« 久米島遠征-陸っぱり | トップページ | 久米島遠征-パヤオ »

2008年6月22日 (日)

久米島遠征-島周り

陸っぱりから戻り、ホテルで休んでると、11時過ぎにほかのメンバーも到着。風が強く、出船できるか心配でしたが、出船可能との連絡があり、さっそく昼過ぎから出撃。この日はパヤオまで行く時間がないので、島周りでのジギングです。



今回のツアーは大所帯なので4隻くらいチャーターしてますが、私がお世話になったのは太幸丸さん。

画像


先月の末、314.5kgのクロマグロを釣り上げ、島中の話題になった船です。

同船者は、昨秋、いっしょにサイパン遠征した岡山さんに、ゼニスの篠崎ご夫妻の計4名。



久米島の島周りでは、夕方から夜にかけて、大型のイソンボが狙えると聞いていたので、ガチガチのロッドに極太リーダーなどイソンボ用タックルを持っていったのですが、「居酒屋予約してるので、夕方には帰港します!」とBG店長さま。えぇー、聞いてないよー!!(爆)



ともあれ出船し、強い南風を避けるため、島の北側へ移動。

画像




ほかの船と一緒に水深100mラインでジギングやってると、カッポレや赤い魚など外道はポツポツ釣れます。しかし、肝心のカンパチ、イソンボらしいアタリはさっぱりなので、浅場へ行って、根魚やGTを狙うことに。篠崎さんがミヨシでGTを狙い、ほか3名はインチクやラバージグで根魚狙いです。

画像


残念ながら、GTは出ませんでしたが、私は、インチクのヘッドの後ろにワームを付けたいかがわしい仕掛け(笑)で赤い魚を連発!結構、こういう釣りも好きだったりします(笑)。



日が傾いてきたところで、再び100mラインに戻して時間いっぱいまでジギングしましたが、青物は、大きなツムブリがヒットしただけで、結局、本命は現れずでした。イソンボを期待して、サイパンでやってるハイスピードジャークも試したけど、ダメでした。暗くなれば、喰うと思うんですがねぇ・・・。残念。

« 久米島遠征-陸っぱり | トップページ | 久米島遠征-パヤオ »