« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

道東海アメ遠征

代休をもらったので、久々に道東まで行ってきました。

狙いは、夏に釣れるという道東太平洋のアメマスです。



冬が盛期の道南日本海と違って、



凍えずに海アメ釣れるらしい(笑)!



しかも、数も型も期待できる!?という話なので、

以前から一度、挑戦してみたいと思ってました。



出発時の天気予報では、週末の天気はまずまずのようでしたが、

現地へ行ってみると、主要河川?の河口周辺はすごい泥濁り状態!

そういや先週のニュースで、釧路地方は大雨とか言ってた気が(汗)。

画像


上の写真じゃ分かりにくいですが、小さな川の河口周辺ですら、

サーフは濁りがきつく、ゴミだらけの状態(涙)。

画像


川の河口から離れるにつれ、濁りはいくぶん薄くなるものの、

サーフはゴミが酷くて、やはり釣りにはなりません(泣)。

沖からのうねりが入るため、海岸では思った以上に波もありました。



結局、サーフをあきらめ、近隣にある某漁港へ移動。

ここも多少濁ってましたが、あまりきつくなく、

ゴミもサーフほどひどくないので、十分釣りになります。

画像


開始からしばらくすると、周囲でアメマスが釣れ始めましたが、

なぜか私にはアタリもなし???

他の人達の釣り方をよく観察していると、

ルアーはよく分かりませんが(たぶんジグかジグミノー?)、

リトリーブがめちゃくちゃ速い!!

濁ってるのに速巻きして、魚がルアーを発見できるか心配ですが、

とりあえず半信半疑でジグを速巻きしてみると・・・

画像


あっさり釣れました(笑)!



ピンク、グリーンのローテーションで、立て続けに3尾ゲット!

かなり意外でしたが、濁りのなか速巻きしても、

アメマスはちゃんとルアーを追尾できてるようです。

いつも叩かれてるからなのか?、普通のリトリーブ速度だと

ルアーが見切られてしまっている様子。



日中、仮眠を取った後、午後から同じ港でやりましたが、

上げ潮がよかったのか?、人が減ったのがよかったのか?

日が高いうちでも、朝以上に好調に釣れました。

画像


釣り方は朝と同じ速巻きですが、ルアーはジグより

ジグミノー(RJミノー、ブルー)がよくアタリました。

型は、40~55cm程度と大型は出ませんでしたが、

午後だけで10尾くらい?は上げたと思います。

アタリだけなら、その数倍はあったんですが・・・。



夕マヅメになると、風向きが変わって、沖のうねりが

防波堤に打ち寄せるようになってしまい、早々に撤収しました。



翌朝、地元に住む学生時代の後輩O氏と合流し、

夜明け前から、前日と同じ港へ入りました。

前日の状況から、サーフはまだ無理だろうという判断です。

好天に恵まれた土曜とあって、漁港はものすごい数の釣人!



ジグミノーの速巻きでポツリポツリとはアタるのですが、

前日に比べ、どうも反応がいまひとつ。

「人がやたら多いからかな?」と考えながら釣ってましたが、

明るくなってから海をよく見ると、前日より濁りがひどい!

どうやら、夜の間、沖からうねりが打ち寄せた影響のようです。

画像


日が完全に上がると、ほとんどアタリがなくなってしまい、

マシャジグミノーで釣った1尾を最後に撤収となりました。



他のポイントの様子も見に行きましたが、案の定、

サーフはまだ濁りとゴミがひどく、釣りにならない状況のため、

いったん、海アメ狙いは中断し、O氏宅で休憩の後、

午後からダム湖でニジマスを狙ってみました。

画像


O氏によると、天気もよいし、かなり期待できます!

とのことでしたが・・・

チビニジが少し釣れただけでした(泣)。

画像


O氏も、こんな状況ははじめてと首をかしげてました。

私、昔からニジマスと相性悪いからなぁ・・・。



O氏宅で一泊させてもらい、翌朝(深夜?)、一緒に出撃!

奥さん、息子さん、ゴメンナサイ。

午前中だけ、お父さんをお借りします(笑)。



最後のチャンスなので、ダメもとでサーフへ入ってみると、

ようやく釣りができる状況まで回復していました。

離岸流の出ている流れ込みに二人で陣取り、ルアーを投げていると

ほどなくRJにアメマスがヒット!

画像


サイズはやはり55cm前後ですが、

道東のサーフでは、はじめての海アメでした!



明るくなってくると、続々と人が増え、サーフは大盛況。

画像


朝マヅメのうちは、魚の反応も良好で、周囲を見渡すと

誰かしらロッドが曲がってるような状況でした。

完全に日が上がると、一度、アタリが無くなりましたが、

その後、ジグの遠投&タダ巻きで2尾追加できたので、

満足して8時に終了しました。



結局、今回は60cm以上の個体は1尾も出ませんでしたが、

噂どおり魚影は濃く、かなり楽しい釣行でした。

ただ、アタリが多いわりに、ヒットさせられないのは参りました。

今後の大きな課題ですね。

7月に入り、積丹のブリが始まれば忙しくなりますが、

もし出船中止の際は、もう一回くらい道東に行ってこようかな?

2009年6月21日 (日)

ブリジギングの準備

今週末は、土曜が仕事で、その晩に飲み会もあったため、釣りはお休み。

というか、またもや飲み過ぎてしまい、二日酔いでダウンです(苦笑)。

まだ、少し気持ち悪いかも。



それはさておき、7月も目前となり、ブリの開幕が待ち遠しい今日この頃です。

その気になれば、いつでも出られる程度の準備は常にできているのですが、

一応、新たなシーズンに向けて、気になるジグやフックを買い足したり、

ラインを新品に巻き替えたりしてみました。

画像


昨秋から買い足していたショートジグ達です。

去年よかったゴールド系を中心に揃えてみました。

チャクラ・デルタが多い気もしますが、単なる私の好みです(笑)。

アワビシートで小細工もしましたが、果たして効果あるんだろうか?

画像


ロングジグもいくつか増量してみました。

マシャ船長の相棒さんお気に入りの男ジグとか、

隣で友人に9kg釣られたケイタンジグも仕入れ済みです(笑)。



フックの方も、去年はマダラ王26号(管ムロみたいなやつ)を

使ってましたが、今年は新しいフックも試してみようと思います。

画像


最近出たらしいツインパイクの「4/0」です。

ツインパイクは、本来ライトジギング用のフックで、軽くて

掛かりがイイので、私のお気に入りです(特に2/0)。

ただ、ブリ狙いには、今まで最大だった3/0でも華奢な感じがして

使う気になれませんでしたが、新しい4/0はかなり丈夫そうです

(その分、軽さは損なわれてる気もしますが)。



ラインは、いろいろ悩みましたが、結局、メガセンサー3号になりました。

画像


ソルティガセンサーと同じUVFラインなので、他のPEよりも強いです。

サクラマスジギング等で使いましたが、確かに強いと感じます

(その代わり、同じ号数だと他社PEより太いですが・・・)。

船釣り用ラインなので、連結スプールで必要なだけ購入できるし、

メートル単価がソルティガセンサーより安いのも魅力です。

問題は、ジギング用PEに比べ、ラインの滑りが悪いことでしょうか。

とりあえず「PEにシュッ!」をいっぱい吹きかけてごまかします。

まぁ、50mもダッシュする魚じゃないし大丈夫と思いますが・・・。



ブリの群れ自体は、既に回遊してきてるようなので、後は水温でしょうか。

ここ最近、ぐずついた天気が続いてるのが気がかりですが、

なんとか早く開幕して欲しいですね!

2009年6月15日 (月)

支笏湖キャンプ

土曜日、職場の人達と噴火湾にカレイ釣りへ行く予定でしたが、

あいにくの悪天候で中止(泣)。



夕方には、支笏湖の美笛キャンプ場で友人らと焼肉パーティを

することになっていたので、早めに支笏湖へ向かいました。

雨の中、3時間ほど竿を振ってみましたが、反応なし。



キャンプの方も、あいにくの雨模様でしたが、思ったより

人が集まり、楽しいキャンプになりました。

食べ物も、和寒ジンギスカン、塩ホルモン、大阪イカ焼き、ワッフル

など盛りだくさん。私も、キハダマグロの刺身&漬けを差し入れです。

参加できなかった友人から、レアもの日本酒の差し入れもあり、

これが大変美味かった!つい飲み過ぎてしまい、翌朝、二日酔いで

死んでました(苦笑)。私はいつもこんな感じですが(爆)。



このキャンプには、もう一つ目的があり、

「知床カラフトマス遠征の日程」の相談でした。

昨年は、都合で8月下旬に行ったら、魚が少なくてボウズ続出!

(去年のレポートはこちら)。

なので、今年は9月第1週となりました!

一応、豊漁年と言われていますが、果たしてどうなるかな?



なお、日曜日は昼前にキャンプ場をチェックアウトした後、

本州から来た友人のリクエストで、大滝にある管理釣り場、

ビッグファイト松本さんで3時間ほど遊ばせてもらいました。

なんと、友人の奨めで、フライ初挑戦!!

悪戦苦闘でしたが、一応、ニジを何匹か釣ることができました。

フライは、やはり投げるの大変ですね・・・。

画像

画像


友人がケータイで撮った写真を送ってくれたので、追加しておきます。

2009年6月 8日 (月)

これにて終了?

土曜日に積丹へショアのサクラマス狙いに行きましたが、

夜明けから夕方までがんばってチェイスが1回あったのみ(泣)。

あまり仮眠も取らずに竿振ってたので、疲れました・・・。

画像


私が下手なのもありますが、マスの気配を感じられない1日でした。

ホッケくんが遊んでくれたのが、せめてもの救いです(8尾ほど)。



たぶん今シーズンのサクラ狙いは、これで終了と思います。

来年はもう少しショアからも釣れるようにがんばろうっと。





ところで、先週の話ですが、久米島から持ち帰った魚を食べました。

画像


まずは、キハダマグロの中落ち丼。

もちろん、普通の切り身の部分も、刺身で食べましたが、

中落ちの方が、旨味がしっかりしてる気がします。

画像


ハラスの部分は、焼いてみました。

塩こしょうで味付けしたら、なかなかGOOD!

写真はないけど、漬けにした切り身も焼いてみましたが、

焼肉みたいで旨かったです。

画像


カンモンハタの刺身です。

やはり白身魚の刺身は旨味がありますね!

釣ってから4~5日経ってますが、それでも身が結構こりこり

していました。2~3日目で食べてみたかったな。



ハタは、アラ汁も作りましたが、上品ないい出汁がでました!

食べきれず3日くらい置いたら、酸化しちゃいましたが(苦笑)。

K氏が釣ったバラハタは、もっと旨かったらしい。いいな~。

2009年6月 5日 (金)

’09久米島遠征(後編)

5/30朝、期待ほどではないものの、前日より風は弱まっており、

無理すれば、なんとか沖に出られそうな雰囲気。

いずれにしても、この日が釣りの最終日なので、なんとしても

結果を出したいところです。



パヤオへ行く!という前提でセッティングしたタックルを持って

船へ行くと、船長も「今日は、パヤオなんとかなると思う」とのこと。

ただし、あまり波が高いようなら引き返すという条件付きですが。

画像


意気揚々とタックルを船に積み込み、見送りに来てくれたY先輩に

挨拶をしていざ出撃!(Y先輩は、この日の飛行機で帰宅)



久米島は、パヤオの島といわれるくらい周囲にはパヤオがいっぱい

あります。くに丸さんのHPから拝借した地図だとこんな感じ。

画像


この日は、時化気味なので、船長も、とりあえず一番近い4番を

目指して走っているようです(兼城港は、島の西側です)。



30分ほどすると、パヤオが見えてきました!

既に他の船も数隻います。この荒天だと、どの船もこのパヤオに集結

するんだろうなーと考えていると、我々の船はパヤオを素通り!?

どうやら船長は隣のパヤオまで行く気のようです!



船は西へ進んでいるので、向かう先は5番パヤオか?

さっきのパヤオでも、波は2~2.5mくらいあったと思いますが、

しばらく走っていると、さらに波が高くなってきました。

波高3m近くありそう・・・。皆、辛そうな顔でジッと耐えています。

せんちょー、波高かったら戻るんじゃなかったのー?

画像


揺れまくりの中、1時間以上?走って、ようやく目的にパヤオに到着!

しかし・・・既に1名がマグロになってました(合掌)!



まずは、ジギングからスタート。

できるだけジグでがんばりますが、反応しなくなったら、

 → エビング 

 → エサ釣り

という順で釣り方を変えていこうという姑息な作戦です(笑)。



ファーストヒットは、F氏!?

あれっ、さっきまでマグロになってたはずでは?

難なく3~4kgのキメジ(メバチ?)をゲット!

そして、再び船尾でマグロに戻りました(笑)。

うーん、根性だね~。



A氏も、キメジを釣り上げた後、しばらくご休憩。

まぁ、船慣れしてない人が、この荒天ではねー。

画像


気がつけば、私とK氏の2人だけでシャクっていました。

っていうか、私も体を安定させられなくて大変でした(汗)。



たま~に、小さなキメジやメバチがヒットするものの、

まともなサイズはなかなかヒットしてくれません。

「やっぱダメかな~?」と思いながら、シャクっていると、

ちょっと良さそうなサイズがヒット!

画像


8kgほどのメバチマグロでした。

ヒットジグは、デルタ200gのメキシコアワビ仕様(笑)。

自分でアワビシートを貼り付けたものですが、効果あり?



アタリがなくなった頃、船長から「エサやってみる?」との提案が

あり、3人でパラシュートの釣りに移行しました。

パラシュートとは、マグロのいる棚(海面から100~150m)まで

付けエサとコマセを一緒に包んだ袋を送り込み、

狙いの棚で展開させる釣り方です(文章だと分かりにくいかな)。

コマセの煙幕?の中に、付けエサを一緒に漂わせることで、

喰い渋っていたマグロも「パクッ」とやってくれます。

通常、付けエサとコマセは、どちらも冷凍のキビナゴです。



しかし、ここで非常事態というか異常事態!!

大物はおろか、普段うるさい小物ですらヒットしません。

ジグで喰わなくても、パラシュートなら一発!が普通なのですが、

エサ取りすらやる気ないようで、付けエサがそのままの状態で

戻ってきてしまう始末。なんじゃこりゃ~!?



とうとう5番に見切りをつけ、4番まで戻ることになりました。

斜め向かい風のなか、波しぶきをかぶりながら(私だけね)、

1時間以上かかって4番へ戻ったときには、もう終了時間近く!!



他船をみると、パラシュートではなく、表層を狙っている様子。

観察していると、ときおり、水面でマグロの跳ねが!

夕マヅメになって、ようやく活性が上がったようです!

我々も、船長の指示で、フカセ釣りに変更です。



フカセ釣りというのは、私も初めてでしたが、仕掛けは超簡単!!

70~80lbリーダーを2ヒロとり、その先に針(石鯛針?)を

結ぶだけ。基本的には重りとか全く付けないようです。

あとは針にキビナゴを2尾くらい付けて、潮にまかせて40~50m

流し、キビナゴをチャミングしていると・・・

画像


「来たぁ~~!!」

K氏のNEWステラから勢いよくラインが出ていきます!

ようやく本命のお出ましです!

「バラすなよー!そのマグロ解体して皆で分けるぞー(笑)!」

さすがのK氏も、数十kgの魚とファイトするのははじめてらしく、

かなり慎重にやり取りしています。

画像


10分ほどやり取りした末、ついに船長のギャフが入りました。

20kg弱のキハダマグロでした!



時間がないので、手早く記念撮影を済ませ、釣り再開すると・・・

画像


「来たー!」

今度はすぐにA氏にヒット!!立て続けです!

A氏は、大型魚とのファイトの経験があまりないようで、

少々手こずりましたが、無事に16~17kgのキハダをゲット!



時計をみると、本来ならもう帰港しないとならない時間・・・。

できて、あと二流しくらいでしょうか?かなり焦ってきました(汗)。

「頼む~、オレのエサ喰ってくれ~!(苦笑)」

そして・・・ホントに「喰ったー!?」

リールからどんどんラインが出ていきます(50mくらいだけど)。

マグロの神様(?)、ありがとう~!!(爆)

画像


幸い?それほど大きな魚ではなさそうなので、強引にリフト!

取り込みにちょっと手間取りましたが、10分以内には片付けたかな?

画像


23kgくらいのキハダでした!

いやー、すごいです!ここまで3連発!!



しかし、まだ1名、まともなサイズを釣ってない人が・・・。

船酔いでずーっとくたばっていたF氏です。

船長も「最後、あと一流しだけするよ!」といってくれました。

我々の方も、誰にヒットしても、掛かったら、すぐF氏にバトンタッチ

するつもりでしたが、結局、最後のミラクルはありませんでした。

できれば全員で1本ずつ獲りたかったですが・・・。



皆さん、時化気味のなか、お疲れさまでした!

画像


船長も2日間ありがとうございました!



ちなみに、釣った魚の後始末ですが、ここ久米島では、

パヤオからの帰港時間に合わせて、地元の日通航空系の運送会社が、

送る魚を引き受けにきてくれます。なので、帰港したら、即、魚を

発送できるシステムになっています(あまり巨大なのは無理ね)。

画像


航空便なので、料金は高めですが、札幌でも1~2日で届きます。

こういうところが久米島のすごいところです。



翌31日、帰札する日なんですがー

・・・・・・むかつくぐらい波穏やか(怒)。

画像


青い海のバカヤロー!!(爆)


2009年6月 4日 (木)

’09久米島遠征(前編)

久米島は、沖縄本島から100kmほど西に位置する離島で、

パヤオ(浮魚礁)でのマグロ釣りが有名です。

画像


昨年、BIG GAMEさんのツアーに参加し、結構楽しかったため、

今年もまた行ってきました!(去年のは、こちら



学生時代の先輩であるY氏が、毎年、久米島へ行っており、

今年も5月末に行くというので、今回は、Y先輩の日程に重ねて

半年前から計画を立てていました。

メンバーは、私を含めて4名(Y先輩は別行動)。

パヤオで、キハダやメバチを狙うという算段です。



私は、Y先輩の釣りにお付き合いするため、他のメンバーより1日早く

5/27に出発しました。天気予報では時化になりそうなのが心配・・・。

画像


那覇から久米島へは、RAC(琉球エアコミューター)の小型機で

飛びますが、すでに風が強くなっていて、ちょっと恐かったです(笑)。



ホテルに到着し、Y先輩に電話してみると、帰港までまだ時間がかかる

ようなので、ライトロッド片手に港でぷらぷら。

画像


なんと、ホテルの目の前が出船場所となる兼城(かねぐすく)港です!

(写真奥に写っている赤茶色の建物がホテル)

このホテル、「ガーデンヒルズ」といいますが、立地がよく、

釣り、買い物、食事などほとんどが徒歩で済みます!

スタッフの方々も親切だし、タックルを洗える水道もあります。

釣りの基地としてはめちゃくちゃ便利なので、お奨めです!



陸っぱりの方は、下げの潮止まりということもあって、

港の中に魚の気配がありませんでしたが、ウロウロしてる間に

Y先輩の乗った船(くに丸)が帰港。

もう一人I先輩も来ていたのですが、急用のため、私と入れ違いで

帰札したとのこと。久々にお会いできると思ったのに残念です。



Y先輩とI先輩は、トローリングでクロマグロを狙っていたのですが

話を聞くと、なんと前日に300kgクラス(ウシシビと呼ばれる)と

3時間半格闘し、ナイロンリーダーまで入って、さあショッカー投入だ!

というところでリーダーブレイクしてしまったとか・・・。

数の少ないクロマグロをヒットさせること自体がかなり難しいので

ものすごくガックリしていました。私も見てみたかった!



28日は、先輩に付き合ってトローリングに行く予定でしたが、

案の定、天候が悪化し、出船中止となりました。

四国沖にある低気圧が急発達し、沖縄地方まで大時化です(涙)。

仕方ないので、ホテルでのんびりし、夕方、友人のF氏、K氏が到着

してから、皆で、少しだけ竿振ってきました。

画像


場所は島の反対側にある奥武島(おうじま)との間のチャンネル。

いかにも魚が回遊してきそうなポイントですが、お留守でした(泣)。



29日、いよいよ我々の出撃の日です!

乗り込む船は、たか丸さん。くに丸の船長の息子さんだそうです。

しかし、相変わらずの強風でパヤオまで行くのは無理なため、

島周りの風裏になるポイントで、カンパチや根魚を狙うことに。



朝のうち、島の南西側50~100mラインでジギングをやって

みましたが、各自怪しいアタリが1回ずつあっただけでした。

ホントは、島の北側と東側によいポイントがあるそうですが、

どちらも、まともに風を受ける場所なので行くことができません。

画像


ここで狙いを根魚に変更し、島の西側の浅場へ移動。



こういう事態は想定外だったため、ライトジギング用のタックル

など全然持ってきておらず、マグロ用タックルで根魚やるはめに

なりました(苦笑)。それでも150gのツルジグBGカスタム(ピンク)

をシャクっていると、ポツリポツリとアタリが。

画像


2kgクラスのカンモンハタをゲット!

しかし、この後、カマス?にやられて当たりジグをロスト(泣)。



K氏も、負けじと4kgクラスのバラハタをゲット!

画像


赤いので、一瞬、超高級魚のアカジン(スジアラ)か!?

と皆で期待しましたが、別の魚種だそうです。ガクッ・・・

一応、私も少し小振りだけど、同じ魚を釣りました。

画像


晩のおかずにしましたが、これでも十分美味でした!



帰港後、ホテルでゆっくりしていると、最後のメンバーA氏が到着。

A氏は、F氏のつてで今回の遠征に参加することになった方です。

画像


なんと飛行機でなく、フェリーを使っての久米島入りでした

(フェリー埠頭からホテルまで徒歩で来れます)。



ともあれ、これでメンバー4人全員が揃いました。

なんとか天気が回復してくれることを祈りつつ、皆で乾杯!



<後編>につづく!

※ まだ途中なので、コメント欄は後編の方に表示させます。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »