« 北のメバル釣り | トップページ | 一夜にして・・・ »

2008年11月16日 (日)

松前沖、異常なし

「クロマグロ釣りに行くぞ!」

学生時代の先輩2人から招集がかかり、松前沖へ出釣してきました。

画像




なにやら今年は大間方面がさっぱりで、代わりに松前・福島方面が好調だとか。

このところ、週末は時化続きで出船できなかったのですが、今週はめずらしくベタ凪ぎ。

ちょっとだけ、期待が高まります(笑)。

画像


暗いうちに、松前小島(上の写真)まで行き、そこから北海道本島との中間ラインまでトローリング開始。

魚がどこにいるか分からないので、ミノーを引っ張りながら、鳥山やナブラが出るのを待つ戦法です。

というか、キャスティングより、引っ張りの方が本命らしい。

画像


しかーし、いつまで経っても、まったく魚の気配なし。

鳥がざわついた時もありましたが、結局、ナブラは出ず、海も平穏なまま終了でした(ガクッ・・・)。

画像


船長によると、実際、数日前まで近場でポツポツ上がってたようですが、この日は松前沖はほぼ全滅で、もっと南に下った方で釣れていたようです。魚がいつどこに出没するかまでは、なかなか分からないものですね。



先輩らは、今シーズン、「まだこれから!」という意気込みなので、たぶん私もまた来ることになるのかなー?

せめて、もう少し生命反応があれば・・・。

« 北のメバル釣り | トップページ | 一夜にして・・・ »