い,曇天の夕マヅメなんで,なんとかなるかなーと思っていたら,周囲でついにワラサもヒット!イナダもポツポツ当たり出した様子.私もジグやシャクリを変えて,色々試してみるも反応は今ひとつ.ダメもとで,日中ダメだったアイルTB(110g)をライトスペックにセットし,そっとシャクってみると,やっとヒット(イナダだけど)!その後も同じパターンで色んな魚が釣れ続き,最後になんとかワラサもゲットできました!!万歳!!

画像


 この最後に当たったシャクリですが,実はシャクってません.ジグをボトムからそっと持ち上げで,水中でステイさせ,また少し持ち上げてステイさせるという感じで,ボトムから5m以内でバイトが出ました.BGのシミズ店長が言ってたのは,こういうことだったんだー!っと,やっと理解できた次第(アホです).今までは,弱いながらも,小刻みにジャーク入れて,ジグを踊らせてたわけですが,少なくとも今日はこれではダメでした.イナダ・ワラサというと,スピードの釣りとか,メリハリの効いたジャークといったイメージを持っていましたが,こんな小さいジグ操作でバイトするとは,マジで目からウロコでしたね.今度は,80gとかのショートジグでも同じ釣り方ができるか試してみたいですね.

 ちなみに,本日は,ライトスペックのおかげで6目釣りができましたよ.ライトスペックで釣れたのは,ブリ子の他に,ヒラメ,アイナメ,フグでした(全部,夕マヅメ).あー,疲れた!!じゃ,おやすみなさい!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »