« 久米島遠征-島周り | トップページ | 天塩川と支笏湖 »

2008年6月22日 (日)

久米島遠征-パヤオ

2日目の朝、風は結構あるが、いい天気。久米島へ来る前の週間予報では毎日「くもり時々雨」みたいな予報だったが、梅雨明けしたらしい。うーん、暑くて大変かも。



今日は時間があるので、一路パヤオへ!結構、波のあるなか、1時間半ほど揺さぶられパヤオ到着。

画像




まずはジギングから開始!隣をみると、4人とも、ロッドの先にデルタBGカスタムが(爆)。

開始からしばらくの間、小型のキハダ、メバチは好調に釣れましたが、大型のヒットはなし。私は、途中から、初エビングに挑戦してみましたが、確かに小型のマグロはよくヒットします!でも、小型しか掛からなかったりして・・・?



ジグへの反応が悪くなってきたところで、皆、エサ(パラシュート)に変更。

画像


私も含め、4人全員が久米島初めて、パラシュートも初めてなので、興味津々で船長の作業を見学してます。

画像


これがパラシュート。この状態で船長の指示棚まで沈め、強くしゃくることでパラシュートが開き、中に格納されてるコマセ(キビナゴ)と付けエサが漂い出す仕掛けになっています。これなら、直接、大型マグロの棚にコマセを入れられますし、沈める途中で小物が針に掛かる心配もありません。普段ルアーばっかやってますが、すごくよく工夫されていて感心します。ただクソ重いので、手巻きリールでの回収は大変でしたが(苦笑)。



パラシュートでサクサク回収!と期待しましたが、現実はそう甘くないようで、アタリがありません。何度か流し返したとき、私のロッドに待望のアタリ!!明かに小物とは違う重い引きです。すかさずアワセを入れると、「フッ・・・」と軽くなってしまいました。PEが切れたらしく、魚どころかパラシュートもありません。たまたまPEに傷でも入ってたのかも。ガックシ・・・。



しばらくして、岡山さんに良型とおぼしき魚がヒット!!

画像


ファーストランの後、ドラグを締めてリフトし、あっという間に残り30-40mくらいまで来たため、20-30kg程度かな?と思いましたが、この後が大変。船を見て本気をだしたのか?魚が突然暴れだし、膠着状態になりました。

画像


魚が向こうを向いたまま踏ん張ってるため、なかなかリールも巻けません。岡山さん、しんどそうです。

画像


巻いては出されの攻防が、15分くらいも続いたでしょうか。少しずつですが、ラインを回収し、ついに魚が見えてきました。

画像


上がってきたのは、当初の予想をはるかに上回る50kg近くありそうな大きなキハダです!

画像


岡山さん、おめでとう!!



その後は、船長が電動タックルで1本上げ、そのタックルを借りて釣りしていた篠崎奥様も1本上げて終了でした。どちらも20-30kgでした。私はアタリもなし・・・。

画像




3日目。いよいよ釣りは最終日です。

私以外のメンバーは今日の夕方帰るため、昼ごろまでしか釣りできません。後がないので、さらに気合い(殺気?)が入ります!ジグもエビも捨てて、朝一から、手堅くパラシュートで攻める作戦です。



そして、いきなり一流し目から私に「ヒットォー!」。

昨日、ブレイクしたラインを10mほど切り捨て、PRノットで130LBリーダーを接続してきたので、今度は問題ないでしょう!落ち着いてファーストランをかわして~と思ったら、

フッ・・・

「えっ・・・!?」

画像


またまたPEの高切れでした。新品じゃないけど、あまり使ってないし、魚も掛けてないので大丈夫と思っていたのに・・・。ガックシ・・・。

「きっと、サイパンのダツですよ!去年行ったとき、いっぱい居てラインにアタックしてきましたよ!」と岡山さん。実際どうなのか分かりませんが、とにかく、このラインは廃棄決定。船長、パラシュート2個も無くしてゴメンよ~。次は6号巻いてこようかな。



その後、喰いがいまいちとなりましたが、何度か流し変えていたところ、今度は篠崎奥様(今日は電動でない)にヒット!

魚はどんどんパヤオの方へ向かって走っていき、このままだとロープに擦られそうな状況になったため、船長が船で追いかけてくれ、ようやく走りが止まりました。途中から篠崎さんが交代してファイトするも、魚の抵抗が激しく、なかなかリフトしきれません。前日の岡山さんのより、さらに強烈に引いてるように見えます。外野では「50kg以上あるんじゃない?」、「60kgあるでしょ!」とかテキトーな予想が飛び交ってます(笑)。



しばらくして、篠崎さんから「次、阿部さんお願いします!」とお呼びがかかり、私も急遽、参戦させてもらうことになりました。

画像


交代してみると、確かにリールを巻くのは難しい状況。オシアジガーなどベイトリールなら、多少、ゴリ巻きできたかもしれませんが、Z6000のハンドルはびくともしません。とはいえ、このまま膠着状態を続けていても埒があかないので、ちょっと強引にリフトを試みました。巻いては出されを繰り返しながら、じりじりと5~6mほど?ラインを回収したところで、魚の頭がこっちを向いたらしく、一気にラインを回収できるようになり、ようやく決着!

画像


上がってきたマグロは、前日に岡山さんが上げたのとほぼ同じ50kg弱でした。皆で予想したより小さかったのは、ちょっと残念でしたが(苦笑)、ファイトは大したものでした。



次は、最初から最後まで自分でファイトして獲りたいぞ~(苦笑)。

« 久米島遠征-島周り | トップページ | 天塩川と支笏湖 »