« マグロ乱舞!! | トップページ | 年明けの準備 »

2008年11月30日 (日)

ウミアメ好調

先輩らの都合で、松前行きが中止となったため、一人でウミアメ釣りに出撃してきました。

画像


人の多い島牧を敬遠して、さらに遠くの瀬棚までやってきました(冬道を片道4時間)。

あまり来たことのないポイントなので、暗いうちに到着したら入り方がよく分からず、しばし苦戦。なんとか入り口を見つけ、夜明け頃、サーフまでたどり着けました。



この日は、風が少しあるものの、波はそれほどでもなく、ウミアメにはちょうどいいコンディション。さっそく、夜明けと同時に釣り開始。少しづつ移動しながら、ジグ、ジグミノーなどを投げまくるも、なかなかヒットなし。

1-2時間経った頃、ようやく1匹ゲット。サイズは40cmちょっと。

画像


その後、同じ場所で立て続けにヒットがあり、2匹ゲット!すべてPボーイ35gでした。

結局、このサーフ、500-600mほど釣り歩いたなかで、釣れたのはこの立ち位置だけでした。離岸流でも出てたのかな?



いったん上がって、コンビニで朝飯を買った後、別のポイントを探しに海沿いの道を南下。あいにく岩場がほとんどでしたが、一カ所だけ漁港の隣がサーフになってる場所を発見したので、とりあえず竿を振ってみることに。



最初、ジグを投げるも思った以上に遠浅だったため、プレスベイト・フュージョンにチェンジ。すると、すぐにアタリ!やはり魚はいるようです。歩きながら、フュージョンを投げまくるも、チビアメのチェイスのみ。

思い切ってジグに戻し、沖目を探ると、ようやくヒット。しかし、波打ち際まできてバラシ(泣)。



風向きが変わり、だんだん波が高くなってきたため、サーフをあきらめ隣にある漁港へ移動。防波堤の先端からサーフ側へジグミノーをキャストしてみると、なんと一発でヒット!40cm弱のウミアメでした。

それほど活性が高いわけではないものの、ポツリポツリと飽きない程度にヒットがあったので、ついつい粘ってしまい、結局、日没までこの漁港で釣っていました。

画像


釣果は、30~50cmのアメマス7匹と、チビホッケ2匹。

ルアーは、Pボーイ(35g、45g)とサージャー。SL14とかのロングミノーも投げたけど、ダメでしたね。



夜明けから日没まで、実釣10時間・・・・気がつくと、すごくフラフラでした(爆)。

そして帰りは、またしても中山峠で吹雪に遭遇しました(泣)。

ツカレタ・・・コシイタイ・・・



釣ったウミアメのうち、大きいのを数匹キープしてきましたが、お腹を開いてみると、エサは10数cmのイカナゴと10cm程度のカタクチでした。どうりで、ジグへの反応がいいわけだ。

« マグロ乱舞!! | トップページ | 年明けの準備 »