« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月28日 (火)

新緑の渓流

半月ぶりに渓流行ってみましたが、
雪融けが終わり、流量もすっかり
落ち着いていました♪

Dscn0888
朝二に起き、朝三から釣りですが何か(爆)?
ぬくい!っていうか、むしろ暑い(汗)!
私、履けるウェーダーがネオプレーン一つしかないんで、
この先、大いに不安です(爆)。

他の沢がいまいち魚影薄い感じなんで、
結局、前回釣った沢の下流区間に入りました。

そうそう。すっかり失念してましたが、
野外にはブユとかがいるんですよね~。
虫除け忘れて、いきなり刺されました(泣)。

ほどなく1匹目!

Dscn0885
しかし、魚が少ないのか?
食いのよい時間を外してるからか?
はたまた私が下手なだけか(汗)?
よいポイントを流しても反応のないことも多々あり、
なかなか数が伸びません(困)。

それでも、しばらく釣り上がってくと、
25cmの良型ヤマメをゲット♪ラッキー!

Dscn0893
写真撮ってませんが、イワナもぽつぽつ混じってます。
さらに上流で11時頃もう1匹25cmをゲットし終漁~♪

Dscn0897
ま、数はいまいちだけど、
良型ヤマメ2匹釣れたんで、よしとします(笑)。

**************************************************

少し前の話ですが、雪が消えるのを見計らって、
すごい久しぶりに、実家の山の畑を見に行ってきました。

確か祖父さんのとき、山の緩斜面を開墾して作った畑で、
私が物心ついた頃から、葉たばこ栽培に使っていました。

Ca3i0356
でも、ここ20年くらい使われていないので荒れ放題に・・・。

この畑へ行く道(軽トラくらいの幅)も荒れ放題で
倒木もあり、通行不能なため、途中から徒歩でした。

Ca3i0358
かつて農作業小屋が2~3棟あった場所。

子供のころはよく手伝いに連れてこられ、畑の斜面で耕耘機を
引っ張らされたり、体中ヤニまみれになりながら色づいた葉を
収穫して回ったりと、楽しい思い出はあまりないけどさぁ・・・

北海道でも、似たような風景をたくさん目にしましたが、
さすがに私も複雑な気持ちになりましたよ(苦笑)。

よくも悪くも、時が経つと色んな風景が変貌していきますね・・・。

2013年5月24日 (金)

意外と近い?

近ごろ、ネタもなく放置気味のマイブログ(汗)。

寒暖の差大きく、先週、実家で風邪引いちまいました。
なんとか治りましたが。
そんな体調ビミョーな中、東京へ出張してきました。

Ca3i0006
Ca3i0008
某有名私立大学。
学生街とか、狭い路地にいろんな店があってすごい濃密!
この雰囲気は北海道や東北にはないなぁ・・・。

それはともかく、暑い~(泣)!
こりゃ、札幌の6月下旬並みだな(爆)。
汗だくでかえって風邪がこじれそうでしたわ。

Ca3i0011
Ca3i0010
これが新幹線です!↑えっ、知ってる?
ま、私も乗るの7年ぶりくらいでしたが(汗)。
2時間半で盛岡着くので、結構近いかも。
かといって日帰り出張は嫌だけど(笑)。

そういや、盛岡来てからアマゾンの荷物も
翌日届くようになったなー(笑)。

Ca3i0015
岩手山。今日もきれいです♪
そういや、札幌にいた頃は周りが坂道ばっかだったけど、
こっちは平らな場所が多くて歩くの楽になりましたね。
特に下り坂は苦手。足の関節痛めるので(苦笑)。

2013年5月14日 (火)

三寒四温?

盛岡は、桜もほぼ終盤です。

Ca3i0005
先週までは、まだ寒い日の方が多いような感じ
でしたが、昨日、今日はよいお天気ですよ。
日向にいると暑いくらい♪

さて、釣りの方ですが、
GW後半は実家におり、天気も悪かったもんで
ちょこっと様子見に行った程度でした。
まー、状況は悪かったですね~。

この前の日曜、少しは活性上がったべか?と
また様子見に行ってきました。

Dscn0847
前日からの冷たい雨が残り、寒い朝でした。
魚よりも人間の活性が低下します(苦笑)。

相変わらず増水気味で、魚が付けそうな流れも
少なく、最初、全然アタリありませんでした。
それでも、あちこち移動しながら探ってるうちに、
多少、魚の反応が出る区間を発見!

Dscn0849
Dscn0853
Dscn0855
型はいまいちだけど、ぽつぽつ釣れました。
日が高くなり、食いが止まったところで終了。
流量が落ち着けば、もっと釣れるのに・・・。

帰りは、遠回りして山の中をドライブしてきました。

Dscn0859
Dscn0872
多少は身の回りも落ち着いてきたので、
もう少ししたら、ぼちぼち遠出もしてみるかな?

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »