« 夜ブリ | トップページ | 難しい・・・ »

2008年7月22日 (火)

昼ブリ

連休の最終日、一昨日の疲れがまだ残っている中、今度は日中のブリ釣りに行ってきました。



事前に船長から聞いた話では、水深は50-80m、ジグは150-230gくらいとのこと。

積丹半島というと、岩礁帯が多そうなので、外房のヒラマサみたいに根回りを狙うのかな?と思ってましたが、どうやら違うようです。鹿島エリアの砂利場と同じように、コウナゴのいる砂や砂利底のポイントがメインです。



積丹半島の先端部には、2つの岬があり、西側が神威(カムイ)岬、東側が積丹岬です。

まず港にほど近い積丹岬から探っていきますが、反応が希薄・・・・。シーズン初期なので、魚も少ないのかも。

画像




仕方ないので、しばらく走って神威岬へ。一昨日の晩、ブリ釣ったのもこの辺です。

画像




喰いはいまいちですが、しばらくやっていると、大ドモの人がブリをヒット!なんと、8kgオーバーの良型でした(この日、最大)。他の常連らしい人達も、ときどき3kgクラスを釣り上げています。

しかし、私の方は、アタリがない(汗)!!波崎や外房でやってたシャクリをあれこれ試してみるものの、反応がさっぱり。かろうじて、マサムネの速巻きとツルジグのフォールで3kg×2本獲れましたが、なんか納得が・・・・。

画像


特に、ワンピッチではスローもファーストも全くアタリが出なかったのはショックでした。他のお客さんは、EZ42やそれに似た形状のジグを使ってる人が多いようなので(8kgはC1でしたが)、このタイプが積丹の実績ジグなのかもしれません。私はこのタイプ持ってないし、使ったこともないんですが、今度、買ってみるかな?でも、柏の某ショップでも売り切れてるだろうな~。

« 夜ブリ | トップページ | 難しい・・・ »