« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

希にみる好調!

暑さのおかげか?今年の積丹ブリはデイジギング好調!

昨年、一昨年は、夜釣りが本格化してくると、

日中に喰い渋ることがよくありましたが、今年は全般に

夜釣りよりも日中のジギングの方がよく釣れてます。

ジギングフリークにとってはありがたい話です。



ということで、今週末も行ってきました!

画像


少し前の週間予報では傘マーク付いてたけど、いいお天気。

8月下旬ともなると、さすがに朝は肌寒く、

夜明けの風や空からは、北海道の「秋」を感じます。



でも、日が上がったらやっぱまだまだ夏でした(笑)。

画像


カンカン照りでめちゃくちゃ暑い!

飲み物2Lでも不足気味でした(苦笑)。



上の写真みて場所分かる人もいるかもしれませんが、

今回は、積丹岬周辺が潮速すぎたため、かなり遠出しました。



最初、1ヶ月ぶりにお会いしたAKさんに運を持って行かれ

そうになりましたが、途中で運の奪還に成功!(笑)

画像


コンスタントにヒットが続き、なんとトータル7本!

いや、正確にはブリ6本とフクラギ1匹ね(笑)。

ブリのサイズは5~7.5kgとまずまず!

おニューの60Lクーラーでも全部入らないし(笑)。



希にみるというか、こんなにブリ釣れたの初めて。

自分でもビックリです!



これは、朝、クーラーに貼ったステッカーのご利益かも?

画像


ホントは文字の下にも線があるんですが、貼るの失敗(泣)。

赤マジックで線書いたら、ご利益なくなるかな(爆)?



それと、もう一つ。

今までと道具が違います!

画像


何か分かりますか?

船長には一目で気付かれましたが(笑)。



そう手前にあるタックルのロッド(奥のはいつもと同じ)。

ゼニスの新製品「零式スプリント ZS602S-8」です。



これまで使ってた白狼56S-8もいいロッドなんですが、

キャスト時にガイドにラインが絡みやすいのが

以前から気になってました(PEやノットが傷むし)。

また、ロッド全体としては適度な柔らかさなのに、

ティップの張りが強いため、ジグが暴れやすいのも

気になってました。



零式スプリントは話題のKガイドを採用したロッドです。

雑な投げ方をすると、リーダーの結び目が多少引っかかる

こともありますが、絡みはほとんどありませんでした。

おかげでキャストはすごく楽になりました!



ティップは8オンスクラスでも従来より柔らかく、

6フィートとちょい長めのモデルを購入したこともあって、

ジグを弾きすぎないのがいい感じです♪

ちなみに今回釣ったブリはすべて、零式スプリントで

ショートジグをしゃくってヒットさせた魚です

(使用ジグは、剱160-180g、チャクラデルタ170gなど)。



この零式スプリント、お値段もリーズナブル!

上位モデル「零式スプリントカスタム」との違いは、

Kガイドのフレーム(チタンかステンか)とデザインくらいです。

これからロッド買おうと思ってる方にはおすすめです!



ただ、不定期量産モデルなので、在庫切れには要注意

(上位モデルなら在庫切れでもパーツから作ってくれますが)。

2010年8月22日 (日)

3週間ぶりの積丹&5年ぶりのクーラー更新

昨日、積丹へブリジギングに行ってきました!

ほぼ3週間ぶり。8月に入って最初の出撃です。

しかも、前回、ボウズくらってるので、ちょっぴり不安。



予報では波高そうでしたが、案の定、やや時化気味。

積丹岬の周辺も、風が結構吹いてました。

画像


釣りしてる間、天候の崩れがなかったのはよかったけど、

くもりの予報なのに、途中から晴れて日差しがきつかった!

日焼け止め、念のためと思い、塗っておいて正解でした。

でも、飲み物1Lしかなかったので辛かった(泣)。



さて、ブリの方ですが、近頃、型は小さいが魚は多いらしく、

出船後、早い段階から釣れだし、一時はヒットの連続!

でも、なぜか?私にはまったくアタらない・・・。



船長から「ロングの方が釣れてるぞー」とアドバイスをもらい

ジグをナガマサ230gにチェンジすると、すぐヒット!

画像


4~5kgくらいのブリと呼ぶにはちょっと小振りな魚でした。

関東でいうワラサですね。北海道だとフクラギになるんだろうか?



さらに2本パタパタと釣れ、うち1本は6kgクラス。

画像


先月ならアベレージサイズだけど、今日は最大クラスかな(笑)。



日が高くなってからは喰い渋ってしまいましたが、

手を変えジグを替えて、なんとか2本追加!合計5本で終了。



いやー、久々に楽しめました!

型は小振りでも、アタリが多いってのはいいですね~♪

下手すると1日しゃくって1回もアタリないときありますから。



ちなみに竿頭は二人いて、うち一人は常連のYKさん!7本ゲット!

早い段階から、ヒットパターンを掴み、一時、入れ食いだったとか。

「もうクーラーに入らないです」って、途中、休んでましたよ(笑)。

フルに釣りしてたら、10本行ったんじゃないかな?さすがですわ。



********************************************************

≪クーラーの話≫

ちょっと前にブリやタラ用のクーラーの話をしました。



5年前、私がオフショアジギングを始めたとき、最初に買ったクーラーは

リョービの35Lでした(今もマスジギングやカレイ釣りで使ってます)。

友人から「少なくとも35Lクラスは必要だから!」と言われたんですが、

当時は、35Lでも「でけ~!」と感じたものです(苦笑)。

ところが、ジギングはじめて2回目の出撃で、ワラサ爆釣の日に当たり

魚が入りきらないという事態に!で即、ダイワの50Lを購入(笑)。



以来、ずーっと35Lと50Lの二つを使い分けてきましたが、

先日、ついに5年ぶりに新しいクーラーを購入しました!



シマノが新しく出したばかりの60Lクーラー(スペーザホエール)です。

買うか、止めるか?ざんざん迷ったんですが、店頭で実物をさわったら

「やっぱいいわー、これ!」ってことで、ついついリアクションバイト(笑)。

画像


まだ1回しか使ってませんが、新製品だしインプレを少々。

興味ない方は読み飛ばしてくださいね。



サイズ

60Lなのに内寸80cmあります!ダイワ80L、コールマン95Lと同じです!

なので、かなり大きな魚でも斜めにすれば入れられますよ~。

でも、外形はダイワの50Lよりほんの少し大きい程度です。

ブリやタラに使えるクーラーとしては、コンパクトな方でしょう。



一人で持ち運ぶのであれば、ベストな大きさだと思います。

これ以上大きいと、魚いっぱいに入れた状態で、一人で持ち上げる

のはほぼ不可能なので(笑)。



ちなみに、我が家のバスルームにもギリギリ入りました(笑)。

斜めになっちゃうけど、なんとか洗えます!

画像




上ブタ

上ブタは1枚構造になっていて、片側にのみ開きます。

画像


ダイワ50Lは、左右どちらにも開くとか、半分だけ分割開閉できるとか

なかなか便利なんですが、フタが閉まりにくいという問題点があります

(知人に貸したら、無理に閉めようとして壊されそうになった)。

スペーザホエールは、誰が使っても普通に開け閉めしやすいです。

釣りしてる間は、いちいちロック掛けなくても大丈夫な構造ですし。



あと、50Lを超える大型クーラーだと、フタが取り外せない構造の製品

ばかりですが、このクーラー、ヒンジの部分から簡単にフタが外れます。

画像


狭いバスルームでクーラー洗うとき、すごく便利です!



水抜き栓

二つあります。水抜き効率がいいってことらしいです。

画像


それよりも、私はワンタッチで開閉できることに感動しましたよ!

画像


今まで使ってたクーラーはすべてスクリューネジ式のバルブでしたが、

このクーラーは、つまみを90度ひねるだけで水抜き栓が開きます!

いやー、水抜きするの楽になったわー。



その他の機能

・キャスターがでかいです!運搬時に楽です。

・ハンドル。上向きか下向きの状態で軽くロックするようになってます。

 下向きで固定すれば、ブラブラ動かず邪魔になりません。

・サイドロック。水漏れしないよう上ブタの横をロックできます。

 ロック解除時、留め具は邪魔にならないよう下向きで固定できます。

・一応、抗菌仕様らしい(内側のみ)。



ラインナップ

保冷力の異なる3モデルがあります。

下位のLIGHTではI-CE値(保冷力を表す値)が48h、中位のBASISで59h、

最上位のLIMITEDでは75hとなっています。

I-CE値は、おおざっぱにいえば、容量の20%の氷が室温31℃で何時間

保つかを示した数字らしいです。



クーラーは長く使うものなので、できれば保冷力の高い製品を買った方が

よいと私は考えていますが、さすがに最上位のLIMITEDだと予算オーバー

なので、中位モデルのBASISにしました。

もうしばらく使ってみないとハッキリしたことは言えませんが、

今のところ、ダイワ50L(保冷力2.2倍(当社比)のやつ)と比べても、

氷がすぐ融けて困るという印象はありません。

2010年8月10日 (火)

お盆の帰省

080810kisei

今、苫小牧港を出港しました。
夜には岩手の実家にたどり着きます。

明日から、お盆の準備でいろいろ大変。
釣りも一時お休みです。ではでは。

2010年8月 8日 (日)

北海道最南端にて

先輩たちと松前までクロマグロの様子見に行ってきました。



いつも直前に「行くぞ!」と連絡入ること多いんですが(苦笑)、

今回は半月以上前から分かってたので助かりました~。

画像


去年の夏は、時化のため、道の駅でマグロ三色丼食べて

終わりでしたが(泣)、今回は一応出船しましたよ!



とはいえ、風がやや強く、松前小島方面へは走れないので、

松前の真沖と白神岬の間、近場のみでやってました。

白神岬は、北海道最南端で、めちゃくちゃ潮の速い場所です。

画像


残念ながら、マグロは気配すらなしでしたが、

ブリ、フクラギは結構いて、3人で10匹くらい釣りました。

すべてミノーのトローリングです(※)。



マグロ狙ってかなりの速度で引っ張ってたのに、

ブリ、フクラギが次々にヒットしてビックリしました!

結構食いついて来られるものですねー。



次回があるとしても、諸事情により10月以降になりますが、

その頃、仕事も忙しいと思うので、果たしてどうなるか。

なんとか、マグロの顔が拝めるとよいのですが。





※ 北海道では、海域でのトローリングは許可持った漁船しか

  できませんので要注意。

2010年8月 1日 (日)

こてんぱん

日曜日に仁成丸さんでブリジギング行く予定でしたが、

また大雨&時化の予報らしく、金曜夜に早々と中止のお知らせ。

でも土曜の午後なら乗れるとのことだったので、行ってきました!



仁成丸さんで午後便に乗るのはたぶんこれが初めてですが、

茨城にいた頃はよく午前・午後通しで乗ってました。

午後便は、真っ昼間に釣り開始するので、普通は日が傾くまで

アタリ少ないですが、夕マヅメにはわずかな時間に爆釣することも!



とまあ、期待して行ったのはいいんですが、

実は、前日の晩が飲み会だったため、結構ふらふら(苦笑)。

周りをみると、他にもお疲れでフラフラの人達が(笑)。

画像


本日、絶好調のAK氏(右)は、遠方から来て、しかも午前・午後通し!

午前中は、ロッドばらばら事件とかいろいろ大変だったようです(笑)。



相棒さん(左)にいたっては、昨夜からずーーっと乗ってるとか(爆)。

いつも元気な相棒さんも、さすがにふらふらしてました(苦笑)。



もちろん船長もずっと乗ってるわけですが、意外に元気っぽい?

この人、めちゃくちゃタフですわ(笑)。


画像


さて、釣りの方ですが、雰囲気はよかったんですが、

どうにも喰いが悪いようで、アタリが少ないうえ、せっかくヒットしても、

すっぽ抜け多発!みなさん、かなり苦戦してました。



そんな中でもAK氏は、「もうバッテリー切れ」とか言いながら、

しっかり2本獲ってました!午前中も調子よかったようです。

ちなみに、ヒットジグ、全部、剱(つるぎ)だとか。

きっと、剱の大人買いで、剱の神さまが降臨したんでしょう(笑)。



さて、私はというと、ブリはまったく掠りもせず(泣)。

やっとヒットしたヒラメも水面でポロリ・・・。

夕マヅメに期待したんですがねぇ、ダメでした・・・。

見事?、ノーフィッシュです(大泣)。

画像


シーズン開幕から前回まで、ボウズ逃れを続けてきましたが、

いよいよ運を使い果たしてしまったようです(涙)。

これから先、ボウズ街道まっしぐらだったりして(汗)。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »