« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

2015タラジギ2戦目

また、三陸のタラジギングへ行ってきました!
今回はY氏とKIYOさん3人広進丸さんに乗船。
KIYOさんとは陸奥湾以来2回目で、Y氏とKIYOさんは
初対面でしたが、お互い楽しく釣り出来たと思います♪

西高東低に強い三陸も、最近、時化が続いてたようです。
この日も南風が強まる予報のため、場合によっては、
本命ポイントへ入れず、早上がりもあり得るかな?と
覚悟して行きましたが、なんとか昼まで保ってくれました。

Dscn1890
まあ、ウネリは結構あったので、若干、釣りにくいのと、
人により気持ち悪くなるのは問題でしたが(苦笑)。

この時期のタラは産卵後の個体が中心で、食い気が強く、
入れ食いになることもめずらしくありませんが、
この日は状況が異なり、ポツリポツリのヒット。

Dscn1886
私はジグを取っ替え引っ替えしたり、棚を変えてみたり、
あれこれやってましたが、これはこれで結構楽しい(笑)。
船長も、あちこち移動しながら、食い気のある反応を探して
くれたので、最終的にはクーラー(60L)も満タンに!

Dscn1894
下は、Y氏が釣った良型タラちゃん。

Dscn1896
特別大きいのは釣れなかったけど、まずまずの型が多く
楽しめました♪(それでもご家庭のキッチンには大きすぎ?)。

まだ東北で10kgオーバー釣ってないので、釣ってみたいと
いう気持ちもあるものの、帰宅後のことを考えると
ちょっと躊躇してしまいますね~(苦笑)。
夏なら、外の流しを使うけど、まだ冬なので雪に埋もれてる・・・。

来月以降は、ちょっと本命の魚種を変えてみたいなと思います。
まー、思ってるだけなので、結果的にクーラーの中身はさほど
変わらないという可能性も高いのですが(苦笑)。

2015年2月11日 (水)

2015三陸タラジギング

今日は一年ぶりにタラジギングに行ってきました!
タラ釣り初めてのKIKUちゃん半強制的に道連れにされ、
「沼津タチウオのリベンジ!」とか言ってました(笑)。

夜明けに、広進丸さんで崎浜港を出船しポイントへ。
南風がやや強いものの、さいわい釣りには問題ない程度。

1
タラというと、かなり沖まで走らないとならないイメージですが、
この付近は海岸から急深で、近い場所で釣れるので助かります♪
今日釣りしたポイントも水深115m前後が多かったです。

2
5
明け方はポツポツの喰いでしたが、何度か移動を繰り返し、
日が上がってきた頃から、一時はほぼ入れ食いに!
ジグ落とせば、すぐヒット!タラちゃん、テンション高すぎ(笑)。

3
4
GTと呼べるほどの魚は釣れませんでしたが、
まあまあのサイズが4本ほど釣れました♪

6
不思議と良型のタラは、写真のコモジグ広進丸オリカラ
ばかりヒットしましたね~。他のジグでもタラは釣れるんですが、
あまり大きいのは釣れませんでした。
次回、コモジグの他のカラーも買って試してみようかな。

終盤は朝食タイムが終了したのか?再びポツポツの喰いに
なりましたが、それでも全員がクーラー満タン(それ以上?)に。
私はクーラーが小さめだったため、一部入りきらない魚が(苦笑)。

7
8
KIKUちゃんも、クーラーいっぱいにタラ釣ってました(笑)。
無事にリベンジは果たされたようで、よかった♪よかった♪

しかし、帰港後・・・
クーラーが重すぎて一人じゃ持ち上げられない事態に(爆)。
ま、全員のクーラーがそういう状況だったので、お客さん全員で
協力して、なんとか岸壁まで持ち上げましたが(苦笑)。

2015年2月 8日 (日)

撃沈(泣)

またまたまた、
沼津までタチウオ釣りに行ってました(苦笑)。

今シーズンは前回で終了のはずでしたが、KIKUちゃん
二人して「これじゃ悔しくて終われないよ!」ってことで、
急きょ、予定をあれこれ調整し、リベンジ行ってきました。

ただ、困ったことに、先週くらいからエサ釣り好調だけど
ルアーは激シブらしく、リベンジどころかお土産の確保すら
危ういという状況に・・・(汗)。幸松丸の船長に相談して
結局、エサ釣りの準備もしていきました(苦笑)。

が!出発後に釣果情報をみて、ビックリ!
前の晩は、食い渋ってエサでも釣れなかったとか(滝汗)。
いや~な予感がしますが、今さらどうしようもないので
状況の好転を祈りながら、沼津へ向かいました。

Dscn1857
いつものように夕方前に出船し、千本浜沖へ向かうと
すぐ沖合に鳥山の下で飛び跳ねるイルカ軍団が!
タチウオの食い渋りの原因って、こいつらかも(汗)。

Dscn1858
夕方、まだ明るいうちは沖目の水深140mラインから
スタートし、暗くなってから100mより浅い棚に移動。

しかし、どの船も食い気のないタチウオの反応に
攻めあぐねているようで、頻繁に移動を繰り返していました。

私は最初、ジグでやり、天秤ワーム仕掛けを試し、
そしてとうとうエサ(サンマの切り身)へチェンジ!
ライトタックルタチウオとかオモリグと呼ばれる釣り方。

タチウオでは、はじめてのエサ釣りです(苦笑)。
とはいえ、エサでもほとんどアタリなく、たまにコツッと
来ても、エサの端っこを突いてるだけで食い込まず。

結局、1本目が釣れたのは、3時間以上経過し、
60mとか40mの浅場へ移動してからでした(汗)。
しかし、その後も喰い渋いのは変わらず、釣果も横ばい。

周囲をみると、エサ釣り師より、意外とジグやアンチョビで
頑張ってるお客さんの方がまだヒットは多いような気が?
終盤になって、私も我慢できずルアーに戻しました(苦笑)。

すると・・・ジグのフォールで、いきなりズドンッ!!
しかも、強烈な引きに締め込んでたドラグがジリジリと(汗)。

Dscn1862b
上がってきたのは指6本クラス!(私の指でも余裕で5本)
久々にドラゴン級釣りました♪駿河湾では初めてです。
さっき自宅で全長測ったら、121cmありましたよ!

その後、数本ジグで追加したものの、月が高くなってからは
まったくアタリなくなり、そのまま終了(泣)。

Dscn1864
釣果は、リリースサイズ1本含めても、たったの5本。
この日は、一人を除いて、ほぼ全員が一桁の釣果という
どえらい厳しい日でした・・・(泣)。撃沈でございます。
ドラゴン獲れたのが唯一の救いか・・・。

さすがにあきらめ付いたので、今年はホントに終了(苦笑)。
リベンジはまた来年に!

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »