« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

久々のイナダ

 久々に征海丸へイナダ・ワラサジギングに行ってきました。ここんとこ、ずーっとタチウオにはまってたもので、征海丸に乗るのは3-4ヶ月ぶりです。電話したときの船長の声が、心なしか冷たいような気がしました(爆)。

 イナダ(というかワカシ?)は、ツルBGカスタムとかで好調に釣れました。青物ジギングはずいぶんと久しぶりですが、やっぱ楽しいものです♪ただ、ワラサの食いは渋く、お隣さんはなんとか釣り上げていましたが、私には掠りもしません。どうやって、食わせるんだろう?

 ちなみに、今日は一日中、雨で風も強かったため、結構、しんどい状況でした。カッパのあちこちに穴があり、下着までずぶ濡れ!長靴のなかには水が溜まってました。熱帯から戻って、いきなりこれはキツイ!おかげで、風邪を引きそうです(苦笑)。

2007年9月28日 (金)

サイパン秋の陣

 5月のリベンジで、サイパン行ってきました。今回はメンバーが揃わず、私と岡山さんの二人だけでの釣行となりました。心配してた海況も安定し、よい釣り日和だったのはラッキーでした。

画像


上は、今回宿泊したハファダイビーチホテルからの眺めです。スコールは多かったですが、その分、虹がずーっと出ており綺麗でしたね。

画像


 お世話になった釣船は、前回と同じルナテックさん。今回は凪ぎがよいので、デッキの広いベガ(船の名前)で出撃しました。波気があるとルナの方がよいようですが、ベガの方が広々して釣りはしやすかったですね。

画像


 上げ潮まで間があるため、最初、パヤオへ行きキャスティング。小型のシイラが入れ食いでした!上は、シイラとファイト中の岡山さん。この時期、サイパンでシイラが釣れるのはすごく珍しいことのようです。釣り上げたシイラの写真を撮ろうとしたところで、私のデジカメが突然死亡しました。この後は、岡山さんのカメラでしか写真撮ってません。



 ジギングは前回同様、水深100~150mラインを狙いました(ジグは200-250g)。初っぱなから岡山さん、私ともにヒットがありましたが、ほぼ瞬殺!!リーダーブレイクです(泣)。二人とも前回アタリに恵まれなかったので、100lb直結でやったのですが、その後もブレイク連発!私は、魚がヒットするとワイヤーが伸びるシステム(ワイヤーエクステンション)を仕込んでいましたが、どうやらジグを丸飲みされているらしく、有効に機能してくれませんでした(泣)。仕方ないので、私はルナの神戸さんから分けてもらった400lbフロロリーダーを、岡山さんは自分で用意した200lbダブルリーダーを先端に繋ぎリーダーを強化しました。結果的には、200lbダブルはあまり有効ではありませんでしたが。

 今回、衝撃だったのはサメとのファイトでした。強化リーダーをつけた後、私に100kgオーバーのサメがヒットしてしまい、死にそうな目に遭いました。一気に100mラインを出された後、必死でリフトを繰り返し、やっと水面まで来たと思ったら船縁で大暴れ。そういうときに限ってラインが切れません(爆)。終わったときには、私は完全にグロッキー。両腕は使い物にならなくなってました(苦笑)。

 本命に関しては、サメとのファイトの後(しばらく死んでましたが)、10kgくらいのイソンボ?がヒット!しかし、400lbフロロと通常リーダーの結び目が切れてサヨウナラ。握力がなくなってたので、オルブライトノットの締め込みが甘かったようです。さらに夕マヅメにようやく20kgクラスとおぼしきイソンボがヒットしたが、残り60mまでリフトしたところで、突然、ロッドがバットから「バキッ!」と折れてしまいました。しばし呆然・・・。サメとやり合って力尽きたのだろうか?原因不明です。

 他には120cmくらいのワフー(沖サワラ)も釣りましたが、神戸さんがリーダーを掴んで抜き上げようとしたとき、フックが外れ、記念撮影はなしになりました(泣)。

 2日目の朝は、やたら潮の速いポイントへ行きましたが、なかなかボトムが取れず苦戦。私と岡山さんともに1回ずつアタリがあっただけで終了となってしまいました。



 結局、ヒットはいっぱいあったものの、本命は1本もゲットすることができませんでした(大泣)。本来なら1-2本は上げられたはずですが、ミスや不運が重なりました。実に情けない・・・。とりあえず、前回とは違って、狙って魚をヒットさせることはできたので、前進ではありますが(シャクリに関してだけは、神戸さんから褒められました)。

2007年9月20日 (木)

遠征準備

画像

 いよいよ今週末です!ぼちぼちと準備をしています。波伝説の予報だとやや波が高そうな雰囲気なのが心配。イソンボ、釣れるといいなー。

2007年9月17日 (月)

デンジャラスなお味

 知り合いが食べてみたいというので、釣れたバラムツをキープしてきました。本来、食用禁止だけど、もし食べるなら、サットウ(アブラソコムツ)より、バラムツの方がよいとか。試しに食べるには大きすぎる魚だけど、知人に半身引き取ってもらう約束をしてあるのでとりあえず一安心?

画像


 そのままじゃクーラーに入らないので、船上にて頭と内臓を捨ててきました。でも、まだデカくてさばきにくい。しかも、写真じゃ分かりにくいけど、バラムツはウロコにトゲがあって、素手でさばいていると刺さって痛い(泣)。

画像


 3枚におろすとこんな感じ。身が真っ白だけど、ひょっとして全部ワックス?背骨は太いわりに、意外と柔らかく、簡単に切断できます。

画像


 さっそく食べてみました。左2切れがお刺身、右2切れが炙り(表面だけ)ですが、どっちもウマ~!なんというか、スーパーメタボで中高年にはデンジャラスなお味です(苦笑)。もし脂がワックス性でなくても、これを腹一杯食べたらヤバイべ~って感じ。すぐには食べきれないので、3ブロックほどみそ漬けにして、残りは冷凍庫へ。ゆっくり食べよう。



 ちなみに、沖縄ではバラムツとアブラソコムツを総称して「インガンダルマ」というらしい。南大東島では結構食べるみたい。脂のってる魚が少ない熱帯では、ある意味、ご馳走なのかも。

2007年9月16日 (日)

返り討ちに・・・(涙)

 昨夜、駿河湾のサットウ&バラムツに行ってきました。が!なんと返り討ちに遭ってしまいました~(泣)。

 昨夜は、まだ台風の影響で水がかなり濁っており、前回好調だった水中ライトもほとんど効果なし。実際、かなり食いの渋い状況でした。でも、他のお客さんは手練れが多く、きっちりタナを探ってアタリを出し、うまく食い込ませていましたねー。私はサイパン遠征の練習のつもりだったので、ディープ用のクソ堅い竿でやってたら、アタリがあっても魚がエサを食い込んでくれず、エサだけ取られるか、すぐ離してしまいます。ジグの後ろにフックを直結するセッティングも食い込みを悪くしてたようです。正直、かなりボウズの危機でした(大汗)!

画像


 途中から見かねた常連?のお客さん(サットウ&バラムツ歴10年だとか!)が、いろいろとアドバイスをしてくれ、最後は特製のアシストフックまで貸してくれたおかげで、かろうじてボウズを逃れました~。大感謝です!!

 この釣り、やはり基本的にエサ釣りなんで、食い渋いときは魚に違和感を感じさせないための工夫が必要ですねー。他のお客さんはいろいろやってました。勉強になりました。



 ちなみに今回お世話になった由比の船、元吉丸さんはすごく親切でフレンドリー!船長も中乗りさんも、稲荷丸(東京湾)の船長みたいな方たちでした!!久々に感動しました(笑)。

画像


 由比って距離は遠いけど、渋滞さえなければ3時間ちょっとで到着するので、考えてみると、外房の勝浦まで行くのと大差ないですね?「茨城から来たの~!?遠いのにご苦労さんだねー!」って言われたけど、そう言ってる他のお客さんも、地元でなく、松本(長野)とか名古屋の方々でした(笑)。しかも、毎週来てるとかいう強者も。

2007年9月12日 (水)

遠征前に・・・

 いよいよ来週末から、サイパン遠征(雪辱編)の予定である。今度は、ぜひマトモなサイズのイソンボを回収したいものだ。そこで、遠征前のトレーニングとして、今週末にもう一度、サットウ&バラムツをやって来ようと考えている。

 

画像


 あいにく先月お世話になった幸松丸さんは、バラムツはチャーターのみらしいので、遠いが由比の船宿さんにお世話になることにした。ここは、土曜の晩にバラムツ乗り合い船を出しているらしく、予約の電話したら、ちょうど私で満員(9名)だとか。危なかった~。

 前回、調子のよかった水中ライト(赤点滅)も2つ用意したが、果たして今度は何本獲れるかな?9人もいると、オマツリが怖い気も・・・

2007年9月 9日 (日)

釣れねー!時化後の爆釣はいずこに?

 東京湾のタチウオもそろそろ終了かねー?とか思ってましたが、先日、BG行った際、タチウオ用にスピニングロッド(零式ライトスペックのL)を衝動買いしてしまったので?、またまた行ってしまいました(爆)。

 台風直後の土曜日は、タチウオはいまいちでも、大鳥山の下で大サバ、イナダが入れ食いだったとか!ひそかに黄金サバの入れ食いを期待してましたが、みごと玉砕!!話違うじゃん!!とか言ってもしょうがないんだけど・・・(苦笑)。

 タチウオの方も激シブで、最初、金谷沖の50mラインを攻めるも、ほとんどアタリなし。エサ釣り船も苦戦してました。あきらめて、僚船のいる大貫沖?の浅場まで戻り、かろうじてポツリポツリとはアタリが出る状況に。

 一応、おニューのロッドの筆おろし?はできたのでよしとしますか(タチ2、ワカシ2、サバ2、サメ1,フグ1)。サメ(90cmくらい?)は、よく引きましたねー。サバは、見た目がちょっと黄金っぽいかも?今、刺身で食べてるけど、脂のってて美味です!そういや、数は少ないけど、サワラも釣れてましたねー。うらやましい~!

 さて、来週は、いよいよ東京湾以外のところに行こうかな~。



PS. ザ・フィッシングのタチウオの水中映像はすごい!けど、エサ釣りだけなのが残念!次回はジグへの反応の仕方も撮影して欲しいなー。

2007年9月 5日 (水)

そろそろ夏タチも終了か?

 先週末、おニューのジグヘッド持ってタチウオ釣りに出撃してましたが、食い渋ってましたね~。先々週あたりだと、ジグでは厳しいものの、ソフトルアーならエサ釣りと同等かそれ以上に釣れていました。しかし、先日はソフトルアーをもってしても、「渋いっ!!」。今週に入ってからは、タチウオ船も、イナダ釣りしてるらしいし。残念だけど、そろそろシーズン終了かも?



 台風の後、新群れ入荷しないかな~?無理?

 じゃ、早く、冬タチ始まらないかな~(笑)。



 今度の冬は、一度、松山沖にタチウオ遠征に行こう!よし、決めた!

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »