« ソルティガのドラグワッシャー | トップページ | 松前沖、異常なし »

2008年11月12日 (水)

北のメバル釣り

7連続の出船中止で欲求不満が溜まりまくっているので、平日だけど凪ぎの日を選んで釣り行って来ました。

画像


ホント、久々のいい凪ぎです!

今回は、ルアーでなく、エサを使ったメバル釣りです。

欲を言えば、タラジギングに行きたかったんですが、他にタラ希望のお客さんが入りそうになかったため、あまり沖に出なくてもよいメバル釣りになりました。



北海道のメバルは、エゾメバルといって本州以南のクロメバルやアカメバルとは別種の魚で、地元では、普通、「ガヤ」と呼ばれます。群れでたくさんいるから「ガヤ」なんだとか。

画像


仕掛けは、白フラッシャー付きのサビキを使い、エサとしてイカやサンマの切り身を付けます。これを水深50-60mの岩礁帯へ落とし込むと、バタバタ!とヒットします。

画像


釣れたガヤ。岸からだと普通15-20cm程度の小さいやつしか釣れませんが、30cm前後の良型も連発でした!なお、一番右の魚は、マゾイ(キツネメバル)。

画像


私はオモリ代わりにジグ(ツルジグ270g)を付けてましたが、なかなジグにはヒットしません(笑)。



10時の時点で持っていった35Lクーラーが完全に満タンになったので、それ以降、ジグで遊んでましたが、ジグでガヤを釣るのは、結構、難易度高し!です。かろうじて3-4尾ゲットでした。

画像




ガヤは、煮付けで食べることが多いですが、大型なら刺身がうまいと聞き、さっそく試してみました。はじめて刺身にしましたが、確かに、かなり美味です!明日は昆布〆を試してみよう♪

« ソルティガのドラグワッシャー | トップページ | 松前沖、異常なし »