« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月26日 (土)

大雪です

画像

 今冬の札幌は雪が少なめでよかったのですが、先週末あたりから何度か大雪に見舞われてます。今日も大雪だったりします。
 札幌のような都市部だと、除雪するにしても、大量の雪を捨てる場所に困る始末。北海道の道路はかなり幅広に作ってあるのですが、本格的に雪が降り出すと2/3くらいになってしまいます。住宅地とかだと対向車とすれ違うことができず、立ち往生する車も出始めます。
 今日はお休みなので雪に埋もれた代車のターセル(自分のは修理中)を3日ぶりに掘り起こしてみましたが、市内の道路が大雪で大変な状態なので、車での外出はあきらめました。早く雪やまないかなー。

2008年1月19日 (土)

やってもうた・・・(泣)

画像

昨夜、峠道を走行中、カーブでスリップしてしまい、道路脇の雪山に突っ込みました。さいわい走行に大きな支障なく、なんとか帰宅しましたが、あちこち壊れてる様子。修理代が・・・・(泣)。

10年ぶりだと雪道のカンがなくなってるので、危ないです。あと、今はいてるスタッドレス(ヨコハマ・ジオランダーIT)、横滑りしやすいような・・・。気のせいかだろうか?

2008年1月14日 (月)

初釣り -瀬戸内タチウオ遠征-

 もう新年になって半月も経ちましたが、成人の日の連休を利用してやっと初釣りに行ってきました!釣り物は私の好きなタチウオです。以前から「タチウオがうようよ居る!」と評判の瀬戸内で本格的に釣りしてみたいと思っていたので、京都在住の友人を巻き込んで実釣2日の遠征釣行を敢行しました。



 瀬戸内でタチウオ釣るなら松山の船に乗るのが一般的ですが、松山への直行便がないのと、京都から車で来る友人の負担を考え、今回は広島(呉)からの船に乗せてもらいました(ポイントは同じ)。12日朝、友人と合流して、港へ向かうが、天気がよくない。日頃の行いのせいか?ちょうど低気圧が発達しながら太平洋岸を通過しており、外海は時化の予報。

画像

さいわい瀬戸内の波はそれほど高くなかったため、なんとか出船できましたが。



 釣りを開始してほどなく私にヒット!まずまずの型が上がり、ホッと一息。

画像

天気はよくないものの、周囲でもポツポツと釣れており、そう悪い状況でもないかな?と思われましたが、これは朝のうちだけでした。しだいに喰い渋り、しまいには東京湾と似たような渋々の状況になってしまいました。船長によると、この雨で水温が数度も上昇したのが悪影響を与えているのだろうとのことでした。水温の上昇には、魚の生理的な問題もあるはずですが、ここ瀬戸内では水温が下がらないとエサとなるイカナゴが出てこないそうです(例年より水温高いらしい)。

 結局、初日はずーっと激シブのまま終了し、釣果も東京湾並でした・・・(涙)。



 二日目の13日は、天気は回復したものの、予報では冬型の気圧配置となり、北風ビュービューだとか。状況が改善してることを天に祈りつつ出船。ポイントへ着いてみると、すごい船の数。

画像

風はやや強いものの、心配したほどではありませんでした。我らの船も船団に混じって釣り開始すると、すぐに船中でタチウオがヒット!周りの船でも釣れている様子。やっと喰いが回復してしてくれたようです。

画像

同行の友人も、そつなくタチゲットです!

画像

私ももちろんタチゲット!

 最盛期の瀬戸内はもっとスゴイらしいですが、昨日から比べると、すばらしい喰いのよさです。それと、東京湾や外房と比べて、平均サイズが指4本(私のではない!)と大きいのもうれしいです。しばし感動(笑)!



 しばらくすると、朝食の時間が終わったのか?タチウオの喰いも一段落してしまいましたが、それでも前日のような激シブではなく、ポツリポツリとはアタる状況。

画像

予報に反して風がなくなったため、海もほぼベタ凪ぎ状態で暖かく、実に気持ちのいい釣り日和になりました。これぞ瀬戸内!?

 残念ながら、夕方近くになると、かなり喰い渋り、私は大苦戦してしまいましたが、そんな中でも、一部のお客さんは、コンスタントに釣り続けていました。まるでマ○ーンさんのよう(笑)。

画像

神戸から来られたというお二人も、渋り出してから善戦していました!彼らは我々と同様、2日間連続の出撃でした。お疲れさまでした。



 最終的に、我々の釣果は2日間でこんな感じでした(初日のは少ないけど)。

画像


下が私のクーラーです。ちなみに、氷いっぱい入れて上げ底してます(笑)。前情報では一日でクーラー満タン!のはずだったんですがねぇ(爆)。まっ、初日はヤバかったけど、二日目は結構楽しめたので、結果オーライでしょう!!



 今回お世話になった「OCEAN」は、船長がとても親切で、操船もよかったです!ぜひ、また乗りたいですね。どうもありがとうございました!

画像




<参考>

・ジグウエイト 80~100g(水深40~60m)

・当たりカラー やっぱ赤金(初日は地味なやつ)

・ライン PE0.8~1号

・リーダー フロロ8号+フロロ16号(50cmくらい)

・竿とリール ベイジギング用のベイトタックル各種

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »