« 久米島遠征-パヤオ | トップページ | もげた・・・!! »

2008年6月30日 (月)

天塩川と支笏湖

金曜に代休がもらえたので、すごく久しぶりに道北の天塩(てしお)川へ行ってみました。

昔、北海道にいた頃には、イトウ狙いでしょっちゅう通っていた川です。



札幌から270-280kmあるので、5時間くらいのドライブです。

道北まで来ると、こんな感じの風景が広がっています。ちょっと懐かしい。

画像

これが天塩川。問寒別(といかんべつ)川という支流の合流点付近です。

もう4-5年ぶりになるでしょうか?

画像

で、釣果の方は、さっぱりでした・・・・。

状況がいまいちなのもありますが、地元の知り合いによると、やはり年々難しくなっているようです。

おまけに、昔はうるさいくらいヒットしたウグイが全くいません。

最近、鵜の大群がやってくるようになり、食べられてしまったのでは?という話です。

イトウはもちろんウグイもダメとなると、本当にアタリすらない状況です。悲しい・・・。





さて、話は変わって、日曜日、札幌からほど近い支笏(しこつ)湖に行ってきました。

つくばの友人が仕事で札幌に来たので、帰りの飛行機までちょっと釣りでも!ということです(笑)。



この湖、貧栄養のカルデラ湖で、元々はアメマスくらいしか釣りの対象になりそうな魚はいなかったのですが、今では、ニジマス、ブラウン、ヒメマスがメインターゲットです。釣人としてはうれしいけど、移入種だらけです(苦笑)。

画像

ほぼ湖全体が森に囲まれており、昼間でもちょっと天気が悪くなると薄気味悪いかも。



この時期は、真っ昼間にセミルアーで釣れるという話なので、最初、セミルアーから開始してみましたが、ちょい肌寒くライズがないのと、飛距離が足りないので、すぐに断念し、ワンダーに交換。

虫じゃないけど、岸近くに5-10cmのウグイやアメマスがいっぱい居るのできっと喰うはず!?



ワンダーを遠投すると、すぐにアメマスがヒット!25cmくらいのかわいいやつでした。

画像

粘っていると、たまーにアメマスがヒットするものの、サイズがさらに小型に・・・(汗)。

フライでがんばってる友人も、小型のブラウンやアメマスしか釣れない様子。



だんだん天気が悪くなり、風も強くなってきた。

もうそろそろ止めて帰りたいなー?なんて思いながら、ワンダーを投げ続けていたところ、ひったくるようなアタリ!

良型のトラウトらしく、かなりよく走ります。ライトタックルでやってたので、しばらく巻いては走られの繰り返しでした。

ニジマスか!?でも、跳ねる気配がないし、背中の色がちょっと違う気も・・・。ひょっとしてヒメマス??

取り込んでみると、なんとサクラマスでした!サイズは41cm。

画像

この魚も、支笏湖にはいないはずなんですが?誰だ、放流したの。

でも、支笏湖でまともな魚は釣れた試しがないので、ちょっとうれしいかも(爆)。



この湖は、札幌から1時間ほどなので、そのうちまた行ってみます。

ちなみに夜釣りすると、もっと釣れるって話はよく聞くけど、夜の「死骨湖」はクマが出るか、お化けが出るかって雰囲気なので、やっぱ昼間にしておきます(苦笑)。

« 久米島遠征-パヤオ | トップページ | もげた・・・!! »