« 2009年サクラマスジギングの総括とベイトリール | トップページ | マスは釣れず »

2009年5月20日 (水)

SALT WORLDの記事

「SALT WORLD」

・・・・直訳すると、「塩の世界」???

なんか意味不明な英語ですね(笑)。



トラウトメインの人達は知らないかもしれませんが、

これは、ジギングなどオフショアルアーに関する雑誌です

(札幌だと置いてる店があまり多くないですが)。

以前はよく買ってたんですが、最近はさっぱり。



私のブログを見た関東の釣り仲間から、

「SALT WORLDにサクラマスジギングの記事載ってますよ!」

とメールをもらったので、久しぶりに購入してきました。

画像


サクラマスジギング、確かに載ってますねー。

フィッシャーマンの鈴木文雄さんの連載「海道釣紀」です。

4月初めに、わざわざ南の島から積丹まで来ていたようです。



初挑戦みたいですが、ロングジグ170gで結構釣ったとのこと。

この釣り、バリバリのジガーにとっては、すごく違和感のある釣りだと

思うんですが、初挑戦で地元の人と同じだけ釣るとは、さすがですね!



船からのサクラマスジギングは、最近、青森でも盛んなようです。

青森ではどういうスタイルでやってるんでしょうね?

積丹と同じなのか?それとも普通のジギングに近い釣り方なのか?

地域ごとにご当地釣法みたいなのがあるから面白いですね!





ちなみに、久々に買ったSALT WORLDですが、

関東にいた頃、いつもお世話になっていた遊漁船も2軒載ってました!

画像


茨城・波崎の征海丸さんは、ホウボウのラバージギング。

千葉・外房の長栄丸さんは、マダイや根魚の漁具ING。

どっちの船長も、相変わらず頑張ってるようで、うれしいですね

(2船とも、このブログのリンクに載っています)。



************************************************



最近、ブログの表示が重いようなので、設定を変えてみました。



本当は、全文表示のまま、1ページに表示する記事の数を

3~4件にできればいいんですが、7件の次は、いきなり1件に

なっちゃうんですよねー(どうにかしてくれ、BIGLOBE)。



ご意見ありましたら、コメントにお願いしますね。

前の方が読みやすいようなら、元に戻しますので。




« 2009年サクラマスジギングの総括とベイトリール | トップページ | マスは釣れず »

コメント

マシャ船長、こんにちは。
積丹のサクラマスジギングも、全国的に知られるようになってきたんでしょうか。
さらに、盛り上がってくれるとうれしいですね!

個人的には、サバイバー以外にも専用ジグが出るとうれしいな。

村田さん、なんと青森まで通ってるんですか!?私、つくばから岩手の実家帰るのも1日掛かりでしたよ。パワフルな方ですねー!
青森も、こっちと同じスタイルなんでしょうかね?

赤鼻1号さん、まいどです。
レス遅くなってすみません。
昨夜、職場の山菜パーティーにて見事?撃沈し、さっきまで職場の床でくたばっていました(苦笑)。

私は北海道以外の釣りを多少経験していますが、尊敬されるほど、知識も見識もありませんよー(笑)。やはり下手の横好きの域をでません(あちこち行ってる割には結果が・・・)。

魚の基本習性が同じなのに、地域によってスタイルの違いがあるってのは興味深いですよね。青森のサクラジギング、どんな感じなんでしょうね?

鈴木文雄さん
余別に来てたらしいですね。

青森のサクラジギング

多分この積丹と同じ釣り方でしょう?
村田基さん通ってるようですし(笑)

あべさんは色々な地域、ジャンルの違う釣りを沢山経験しており、知識も見識も深く尊敬しちゃいますよ。

話しは変わりますが、同じ釣りものでもその土地土地で微妙にタックルや方法は異なる。
面白い事ですね、地域が違えど同種の魚であれば基本習性は変わらないでしょうから。

青森でもサクラマスジギングってあるんですね。
どんな方法なのか気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年サクラマスジギングの総括とベイトリール | トップページ | マスは釣れず »