« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

ちびアメ&豆イカ

今、帰宅しました~。

今日は、今シーズン最初の道南ウミアメ釣りに行き、その帰りに、

小樽でヒグマの子さんと合流して豆イカ釣りもしてきました!



さすがにこの時期の夜釣りはキツかったです!

釣りの後、なか卯へうどん食べに行ったんですが、

手がかじかんでるうえ、寒さで腕の筋肉が硬直して

しばらくの間、ハシが持てませんでした(笑)。



************************************************

ウミアメ釣りは、朝のうち、ややうねりが残っていましたが、

波は比較的小さく、天気もそこそこでした。

画像


いい雰囲気だったんですが、どこも魚っ気がいまひとつ。



でも、かろうじてボウズは逃れましたよー。

画像


ジグにヒットした35cm弱?のウルトラ小さなウミアメです。

続けて、ジグミノーに30cmほどのウミアメが!?

最初より、サイズダウンしてるし(汗)。



その後は、ジグでもう一回アタリが出たものの乗らず!

終了となりました。



************************************************

小樽へ向かう途中、久々に岩内を通ったので、

先日、赤鼻1号さんが紹介していた「たちかま」を買ってきました!

画像


袋には「たつ(=たち)のかまぼこ」と書いてあります。

思ったより、結構いい値段します(笑)。

明日にでも食べてみようと思います!楽しみ♪



************************************************

夕方、小樽でヒグマの子さんと合流し、豆イカ釣りに挑戦!



しかし、渋い!というかイカが薄い?

暗くなってから、ポツリ、ポツリと釣れる程度です。

画像


あとで、余市の方が釣れていたことが判明しましたが、

あとのまつり・・・。残念!



しばらくして、muraさん(ヒグマの子さんにコメントくれてる方)も

合流!3人でがんばってエギしゃっくってきました!

ヒグマの子さんは、用事があるということで、少し早めに帰宅

しましたが、私とmuraさんは10時近くまでやってました(苦笑)。



他の二人は、さすがに上手でしたが、

ほとんど初心者の私でも、最終的に11~12杯釣れました!

画像


上の写真では、いただいたイカも含んでるので

量が多めになっています。



これらも、後日、バター焼き等で美味しくいただく予定です!

2009年11月28日 (土)

イトウ

私が釣ってきたという話ではないです(笑)。



昔お世話になった知り合いで釣り仲間でもある方が、

何日か前、道北の某川で102cmのイトウを仕留めたと

連絡が入りました!!



この方、あまりガツガツと釣り歩くような方ではないですが、

イトウ釣りに関しては、人並みならぬ情熱をお持ちです。

地元道北在住なので、ちょっと時間を見つけては竿を振る

といったスタイルで釣りを続け、これまでにグッドサイズの

イトウを何本も釣り上げているのですが、残念ながら、

メーターオーバーには巡り会えませんでした。



なので、今回、彼がメーターオーバーを仕留めたというのは、

私にとってもすごく嬉しい知らせです!

本当におめでとうございます!





今回のメーターオーバーの写真は受け取ってないもので、

代わりに、大昔に私が釣ったやつでも載っけておきます(笑)。

昔は、道北でイトウを追いかけてた時代もあったんですよ?

画像


全長で91cmあります。一応、私の最大記録です。



知り合いが釣ったのは、さらに10cm以上デカイんですよねー。

ボリュームでいえば、二回りくらい大きな感じでしょうか。

・・・・実物見たら、腰抜かすかも(笑)。

2009年11月25日 (水)

イカバター焼き&タラ刺し

今日・・・いやもう昨日か?

釣ったタラを使って、職場の有志達とタラ鍋大会やってきました!

あいにくメスばっかりだったけど、すごく美味しかったです!

やっぱりタラ鍋はシンプルに水炊きだよな~(笑)。



鍋の話題は、写真も撮ってないし、これで終わり。



祝日の月曜日、釣ったタラ1本をヒグマの子さんに謹呈したら、

お返しに、旬の豆イカをたくさんいただきました!

画像


すごいでしょ?

キレイにパック詰めしたうえ、自作のラベルまで貼ってあります!

最初、店で売ってるのを買ってきたかと思いました(笑)。



バター焼きがうまいらしいと聞き、さっそく試してみました!

画像


ホントだ!すっげー美味い!!

これ、酒のつまみに最高ですねー。

ヒグマさん、ありがとう!



それと、自分で釣ったマダラの身を一部、刺身にしてみました!

タラは、アニサキスの危険があるので、普通、生食しませんが、

水温の低下する冬場は虫も少ないため、地元では、

刺身や昆布締めで食べることも少なくないようです。

画像


真っ白でキレイでしょー!

写真では分かりにくいですが、身に透明感があり、透き通ってます。

恐る恐る食べてみると、甘みと旨味が詰まったような味で

白身の高級魚に匹敵するような美味しさでした!!



タラの身は、時間が経つと、透明感がなくなるようで、

そうなると全然美味しくないようです。

やはり鮮度に注意ですね!


2009年11月23日 (月)

今年最後の釧路出釣

三連休を利用して、また釧路まで行ってきました。



狙いは旬のマダラ!

前回は、数は釣りましたが、私は大きいのが釣れませんでした。

前回、お世話になったノリノリさんから、連休の釧路沖は凪だよー!

とお誘いをいただいたので、リベンジに行くことになりました!



まだ、道路の凍結が一部のみなので、なんとか行ってきましたが、

これ以降は春まで道東・道北へは出釣不可ですね。



***************************************************

朝3時前に港へ到着すると、なんと釣まさ丸の船長が既に来ていて

なにやら作業中。そういや何か新しい機器を取り付けたらしい。

11月下旬の釧路なので、ものすごく寒いかと思ってましたが、

意外と暖かく、これなら、あまり着込まなくても大丈夫そう!



少し仮眠を取らせてもらい、他のお客さんが揃った5時過ぎに出船!

曇天ですが、ベタ凪!しかも暖かい!

これはラッキー!と思っていましたが、すぐ雨降りに(泣)。

画像


タラは、朝のうちポツポツと釣れ、私もアベレージサイズ?と

ポンタラの2尾を釣りましたが、後がさっぱり続きません。

画像


前回とはうってかわって、喰い渋いというか魚の反応が希薄。

船長ががんばって反応を探してくれたので、

ノリノリさんや他のお客さんはときおりタラをヒットさせていましたが、

私の方は、やっと来た!と思ったら、ヤナギノマイ(苦笑)。

画像


そうこうしてるうちに、気温が低下し、吹雪に!!

画像


雨で濡れた体から一気に熱が奪われて、メチャクチャ寒い!

それでも、釣果がパッとしないため、船長も帰るに帰れない?



吹雪のなか、タラを探すもやっぱりお留守。

浅場へ移動し、五目釣りをしてみるものの、こちらもさっぱり。

結局、いつもより1時間長く釣りしていました。



さすがのノリノリさんも、連日のハードスケジュールの疲れなのか?

撃沈していましたね。

画像


私は、ずっと外にいたので、凍死しそうでした(苦笑)。

帰港後、ラーメン屋に駆け込み、その後、温泉入って

ようやく生き返りました(笑)。



***************************************************

翌日は朝から晴天!

画像


冷え込みはキツイものの、前日の吹雪よりはマシです(笑)。

北西の風(もっと西よりかも?)が結構強く、プチ時化状態。



前回、私は小物の数釣りになってしまいましたが、

船長がいうには、シャクリが速すぎるから、大型が喰いきれず、

動きに追随できる小型ばかりがヒットするんだとか。

大きいタラを釣るためには、もっとジグをゆっくり動かし、止めも

しっかり入れることが大事だというアドバイスをもらいました。

で、前日はそれを意識しながらシャクっていたんですが、

後で船長に聞いたら、今度は間延びしすぎだそうです(涙)。



ゆっくりと、でも間延びしない程度のリズムで

ジグを動かしていると、なんと朝一から私にヒット!

画像


大ダラというほどではないですが、まずまずサイズ!

結構、うれしい(笑)。



この日も、前日同様、タラの反応が希薄でしたが、

私は、前日のボロクソ状態に比べると、結構イイ感じ♪

画像


周りでポツポツ釣れてる限り、私にもヒットがありました。

バラシも結構ありましたが(苦笑)。



釣り上げたタラが吐き出したエサです。

画像


アブラガレイとイカかな?

きっと食えそうなものなら、何でも食うんでしょうね。



しかし、日が高くなると、タラの反応がなくなってしまい、

タラを探して、あちこち放浪状態に。

タラはいったいどこへ消えたの~?

船長も2時間延長してがんばってくれましたが、

結局、最後までめぼしい反応は発見できず(泣)。



帰りに、浅場で五目釣りしましたが、前日以上の食い渋さに

一同ガックリ・・・。釣果が寒けりゃ、心も寒い?



そんな傷心の釣り師たちを癒してくれたのが、

帰港後に振る舞われた「ノリノリ鍋」!

画像


ノリノリさんが、お疲れのなか、前日に作っておいてくれたものです。

味噌仕立てのケンチン汁と豚汁のいいとこ取りしたような汁物で、

マジですごく美味いです!!ノリノリさん、ご馳走さまでした!



ホントは、釣りしてるときに振る舞うはずが、時化気味のため、

帰港してからになったようですが、釣り疲れて帰港した後に、

こうして、暖かいものを食べながら、他のお客さんらと語らうのも

いいものですね~。





今シーズンのタラ釣りは、これにて終了ですが、

来春、積丹のサクラマスジギングが終わったら、また来ようっと。

今度はライトタックルでマダラジギングかな?

2009年11月19日 (木)

やっぱり・・・

仕事でちょいと名寄まで行っておりました。



道北だし、一面真っ白なんじゃないだろうか?と

ビクビクしながら行ったのに、少ししか雪がない!?

な~んだ!心配して損した(笑)!



で、今朝、起きたら・・・

画像


道北をあなどった私が悪かったです。

油断大敵ってことですね!



連休の道東行きもだんだん心配になってきました(苦笑)。

峠の道、凍ってないといいなー。無理?





なんとか無事に帰宅したら、宅配便が。

画像


そういや通販で頼んでおりました。

最近、あまり札幌のお店に置いてないんですよね。



コイツで、BIGなイトウを!!

ってのは嘘で、別の魚に使う予定。

画像


上の魚のヒットルアーは、イトウ用に買った同じルアーの別カラー(笑)。

オレンジベリーのやつね。



かなりの速度でトローリングするんで、他のミノーは回ってしまいます。

キャスティングならシブキの方がいいかなー?と感じますが、

シブキがバランス崩す速度でも、このミノーはちゃんと泳ぐんですよね。



でも、年内にコイツの出番は来るんだろうか(笑)。

2009年11月17日 (火)

いよいよ冬ですねー

昨日、関東から戻り、やっぱ札幌は寒いなーとしみじみ。

とはいえ、市内は雪なんてないので、まだ晩秋くらいのつもりで

いましたが、今日、仕事で定山渓行ったら・・・

画像


あちゃー!すでに一面、雪景色でした!



明日は、道北の名寄まで行かねばなりません。

真っ白だったりするんでしょうねー。

行きたくないなー(爆)。





ところで、話は変わりますが、近頃ジグいじりしてます。

カムイの500gも、少々いじってみました。

画像


一番上は、武美オリジナルカラーそのままですが、

真ん中と下は、自分でシール貼ってカラーを変えてみました。



今度の連休は、こいつら持って、タ○のリベンジに行ってこよう

と考えてます。大きい○ラ釣れるといいなー。

2009年11月16日 (月)

帰札!

無事、出張から戻ってきました~。



東京では、いきなり大雨にたたられ、げんなり・・・。

画像




その後、古巣のつくばに移動しましたが、お天気はいまいち。

画像


関東は、晩秋から冬にかけて晴れの日が多いんですが、

なぜか、出張の間、どんよりした天気ばかりでした(泣)。

結局、気持ちよく晴れたのは最終日の15日のみ。



まぁ、仕事自体は順調に片付いたのでOKなんですが。



さて、今週末の連休はどこ釣りに行こうかなー?

2009年11月10日 (火)

これから出張

今、新千歳空港です。

これから、一週間ほど東京&つくばへ出張

してきます(出釣ではないですよ!)。

2009年11月 8日 (日)

サイズアップ?

週末、海はやや微妙な予報だったので、

どこで何狙おうかな~♪と考えていたら、

金曜の昼にY先輩から電話。



 先輩:「今晩、松前に行くぞ!」

 あべ:「海は大丈夫なんですか?」

 先輩:「まぁ、五分五分だな」

 あべ:「船長、来るなって言ってない?」

 先輩:「来るなとは言われてないぞ?

      夜にまた電話するから、準備しとけ!」



・・・ってなわけで、今週も松前へ(笑)。



案の条、少し波、風があるため、明るくなって波の状況と

僚船からの情報を確認してから出船となりました。



狙う海域は、今回も松前小島の周辺。

白神沖は、大物狙いの一本釣りの船がひしめいていて

釣りにくい上、釣れる確率も低いとのこと。

画像


明け方に、職漁船で3本上がったらしいですが、

我々が到着した頃には朝の祭りは終了しており、

どの船もひたすら辛抱のトローリング。

天気はいいんですが、南西の風が強く、波が立つため、

船が左右に大きく揺れて釣りづらい状況でした。



11時近くまで、小島の風裏側をしつこく引っ張り続けてましたが、

マグロは全然食わないし、風は強くなる一方なので、

船長が船を松前方面に向けて走らせ始めました。



遠ざかる小島をボケーっと眺めながら、

「あー、今日はダメだったか~」なんて思ってたら、

なにやら、ソルティガのドラグから唸り声が???

私の竿に、マグロ掛かってました(爆)

画像


またおチビさんでしたが、先週のより少し大きいかな?

先週は6~7kgでしたが、こいつは8kg前後ありそうです。

なんとか、サイズアップに成功か(爆)!?



今回で、今シーズンの松前出釣は終了・・・・・の予定でしたが、

先輩達、二週連続のマグロゲットで何かみえてきたものがあるらしく、

今月後半の仕事のスケジュール調整を必死に画策していました(笑)。

また、年内に松前まで来ることになるかも?





さて、釣ったマグロですが、今回も3人で小分けして持ち帰りました。

画像


脂がのっているので、背中の赤身でも十分美味しいです!

大トロは・・・・脂多すぎ。食べると胸焼けします(笑)。

中トロのあたりが、一番美味しいかも。



クロマグロが、「本マグロ」と呼ばれる理由が分かった気がします。

他のマグロ類とは別格なんですねー(特に今頃の時期は)。

2009年11月 6日 (金)

色塗り

近頃、ジグの色塗りをしてます。



日本海のウミアメシーズンも近いので、まずはウミアメ用のジグから。

画像


もう少しキレイに仕上がるかと思いましたが、難しいですね。

ジグのブランクは、ア○リカ屋で購入したヤツです。



そのうち、船サクラ用とか他のジグも塗り塗りする予定です。

2009年11月 1日 (日)

ちびマグロ

松前までマグロ狙いに行ってきました。



元々、学生時代の先輩Y氏とI氏が二人で行っていたのですが、

昨年から私もメンバーに組み込まれてしまいました。

今シーズンは、時化や仕事の都合などで中止続きのため、

これが最初の釣行です(そして最後になりそうな予感も?)。



以前、先輩達が

「出船できるかは五分五分だが、とりあえず行くぞ!」

というので一緒に行ったら、松前沖は大時化で、

船長から「なんで来たの!」と言われたこともありました(笑)。

今回は、波高は微妙ですが、風向きから判断して大丈夫?

画像


出船してみると、うねりは残っているものの、波・風ともそれほど

大したことはなく、一安心。



船長によると、最近、型は小さいものの、松前小島の周辺で結構

釣れているなので、今回は白神沖ではなく小島へ向かうことになりました。

画像


到着すると、既に数隻の職漁船がトローリングをしており、

散発的ですが、マグロの跳ねが!



我々も急いで支度をして、トローリング開始です!

先輩達は、大型マグロ用にPE20号をいっぱい巻いた

ミヤマエの馬鹿でかい電動リール(X8、X9)を持ってきているので

それらを左右両舷にセットし、100~130mほどラインを出して

ミノーを引っ張ります。おまけみたいなものですが、

私も、真ん中からジギングタックルで引っ張りました。



何隻かでマグロの跳ねのある一帯を引っ張りまくっていると、

職漁船の一隻にマグロがヒット!船を止めてファイトして

いましたが、残念ながらバレてしまった様子。

その後、マグロが沈んでしまい、跳ねもなくなりました。



きっと、またチャンスはあるはず!と信じて、ミノーを引っ張り

続けますが、まったくアタリはありません。

他に5,6隻くらいの船が小島の周りでマグロを狙っていましたが、

どの船も釣れた様子はなし・・・。



昼近くになり、「もうダメかな~?」と思い始めた頃、

なんと私の竿にヒット!?

ライン50mしか出してなかったんですが(笑)。



ファーストランが止まったところで、徐々にドラグを締めながら、

ファイトしますが・・・・・なんか、あまり引かない???

 「これマグロじゃないでない?」

 「ブリかもしれませんね?」

 「フクラギじゃねー?」

 「そこまで小さくないですよ!」

なんて会話をしながら、上げてくると・・・・

画像


一応、マグロでした(笑)。6~7kgくらい?

画像


初めてのクロマグロなんで、うれしいんですが・・・・

なんか複雑な気持ちです(笑)。



この釣果で、少し気合いが入り、三人で昼過ぎまでがんばりましたが、

結局、この1匹で終了となりました。



船長いわく、

「あんた達、とっくに大きいの上げててもいいはずなのに、さっぱり

いい時に当たらないなー。タイミングさえよければ、すぐ釣れるのに。」

だそうです。

運に見放されている我々でした(泣)。

三人とも日頃の行いが悪いからか(爆)。



そうそう。

釣れたマグロは、船上で解体し、小分けにして3人で持ち帰りました。

すごーく小さいので「山分け」にはなりませんでした(笑)。

次は、山分けできるサイズが釣れればいいなー。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »