« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

久々のショア

今日(4/29)は、今期最後のサクラマスジギングに行く予定でしたが、

イルカ軍団が積丹沖を制圧してるおかげで、あえなく出船中止(泣)。

沖サクラの方は、来年またがんばることにして、

今日は、久々(2ヶ月ぶり)にショアで出撃してきました!



あまり人の多くなさそうなポイントを選んだつもりでしたが、

行ってみると、どこもかしこも、釣り人だらけ!

ちょっとモチベーションが低下しましたが、仕方ないので、

人より先に支度して、サーフから突きだしてる地磯の先端をキープ(笑)。



しかし、小一時間ほど竿を振っても反応なし。

前日のうねりが残っており、ときおり地磯の足場が波をかぶるのが

不安だったため、小心者な私は、先端をあきらめ、サーフへ移動。



地磯から近く、釣りやすそうな地形の場所を選んで、

黙々とルアーを投げていると、7時前ごろ?、岸から15mくらいでヒット!

最初、アメかと思いましたが、上げてみると46cmのサクラマスでした!

画像


そう簡単にサクラマスが釣れるとは思ってなかったので、

小振りとはいえ、うれしい1尾です!

画像


同じポイントで、立て続けにチビアメもゲットしました。



休憩を挟みながら、8時頃までがんばってみましたが、

アタリがなくなったため、この場所は終わりにして、

他のポイントの様子をチェックしながら、北上することに。



途中、睡魔におそわれ2時間ほどダウン(苦笑)しましたが、

良さそうな地磯で、人が全然いないポイントを見つけました。

画像


夕方近くまでがんばったのですが、サクラっぽいアタリは1回のみでした。

アメの追いはいっぱいありましたが、ことごとくUターン(泣)。

なんか、ムカつく(苦笑)。



次回はどこ行こうかな?



<追記>

自宅へ戻った後、仕込んであったサクラマスの西京焼きを試しました!

画像


これは、YOUさんから教わったアイディアです。

味噌の香りと甘辛い味がなんとも♪ご飯のおかずに最高です!

2009年4月27日 (月)

薫製とか、いろいろ

この週末は、積丹沖のサクラマスの状況が悪く、

出船見送りとなったため、久々に自宅にこもっていました。

やることも溜まっていたので、ちょうど良かったかもしれません。



リールのライン巻き替え・・・・総延長2kmくらい?

いい運動になりました(笑)。



PCのHDD交換・・・・250GBから1TBへ。

今のPCを組んだときは、250GBで十分と思ったんですが。

いまやGBでなく、TBの時代なのか・・・(しみじみ)。



それと、せっかく自宅にいるので、

冷蔵庫の魚を引っ張り出して、いろいろ作ってみました。



まずは、ホッケの漬け。

画像


これは、マシャ船長からのアドバイスですね。

イナダの漬けを作るとき、いつもコーレーグース(島とうがらし)を

少し加えてたので、ホッケでも試してみましたが、

ホッケには強すぎるかも・・・。



それから、サクラマスのトバですね。

画像


このネタは、ヒグマの子さんからの提案です。

塩水に漬けたマスをベランダで干してるところです。

1週間くらいは干すみたいです。完成が楽しみ♪

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

ダメだ、1週間も待ってられない(爆)!!

なんか、これから雨降りそうな予報だし、

ブナザケと違って、脂が多いので、脂焼けも心配です。



ということで、サクラマスのトバは、急きょ、

薫製に変更!となりました(笑)。



薫製は、以前、段ボールスモーカーで「温薫」やったことがありますが、

そのときのスモーカーは札幌に越してくるとき捨てちゃったし、

今回は手っ取り早く、「熱薫」でやりたかったので、近所のホームセンターで

金属製のあまり大きくないスモーカーを購入してきました。

画像


少々荒っぽいかもしれませんが、自宅のガスコンロの上に、

スモーカーを置き、コンロの火でチップ(木片)を加熱して煙を出します。

ただし、火が強いとチップが燃えるので要注意!

弱火で約30分スモークし、火を止めて10-20分ほどおいて完成!

画像


上の2列がナラを使った熱薫、真ん中の2列がサクラを使った熱薫、

下3列はクルミを使った温薫です。

結局、熱薫だけでなく、温薫もやっちゃいました(笑)。

どれも美味しく、おつまみには最高です!

思わず、飲み過ぎてしまいました(苦笑)。



ちなみに、温薫の場合は、木質を棒状に固めたスモークウッドに

直接火を付けて煙を出します(蚊取り線香みたいな感じ?)。

コンロは使わず、低い温度で3、4時間くらいスモークして完成です。



今回は、1日半くらいの乾燥でスモークしてますが、

できれば2~3日干した方がいいかも。

以前、イワナ、ヤマメを温薫にしたときは、干しすぎ&燻しすぎで

美味しくありませんでしたが、今回の温薫は上出来でした。

サケトバとスモークサーモンを足して2で割ったような感じかな?



熱薫は、温薫ほど乾燥しておらず、しっとりしてます。

皮がゴワゴワしないので、皮まで食べられますね。

今回、香りが控えめで、サクラとナラの違いはよく分かりませんでした

(一般にはサクラの方が香りは強いらしい)。



また、そのうち薫製やってみようっと。

2009年4月24日 (金)

シャクリ針の自作

もう船のマス釣りも終わろうとしてるのに、今さらなネタですみません。



前回、スナップのトラブルで、シャクリ針を1個無くしてしまい、

釣具屋へ買いにいったものの、完成品で気に入った針が見つからなかった

ため、自分で組んでみることにしました。

画像


まず、2つの針をスイベルのリングに通します。

スイベルは、片方のリングが大きいタイプ(ジギング用?)を使ってます。


画像


次に、2つの針を組み合わせます。

ゆるゆるですね?スイベル通すとき、広げすぎたかも(苦笑)。


画像


最後に、釣り糸で針軸をきつく縛り上げて完成です(たぶん?)。

私はジグとの接続のため、スイベルにスプリットリングを付けています

(前回、120lbのクロスロックスナップを使ってトラブったので)。



このシャクリ針、ベースは武美西岡店で買ってきたステンレスの針ですが、

細軸で刺さりはよさそうです。あとは、強度がどの程度か・・・。

今週末も、無事に、マスがゲットできますように!!

2009年4月23日 (木)

足跡

今日(正確には昨日)、仕事で定山渓温泉の近くへ行ったら、

いきなりこんな足跡が・・・・。

画像


爪の跡が、はっきり残っております(恐)!

決して、私が転んで手を突いた跡ではありませんよ(笑)。



あまり真新しい足跡じゃないとはいえ、

仕事で定期的に行く現場なのに、春から気持ち悪いな~。

2009年4月21日 (火)

サクラマスの炙り

先日、冷凍庫で寝かせたサクラマスを刺身で食べましたが、

少し熱加えた方がよさそうだったので、今回は「炙り」にしてみました。

画像


まず、解凍済みのサクを、刺身と同じように切ります。

切り方に芸はありませんが、気にしないでくださいね(笑)。


画像


次いで、ガスバーナー登場!

回転寿司とかでよく使ってるトーチタイプですね。

ホームセンターで売ってます。1台あると便利です。


画像


このバーナーを使って、さっきの刺身をよーく炙ります!!

普通、金網の上で炙ると思いますが、私は面倒なので直接まな板で。



ちなみに、炙りすぎるとまな板が燃えることも(爆)!

よい子は、マネしちゃダメですよ~(笑)。


画像


「サクラマスの炙り」完成!!


画像


芳ばしい香りと脂が出て、美味しいです♪

回転寿司にある炙りトロサーモンみたいな感じです

(例えが、チープか?)。



刺身つくるとき、半分を炙りにすれば、一度に2種類の違った味が

楽しめますので、皆さんも、機会があったら、やってみてください。

2009年4月19日 (日)

まずまず?

今週末は船の予約を入れてなかったため、何しようかな~?と

思っていたら、金曜の夕方、仁成丸のマシャ船長より電話が。

 「あべさん、キャンセル出たけど来るかい?」

 「行きます!行きます!」

ということで、急きょ、昨日(4/18)、出撃してきました(笑)。



先週の日曜ごろから、積丹沖にイルカやらオットセイやらが出没してるため、

サクラマス釣りの方はさっぱりな状況が続いています。

画像


1週間前まで絶好調だった余別方面も、今や海獣軍団により壊滅してるため、

遠出せず、幌武意の前浜でがんばることになりました。



昨日も、当初、かなり厳しい状況が予想されていたのですが、

予想に反して、型は小さめなものの、船中でポツポツとマスがヒット!!

アタリ棚も、水深15m前後といつもどおり。

海がやや時化気味なのと、船が少ないこともあり、魚へのプレッシャーが

弱まったのかもしれません。

もちろん、海獣軍団が現れたら一巻の終わりですが、昨日はなんとか

出没せずに保ってくれました!



私は、2kgクラス3本+1kgちょい3尾でした。

ヒットだけなら10発以上ありましたが、半分近くバラしてしまいました(泣)。

このバラシ癖、どうにかしないと・・・(汗)。

画像


上のマス、2kgちょいあるかなー?と思ったんですが、測ったら2kgちょうどでした。



ちなみに、手前に写ってるのは、サバイバーのメキシコ貝仕様(笑)。

隣の人に、「そのジグ、何ですか?」って聞かれましたが、一応、サバイバーです。

塗装の剥げてきたサバイバーに、私がメキシコ貝やアワビのシールを貼りつけて

コーティングしただけの代物ですが、これが、結構、釣れましたね!



結局、大きいのは出ずじまいでしたが、ここ最近の状況を考えれば上出来です!

いやー、今回は、「なかったこと」にならなくてよかった(爆)!

2009年4月15日 (水)

ホッケのお刺身

普通、ホッケは生で食べることはありませんが、

先日、YOUさんという方のブログで「ホッケのお寿司&お刺身」に

関する記事を読んだので、ついつい私もマネしてみました(笑)!

画像


結論・・・ かなり美味しいです!



生のホッケは、15年?ほど前、一度、活き作りを食べたことが

あるんですが、どんな味だったかすっかり忘れてました(爆)。

なお、切り方や盛り付けが不格好なのはご勘弁を(苦笑)。



ネットで調べてみると、ホッケを生食しない理由として、

 1.寄生虫(アニサキス)が入ってる

 2.痛みが早い

というのが上げられています。



1のアニサキスは、ホントに入ってますので要注意!です。

写真のホッケ(2尾)にも、アニサキスが2匹ほど刺さっていました。

怖いので、4~5日ほど冷凍してから食べました。



2の傷みの早さは、私にはピンと来ません。

冬~春のホッケは、それほど脂も乗っていませんが、

脂が乗った夏のホッケだとすぐ傷んでしまうということかも?





≪ついでに≫

翌日、一緒に冷凍してたサクラマスも食べてみました

(ルイベはあまり好みでないので、完全に解凍してます)。

画像


う~ん、いわゆるトロサーモンって感じ?

それなりに美味しいけど、少し炙った方がいいかも。

次回は、「炙り」にしてみます。

2009年4月12日 (日)

ドライブ日和?

天気もよいので、ドライブに行ってきました(笑)。



春の積丹は気持ちいいですねー。

海を眺めながら、まったりしてきましたー。

私は見ませんでしたが、最近、イルカが泳いでるとか。

そのうち海獣軍団もやってくるかな?

いやー、ホントにのどかですねー。

画像


沖には、マス釣りの船がいっぱいいましたよ。

さっぱり釣れてないみたいでしたけど。

今日、出撃した人は気の毒ですねー(爆)。

2009年4月 9日 (木)

なかったことにしたい釣行

所用で来札した関東の釣り仲間が、

「サクラマスジギングやってみたい!」というので、

休暇を取って一緒に出撃してきたのですが・・・・・



我々だけボロクソでした(涙)!



アタらない!乗らない!バレる!3拍子揃ってました・・・。

写真撮ってる余裕もありません!



他のお客さんは、そこそこ釣れており、

私同様、平日出撃していた相棒さんにいたっては、

マスシャクリを使って、私の後ろでバカスカ釣りまくり。

3kgクラスを筆頭に定数達成でした!

私は、心の中で、何度、ギャフン!と叫んだことか(笑)。



ちなみに、友人は、ジギングでは敵なし!?という腕前なんですが、

積丹のマスジギングは、一般にいうジギングとは全然違うもの

なので、かなり戸惑っていました。

サバイバーを見て、開口一番、「これ、ジグじゃないですよ!」。

まぁ確かに、ジグの外見をしたマスシャクリですねー。



あー、リベンジしたい。

2009年4月 6日 (月)

やっと出ました!3kgオーバー!

4/5(日)、いつものごとく、

積丹の仁成丸さんでサクラマスジギングに行ってきました。

最近、あちこちで3kgオーバー、中には4kgオーバー!?なんて

景気のいい話が聞こえてくるので、当然、期待も高まります!



天気予報では、今日は西風が強いらしく、午後から時化になりそうな雰囲気。

画像


出船してみると、風裏になるはずの幌武意沖でさえ、ときおり強い風が吹き、

釣りにくい状況でした。どうやら西風といいつつ、風向きが北西~西の間で

変動してるような感じです。

なので、アンカーで船を固定しての釣りとなりました。



さすがに4月ともなると、大型は狙えるものの、2~3月に比べて

極端にアタリが少なく、難しい状況となります。

そもそもアタリがないと、棚が何mなのかも、よく分かりません。

一応、この時期の当たり棚は約15mといわれているので、

10~20m付近をシャクってみるものの、朝一番の時間は沈黙。



日が上がってから、ようやくポツリポツリと釣れるようになりました。

私も、15m前後で、1kg強~2kg弱を4本獲ることができました。

画像


3本はサバイバーのブルーイワシ、1本はヤバイジグ(220g)緑金の釣果です。



この後、また長い喰い渋りタイムに突入してしまい、

マスの棚もよく分からなくなってしまいましたが、他のお客さんの

レクチャーのため、サバイバーをシャクっていた船長にマスがヒット!

ヒットした棚を聞くと、朝よりちょっと深めの水深18mとのこと。



ここで、サバイバーをモスグリーンに変更し、20m弱の棚に合わせて

シャクっていると、「ガツンッ!!」と強烈なアタリが来ました!

少しきつめに閉めたステラ5000のドラグからラインが引きずり出されます。

一進一退しながら、慎重にリフトし、なんとかネットイン!!

今シーズン初の3kgオーバーとなる3.2kgのサクラマスでした!

画像


これで、仁成丸のトップページに載っている私の目を閉じた間抜けな写真も

ようやく更新されました(笑)。船長ありがとう!!

でも、目を開けていても、やっぱり間抜け面は変わらないなー(爆)。



ちなみに、このサクラマス、シャクリ針の針先が1本伸ばされていました。

画像


もう少し手間取っていたら、危なかったです。バレなくてよかった~。



それと、マスの胃袋の中身ですが、噂?の25cmオオナゴが入っていました!

サバイバーと並べてみると・・・

画像


なるほど~、まさにマッチ・ザ・ベイト!!釣れるわけだ。

(中央=250gモスグリーン、下=200gブルーイワシ)

2009年4月 3日 (金)

マス用ジグのリメイク

積丹のサクラマスジギングで定番といえば、

プロショップかわぐちのサバイバーというジグです。

画像


サバイバーは、普通のジグと違い、鉛とプラスチックをくっつけて

作っているため、どうしても、使っているうちに接合部が割れてきます。



私も、手持ちのサバイバー何本かで、接合部付近の塗装が剥がれて

しまったため、同じカラーの新品を購入し、傷んだ方をリメイクしてみました。

画像

画像


下が、元イワシブルーホロ(最初の写真で上から3番目)で、

上は、元ブラウンバックホロ(上から1番目)です。

どっちも、単にアワビシートを貼り、ちょっとマジックで色を塗って、

コーティングしただけですが、オリジナルっぽいカラーになりました。



アワビシートの効果がどの程度か不明ですが、案外いけそうな予感も。

果たして、マスは釣れるかなー?大きいの釣れるといいなー。

2009年4月 2日 (木)

魚さばくときの紙タオル

今日から新年度ですね。

私の職場では、昨夜、全部署合同の送別会がありました。

今春は、私と同じ部署の人がつくばへ異動となるため、

奮発して、キープしていた大きめのサクラマス3本を、

 ・お刺身(一部は、炙り)

 ・アラ汁

で提供しました。もちろん、大(?)好評でした!



ただ、この数週間は、送別会やら何やらで、酒飲んでばっか

なので、さすがに体調が・・・。

もう、あと1週間は酒飲みたくないかも(爆)。



さて、魚をさばくとき、キッチンペーパー等の紙タオル類を使う人も

多いと思います。もちろん、私もキッチンペーパーは使いますが、

もう一種類、「キムタオル」という紙タオルを使っています。

画像


これは、産業用の紙タオルで、分厚くてすごく丈夫です。

水はもちろん、こぼした油を拭き取ることもできます。

さばいた魚の水気をしっかり拭き取ったり、冷蔵庫・冷凍庫に

入れる際、切り身を包んだりするのに重宝してます。

画像


値段が50枚入りで約350円と高価なのが難点ですが、

もし気になった方がいましたら、試しに使ってみてください。

店舗によるかもしれませんが、ホーマックで売っています。

置いてある売り場は、台所用品のところではなく、

工作機械&オイルの周辺なので間違えないように(笑)。



このタオル、漂白してないので茶色ですが、

ちゃんと清潔なのでご安心を。



ちなみに、上の写真のキムタオルは四つ折りタイプですが、

ポップアップタイプも存在します(店には置いてません)。

私はときどき仕事で使うのですが、一言でいうと、

「ミカン箱くらいの箱ティッシュ」(笑)。かなり巨大です!

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »