« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月26日 (月)

ニューロッドとデジタル魚拓

土曜日、久しぶりに釣り行ってきました♪
またまた陸奥湾マダイです(苦笑)。

前回は、一つテンヤでよい思いしましたが、
今使ってるロッド(炎月225MH)じゃ、
しゃくりのストロークが短く、竿先が硬すぎる感じ
だったんで、テンヤロッドもう1本買いました!

Dscn1058
GKJ-S842M/TENYA
私としてはめずらしくメジャークラフト謹製(笑)。
初戦の印象は、長すぎず、柔らかすぎずって感じで、
まあまあ使いやすいかな~と思いました。

さて結果ですが、今回もかなり苦戦しましたが、
なんとかテンヤのカーブフォールで1枚ゲット!
56cmの食べ頃サイズでした♪

ちなみに餌は、エビでなくスイムシュリンプ(苦笑)。
エビ餌は、全体に不調な日でした(泣)。
どっちかというとイソメの方がよかったかも。

あ、今回はカメラ忘れたので、写真なしで(爆)。

***************************************************

帰宅すると郵便受けに怪しい手書きのメモが!?
宅配業者さんの不在連絡(メモ用紙に直筆)でした(苦笑)。

翌日、その荷物を受け取りました!

Dscn1050b
前の釣行で釣ってしまったモンスターマダイの魚拓
自分が釣った魚とは思えんほどにカッコイイ(爆)!
しかも、額縁の幅1m以上あるんで、デカイわ~(汗)。

この魚拓、普通のというか本物の魚拓とは違います。
写真をコンピュータ上で画像加工したデジタル魚拓です。

モンスター釣ったとき、船長に
「記念に魚拓を取った方がいいですよ!」
と言われたけど、きれいに取るのは結構大変なようで、
出張直前で時間もなかったため断念(悲)。

しかし、ウェブ検索中にデジタル魚拓の制作をおこなってる
専門業者さんをいくつか発見!それぞれ特色ありますが、
今回はフィッシュアートさんに依頼していました。
私がお願いした昔ながらの魚拓っぽい墨タイプのほか、
もっと写真っぽいリアルタイプ(カラー)もあります。

今晩は、魚拓をどこに飾ろうか考えながら、
釣ったマダイを肴に飲んでいますよ~♪

Dscn1059
すごく奮発してエビスベアレン(盛岡の地ビール)♪
いつもはもちろん第三オンリーですが(苦笑)。

そうそう~、エビスといえば釣りの神様

Ebisu
Dscn1020
結構、いい感じでないかい(爆)?

2013年8月19日 (月)

ネタがないよ

ようやくお盆ウィークが終了しましたね・・・(疲)。
先週末からほぼ実家にこもっていた感じなんで
特に面白いネタもありません。

お盆前の週末は実家の掃除、片付け、草刈りなど。
13日に祭段組み立ててお供えして、夕方に墓参り。
14日は親戚回りして、夕方に墓参り。
15日はお客さんも少なく比較的ヒマ♪&墓参り。
16日は仏様におはぎを上げてお盆終了&片付け!
17日はフリーにして散髪&釣り具屋巡り(笑)。
18日は再び実家にて、草刈りや片付けなど。
毎年のことだけど、お盆中は暑かった!

あと、実家にいる間はずっと年寄りの世話があります。
前から体は不自由だけど、最近、呆けてきたのか?
夜中のトイレが特に大変に・・・(困)。
よろよろ歩きで危なっかしいのに、止めるのも聞かず、
暑い中、外に草むしりや野菜取りに出る人も(困)。
耳がすごく遠いので意思疎通も大変。
ときどき、姉もぶち切れています(苦笑)。

実家とはいえ、10日近くいると疲れますわ・・・。


PS. そういえば、お盆の晩に変な夢みた。
   某Pさんの正体・・・・・目玉おやじ(爆)。

2013年8月 5日 (月)

人生、まちがいだってあるさ~

<初めての下北半島♪>

一月ほど前、道南に住む(?)快遊魚さんから
陸奥湾でのマダイ釣りのお誘いがありました。
彼は元青森県民でマダイ釣りのエキスパート!

我々、なぜか二人そろって船を予約すると中止になるという
ジンクスがあり、一緒に釣りしたの小樽ニシンくらい(苦笑)。
で、今回はなんと!奇跡的に出船できました(爆)!

釣行当日の早朝・・・つーか、まだ深夜?
むつ市にあるフィッシングハウス・キヤの前で待ち合わせ。

Dscn1001
盛岡から4時間。ね、ねむい・・・!
冬にもまた下北に来ようと思ってますが、挫折しそうですわ。
少し仮眠してると快遊魚さん登場し、すぐお店も開店。
エサやらルアーやらを調達し港へGO!

この日は、むつ市浜奥内港の漁船にお世話になりました。
快遊魚さんがいつも利用する船だそうですが、遊漁で出船する
わけではなく、ホタテ養殖の作業船に便乗させてもらい、
マダイ釣りをさせてもらうというスタイル。

Dscn1007
Dscn1009
養殖施設に着くと、ノシというロープ(ケーブル?)に船を
固定して、漁師さん達はいろいろな作業をおこないます。
その間、作業の邪魔にならない場所で釣りさせてもらいます。

Dscn1008
Dscn1010
快遊魚さん、2lbフロロでファイト中!さすがやね~。
あ、私の釣果は聞かないでください(爆)。

この付近は、私がよく行ってる浅虫沖より水深が浅く、
潮も緩い感じでしたが、参考になる部分はたくさんありました!
やはりマダイは軽い仕掛けの方が断然有利のようですね。
1.7gのあるモノでやったときは、目からウロコでした(笑)。

***********************************************************

この日、私は野辺地という半島の付け根あたりの街で宿泊でした。
青森方面はねぶた祭のため、どこのホテルも旅館も満員御礼で(泣)。
帰港後、解散するとき、快遊魚さんが
「野辺地の船宿というお店で、ぜひカツ定食食ってください!」と。

さっそく行ってみました(笑)。

Ca3i0074
海辺にあるちょっとおしゃれなお店?
漁師の番屋みたいなのを想像してました(爆)。

そして、カツ定食(\1000)登場!

Ca3i0076
カツの幅30cmくらいあるんですけど(汗)?
つーか、お櫃のご飯、4合くらいありそうですが・・・。

カツは結構美味しかったですよ♪量を除けば(爆)。
ご飯は・・・全部、食えるわけねぇ-!!

ともあれ、カツだけは完食し、無事?旅館へ。
き、気持ち悪っ~(苦笑)。

手早く明日の準備(何のだ?)して、明るいうちから爆睡!!

**********************************************************

<怪物ちゃん>

翌日もやっぱり?海の上に(笑)。浅虫沖です。
船は最近よくお世話になっている鯛神楽さん

そういや、前日の夕方、ニュースでやっと梅雨明けしたって
云ってたけど、朝から梅雨時期みたいな曇天(汗)。
ま、でも風が東(ヤマセ)でなく西寄りなんで大丈夫かな?

や、やっぱり食わない・・・(汗)。
私だけでなく他のお客さんも。さらに他の船もダメ。
そのうち潮が完全に止まってしまい、ダメ具合が加速(泣)。

仕方ないので、潮が流れやすい浅場でチャリコ狙い。
ここで釣れなきゃ、もう行く場所ないよ!ってなポイントです。
しかし、べた底でアタリは多数あるものの、食い込まない~!
やっとの思いでチャリコ1枚だけゲット(苦笑)。

ま、まずい・・・完全にいつもの玉砕パターンだ(滝汗)。
前日の快遊魚さんとの釣行を参考にして、いろいろ工夫
しているのに、いまだ成果はみえませんね~。

10時過ぎくらいだったか?船長が
「そろそろ沖の潮が動き始めると思うから、沖に戻ります」
向かった先は、僚船である釣り船鯛将さん(福運丸)のお隣。

Dscn1017
釣りさせてもらってるノシも鯛将さんとこのらしい。
余談ですが、鯛将さんのブログは下ネタがすごく面白い♪
いつか乗ってみたいものです(笑)。

さて釣りの話ですが、ポイントの水深は40数mだったか?
3号テンヤでライン45m前後で着底します。
この日は底付近にマダイの反応が多い感じだったので
べた底を基本として5m上までの範囲をテンヤ(+エビ)で
探っていました。リフト&「超スロー」フォールって感じ?

底から数m上でテンヤをゆっくり落としていたとき、明確な
マダイのアタリが!そしてテンヤは即アワセ(と云われてる)!
・・・見事にアワセ損ねました(泣)。

めげずにそのままテンヤを落とし続けると
・・・竿先が少し押さえ込まれるような感じ?
「とりゃー!!」思い切りアワセてみた。
どした?動かないぞ?まさかロープか漁網(汗)?
船長:「根掛かりですか~?」
でも少し巻ける。いったい何だろう?

5~6m上げたあたりで、突然、何かが走り出しました!
一気に30mくらいライン出ました(汗)。
相手は自分が釣られてることに気づいてなかったらしい(苦笑)。

大きい魚には違いないですが、マダイらしいガンガンという
竿を叩く引きでもないため正体がよく分かりません。
青物とも違う感じだし、まさか○ャークか(汗)!?

一進一退の攻防が10分以上も続いたでしょうか。
これで、シャー○だったら面目ないな~と思いながら、
ついにリーダーが入った!
船長:「リーダー来ましたね!何mですか?」
ハム:「すみません!20mあります(爆)!」

そんな長いリーダーも速効で半分以上回収(魚、疲れてるので)。
さあ、魚影はいったい何色だ?・・・白い!マダイだ!
水面にぽんっと浮かび上がったのは、まさかの大ダイ!!

Dscn1016
なんと91cmありました!
船長も90オーバーをじかに見るのは初めてだとか。
鯛神楽さんの大ダイ記録も更新だそうです!

Dscn1020
重さは8.5kg(自宅にて)。産卵後のメスでした。
このクラスで釣れるのはオスが多く、メスは珍しいそうです。
産卵前なら9.5kgくらいあったかも(苦笑)。

90オーバーは陸奥湾でさえ滅多に釣れないサイズで、
皆さんが当面の目標にしてるのが80オーバーだそうです。
そんなモンスターをマダイ釣り始めたばかりの私が釣り上げた
ってのは、ちょっと申し訳ない気もしますが・・・

それでも、うれしい~!!

この魚を無事ゲットできたのは、本当にいろいろな運が
味方してくれたおかげだと思います。釣り座はノシから離れた
ポジションだったし、魚もノシに向かって走らなかったし、
直前にトラブルあってリーダーを新品に交換してあったし。
ま、ちょっと魚運使いすぎたんで、たぶん次は3連敗とかかも
しれませんが、それもいいさぁ~♪一生の思い出できたしね!

なお、この後50~60cmクラスを2枚追加(べた底)して終了。

Dscn1021
この日はダントツの竿頭でした♪
なお、今まで竿頭3回、残りすべて玉砕という極端な釣果(苦笑)。
えっ、勝率?計算したらダメさ。涙が出てきます(泣)。
これからは、もう少し安定した釣果が出せるよう精進しますわ。

Dscn1025

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »