« 反省会? | トップページ | ライン変更 »

2010年3月17日 (水)

サケ=salmon?、マス=trout???

普通、サケは英語でsalmonマスtroutと訳されます。

じゃ、サケとマスは何が違うんでしょう?



サケが海の魚で、マスが川の魚だというような解釈も

世間一般には出回ってるように思います(最近、少なくなった?)。

でも、サケ科魚類の名前を調べていくと、そう単純じゃないですよね。



サケ科魚類で、名前に「サケ」、「マス」、「salmon」、「trout」が付く

主だった種類を挙げてみましょう。



===================================================

サケ属

   シロザケ = chum salmon (降海)

   カラフトマス = pink salmon (降海)

   ベニザケ = sockeye salmon (降海)

   (陸封型はヒメマス = kokanee)

   ギンザケ = coho salmon (降海)

   マスノスケ = chinook salmon (降海)

   サクラマス = masu salmonまたはcherry salmon (降海)

   ニジマス = rainbow trout (淡水)

   (降海型はスチールヘッド = steelhead trout)

   カットスロート = cutthroat trout (淡水)



タイセイヨウサケ属

   タイセイヨウサケ = Atlantic salmon (降海)

   ブラウントラウト = brown trout (淡水)

   (降海型はシートラウト = sea trout)



イワナ属

   アメマス = white-spotted char (海、淡水)

   ブルックトラウト = brook trout (淡水)

   レイクトラウト = lake trout (淡水)

=====================================================



日本名にサケと付く魚種は確かにsalmonですが、

マスと付く魚も、troutよりsalmonの方が多数います。



元々、日本でいう「サケ」とはシロザケを指し、「マス」とはサクラマス

(たぶんサツキマスも?)を指す言葉だったようですが、

北海道や北洋に進出してから、それまで知らなかった種類が出て

適当に?○○マス、○○ザケと名前を付けたようです

(参考:さけますセンターQ&A)。



つまり、○○サケ、○○マスと呼んでいる魚に明確な違いはなく、

ほとんどの魚種が「サケ=salmon」ということです

(アメマスやニジマスなどの例外はありますが)。

なので、サケ缶を買ったら、中身がカラフトマスだったりします(笑)。



そうそう。上の魚名リストを見て、気付いたと思いますが、

salmonと名の付く魚種は基本的にサケ属とタイセイヨウサケくらいで、

みんな海に下って大きくなる種類です(いわゆるサケのイメージ)。



一方、英語でtroutと名の付く魚は、多くの場合、淡水性のようですが、

ニジマスやブラウンが降海しても、salmonとは呼ばないようです。

スチールヘッドなんか、salmonでもよさそうな感じなのに、この辺の

基準はよく分かりませんね?

ただ、大まかにいって、イワナ属やタイセイヨウサケ属の魚は、

troutと見なされる傾向が強いようです(名前にtroutと付かなくても)。





なお、蛇足ですが・・・

このブログのテーマ(記事のカテゴリー)は「トラウト」だったりします。

正確を期すため、「サケ科魚類」に変更してみようかな(笑)。

« 反省会? | トップページ | ライン変更 »

コメント

KIKUちゃん、こんばんは。

まー、そうだよね。元々、明確な定義がある言葉じゃないし。

ただ、昨今は、サケにトラウト、サーモン、マスと、サケ科魚類を表す名前がテキトーに使われてて訳分からんなーという気はします。

>「salmon」って元々タイセイヨウサケを指す言葉なのに妙な感じ(笑)

ですね。
けっきょく、海への依存度で適当に判断して下さい!ということでよろしいかと…。

ヒグマの子さん、こんばんは。

やっぱ、ヒグマだけあって、サケ好きですか(笑)。

なるほど「アブラビレ」ってのもいいですねー。チカ、ワカサギやアユまで全部同じテーマで済みますね!たまに、ピラニアとかも混じってたりして(爆)。

ヒロマルさん、こんばんは。

サケ缶はホントにカラフトマスがほとんどですよ。たまに食べたくなって買ってます(笑)。
サケフレークもそうなんだ?今度、見てみよう。

KIKUちゃん、こんばんは。

なるほどー、産卵回数ね!面白い説ですな。でも「salmon」って元々タイセイヨウサケを指す言葉なのに妙な感じ(笑)。

ブログのテーマ「サケ科魚類」にしてる釣り師はきっといないだろうなー。誰もそんなキーワードで検索しないだろうし。

どっちも ターゲットとしては、物凄く 楽しい 釣魚ですよね!

食べても 美味しいし(一部 微妙。)

自分は アブラビレが付いてる 魚 好きです!

最近 釣ってませんが(汗。。。)

こんばんは~

サケ缶=カラフトよくききますね~

サケフレイクもききますね~汗

この記事読んで笑っているのは、私だけでしょうか?
だって、
>正確を期すため、「サケ科魚類」に変更してみようかな
確かに↑のとおりですもんね(笑)

ちなみに、1回の産卵で死んでしまうのがsalmonで、複数回産卵できるのがtrout、ただしタイセイヨウサケは例外だ!なんて話を聞いたことがありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省会? | トップページ | ライン変更 »