« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月20日 (土)

フロロ400lb

 イソンボを獲るためには、やはりリーダー切れ対策が重要です。運まかせはもちろん、ワイヤーエクステンションでも十分ではないことが、先日のサイパン遠征で改めて分かりました。そこで、このフロロ400lb!!

画像


こいつを通常のリーダーの先端に50cmくらい付けてイソンボの歯に対抗しようというわけです。基本的にタチウオのリーダーシステムと同じ発想ですね。

 このシステムは、前回のサイパン遠征でルナの神戸さんから教わったものです。さすがに最初は400lbもある極太リーダーを付けることに抵抗感があったのですが、実際に使ったところ、悪くない印象でした。もちろん、これだけ極太だと少し喰いは落ちますが、フロロは水の色にとけ込むので、ナイロン(透明度によりますが)よりはマシかなーという感じです。あと、ラインが堅いので、より歯で切られにくいように感じます。

 いつになるか分かりませんが、次回の遠征では、このシステムでイソンボを仕留めるつもりです!!次こそリベンジ決めるぞ~!!

2007年10月14日 (日)

波崎ジギングフェスティバル

 今日は、波崎ジギングフェスティバルに行ってきました。八千代漁協から「選手」として出場したのは、私、ミウラさん、勝さんの3名でした。スタッフとしてかり出されてる者も若干名おり、「表彰台1,2、3独占ですからね!」とか「お土産はカツオ!・・・いやサワラでもいいや!」とか無茶なことをおっしゃります(笑)。

 我々は、勝さんの友人を入れた4名で、征海丸6号船のトモに陣取り、出撃!朝一番、大根でジギングをやってみるが、あまり状況がパッとしません。ワカシ~イナダが、ポツリポツリと釣れる程度。6号船は、わずか一流し程度で早々に青物に見切りをつけ、一気に沖へGO!カツオ・メジ狙いの作戦です。

画像


 6号船、臨戦態勢!! ・・・・なんですが、鳥がさっぱり居ません(汗)。仕方ないので、我々、トモ部隊は後ろで引っ張り。

画像


八千代漁協の誇る精鋭引っ張り部隊?のミウラ&勝です!次々とペンペンをヒットさせ、船の周りをペンペンだらけにします(笑)。

 最初、カツオもメジも全然ヒットしませんでしたが、そのうち、ペンペンに混じる形で、ポツポツとヒットするようになりました(といっても、簡単にはヒットしないが)。私も、水深30m付近でヒット!「プルップルッ!」という感触が伝わってくるので、ひょっとして?と思っていましたが、水面まで上げてみると良型のカツオでした!しかし、後が続かず(ペンペンばかり)、朝釣ったイナダ1尾を合わせても、結局、リミットの3尾を揃えることができませんでした(泣)。

 結果は、同じ6号船のミヨシ側にいた方がカツオ・メジを3尾回収し優勝でした!大根ジギング組も、サワラ、ワラサを捕った方々が2位、3位入賞していました。ちなみに、私も大物賞をいただきました(感謝!)。1尾の重量では私のカツオが本日最大だったようです(3kgちょっと)。小さくても、あと1尾検量対象魚を釣っていれば、3位入賞できたくらいの差だったので、ちょっと悔しいかも・・・・。

 ちなみに、引っ張り部隊の二人も、カツオ・メジを回収してましたが、引っ張りでの釣果なのでノーカウントとなりました(笑)。二人ともご苦労さま~!



PS 明朝より3日間出張のため、私のカツオは結局、スタッフI氏にもらわれていきました~。あ~、私のトロガツオ~(笑)!

2007年10月 8日 (月)

サットウのリベンジ成功!

 先月のサットウ釣りがヒジョーに不本意な結果だったので、こっそりリベンジに行ってきました!お世話になったのは、また由比の元吉丸さんです。

画像


 首都高と東名の渋滞をくぐり抜け、なんとか夕方前に由比港到着。天気が崩れてきており、予報では、波3mとか言ってるのでちょっと不安。でも、出船してみると、少しうねりがあるだけで、全然問題なしでした。

 完全に日が落ちた頃から、一気に喰い始め、船中、バクバクでした!全般的に型は10kg前後と小さめばかりでしたが、終盤には20kgのサットウも上がりました。魚種は、サットウ2/3、バラムツ1/3くらいでしょうか。もちろん、今回は私も、ちゃんと釣りました!途中から何本釣ったか分からなくなりましたが、8本くらいは上げたはず(7~15kgくらい)。

画像


 今回は状況がよかっただけでなく、いろいろと対策を練っていったのが功を奏しました。まずは、ロッド!前回はクソ堅い竿(零式16オンス)で食い込ませられなかったので、今回は少し柔らかい竿(零式8オンス)を持って行ったら大正解!食い込みだけでなく、魚をリフトしてくるのも、堅い竿より断然楽でしたね~。あと、フックシステムも常連の方からのアドバイスで、リアフックから、ロングアシストに変更したんですが、いい感じでした!エサも自前でイナダの切り身を用意しましたが、普通使う冷凍サンマより、ずっとエサ持ちがよく、使いやすかったです。



 ここまでは順調だったんですが、ちょっとしたハプニングが!

 他の方がヒットさせたサットウが、上げてくる途中、急に猛ダッシュ!「ひょっとして大物!?」と皆が期待したんですが、実はシャークアタック!!あわれ、頭だけになって虫の息のサットウが上がってきました(まだ生きてるとこがスゴイ)。その後、困ったことに、そのサメが船の周りに付いてしまい、5連続?シャークアタック!!何度か船縁近くまで姿を現したんですが、100kg以上ありそうなヤバイやつです。船長も、「人間も襲うから、間違っても落ちないでよ!」と言ってました(汗)!

画像


 さいわいサメにフッキングすることはなく、5分くらいで頭だけのサットウになるので、まぁ安心ですが(笑)。一部の方々は、サメとのファイトを楽しんでいた様子?

 サメもサットウを5尾も喰ってお腹がいっぱいになったのか、その後しばらく、シャークアタックはなかったんですが、沖上がり近くになって他の方にヒットした良型のサットウ(20kg近かったかも)に、なんと水面でバイト!!

画像


 いやー、最後までドキドキはらはらな夜でした(爆)!

2007年10月 4日 (木)

米ドル

 夏頃から、ドル安となってます。5月には1ドル123円くらいだったのが、最近は115~116円台です。輸出企業は大変かもしれないけど、海外旅行には好都合です。

 ところで、皆さんは、海外旅行で余ったドルはどうしていますか?帰国時にまた円に両替する方が多いと思いますが、現地と成田では両替のレートがかなり違うようです。先日、サイパン遠征に行った際、サイパン空港の両替所では、「1ドル→115円」だったんですが、成田では「1ドル→111円」と4円もの開きがありました!日本まで持ち帰ってしまうと、あまり価値はないということなんでしょうね(使える店もほとんどないし)。

画像


 一緒に行った岡山さんは、サイパンで両替せず、成田で両替しようとしてレートの悪さにびっくり!結局、私がサイパン空港と同じレートで余ったドルをすべて引き取りました。どうせ、また行く気満々だしね(笑)。なので、今、もう一回ルナに乗れるくらいドルあります。でも、そのおかげで、円が足りません!今月は赤字になりそうです(爆)!



 あと、ドルを買うとき、現金だと1ドルあたり3円くらい手数料とられますが、トラベラーズチェックだと1円程度の手数料で済むので有利ですよ。ただ、いちいち、サインするのが面倒ですが。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »