« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月17日 (日)

2016初タラジギング

三陸は大船渡沖へ初タラジギに行ってきました。

例年2月頃から産卵後の荒食いで爆釣するのですが、
白子や鱈子入りのマダラが釣れるのは普通1月まで。
昨シーズンは1月に行きそびれてしまったので、
今年は1月中に1回くらいは行きたいと思ってました。

Dscn2210
釣友のY氏も誘って二人で広進丸さんへ。
一緒に釣りするのは3ヶ月半ぶりです。

ほかに三陸在住のH氏は二日連チャンで出撃(笑)。
岩手に戻ってからできた数少ない釣友の一人です。

Dscn2213
Dscn2214
さっさと白状しますが、釣りの内容の方は、
またもや醜態をさらしてきました(苦笑)。
一人で船の釣果を下げてたような気も・・・。

この時期は産卵で食い渋るため、
結構難しいとは聞いてましたが、
「よし!気合い入れて頑張るぞ!」
・・・って、何の対策もない(爆)。

北海道は釧路沖で覚えたタラジギスタイル
そのままで挑みましたが、食いが浅く、
ショートバイトばかりで大苦戦。

ポイントは水深120m前後でしたが、
500gのジグではほとんどアタリもなし。
コモジグSB375gに変えて、ポツポツと
アタリが出だしましたが、ロッドが堅すぎ
食い込まないし、すっぽ抜けや口切れも多発。

対して、お隣でやってたY氏は、
スロジギタックルに軽めのジグで絶好調!

やっぱシビアの状況では、食い込み重視
タックルでないと厳しいと感じた一日でした。

それでも、最後の最後に、まあまあのサイズを
獲ることができたので、ホッとしました♪

Dscn2218
6、7kgくらいのお腹パンパンのタラちゃん。
絶対、卵入ってるな~と思ってたら・・・
なんとオス!

Dscn2220
どんぶり満杯の白子~♪こんなの初めて(笑)。
白子入りのタラ釣ったのも、6、7年ぶり。
最高にうれしい1本でした♪

さっそくポン酢で食べてますが、まいう~♪

ちなみに、私の釣果で白子入りはこれ1本のみ。
鱈子入りは残念ながらゼロ。
Y氏の方は鱈子が大量!白子はゼロってことだったので
さきほど自宅へ行き、物々交換してきました(笑)。

Dscn2221
こちらは明日、煮付けにしようっと♪

2016年1月12日 (火)

真冬の連休釣行

 <初日&二日目>

本州に戻ってから、この時期の恒例行事となってしまった
駿河湾のタチウオ釣りに今年も行ってきました(苦笑)。

今回は私とKIKUちゃんの他、
KIKUちゃんの釣り仲間のBunさん、Wさんの4名で出撃!

Photo
私も一人誘ったけど、「冬の夜釣り、寒そう!」
と断られました。賢明な判断でした(爆)。

船はいつもの幸松丸さん(沼津市静浦港)。
いや~、東北から来ると沼津は温いなぁ♪

Photo_2
Photo_3
実は、前日、松坂船長から電話があり、
「日曜は時化だし、土曜も微妙だけど来るの?」
言われてましたが、とりあえず土曜はばっちり凪ぎに♪
と、ここまでは良かったんですが・・・

Photo_4
残念ながら、富士山はお留守(隠れてるだけだけど)。

最初、明るいうちは100mラインから始めましたが、
ま、そう簡単には釣れず、タチウオの反応探して
あちこち移動。暗くなって、船の照明点灯。

さあ、いよいよか!
と思いましたが・・・最後まで時合い訪れず。

超超!激渋!

Photo_5
あまりのアタリの無さに、途中からエサ釣り(オモリグ)
に変えてやりましたが、それでもアタリ少なく、
エサ釣りに慣れてないので、食い込ませるのも難しかった。
群れが薄すぎるし、喰いも微妙。

結局、エサで4匹釣っただけで終了(泣)。
ありえん・・・!1月の沼津でこの釣果は・・・。
ジグオンリーなら、ボウズの人も居たかと(怖)。

仲間うちでボウズが出なかったのが唯一の救いか(苦笑)。

Photo_6
帰港後、船長が「写真撮るから魚持って並んで」と。
思わず「今回は無かったにさせてもらえませんか?」
口に出そうになりました(爆)。

で、翌日はやはり時化で中止。
なぜか1月の三連休の中日って、必ず時化るんです。

同行者も今回の釣果には不満いっぱいなので、
リベンジの機会あれば行きたいと思ってるようですが、
果たして今後、釣果が上向くのかどうか・・・。


<三日目>

沼津からの帰る途中、あまりに悲しかったんで
連休最終日にどっか釣り行けないかとスマホで
三陸の遊漁船の出船予定を調べてました(笑)。

んで、結局、大船渡へイカジギングに!
もうイカは終わりのつもりでしたが、思いがけず
リベンジの機会が訪れました(笑)。

お世話になるのは小石浜の億幡丸さん

Photo_7
昨春、一度、サクラマスジギングでお世話になりましたが、
大型船(第十八の方)に乗るのは初めて。

Photo_8
Photo_9
陸風とはいえ、結構、風強く波立ってましたが、
船がどっしりしてるので全然揺れません!快適♪

夕マヅメ、ポイントに到着してアンカリング。
この日は普通の「夜イカ釣り」での出船でしたが、
イカジグでもOKとのこと。

まだ明るいですが、ジグを落とすとすぐアタリ!

Photo_10
良型のヤリイカ様~♪
ジグでなく、上に付けた魚針(青)ですが
立て続けに3連発でした。

いい日に当たったなぁ~♪と思いきや、
その後は・・・

サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ、サバ、
サバ、サバ、サバ
・・・・つ、疲れた。

サバの大群が襲来し、上から底までサバ地獄(怖)!

いや、普通のジグなら、うっとうしいだけですが、
やたら喰い良すぎて、イカ針をばっくり!
喉まで丸呑みするから、エラから出すことも出来ず・・・。

なんで、こんなにサバ大量に居るのかと思ったら、
イワシの大群が来てました。で、水面にはカモメの大群が。

Photo_11
こんな状況じゃイカも逃げてしまい、ろくに釣れず・・・。
結局、ヤリイカ6杯、スルメ2杯と前回より貧果(苦笑)。

Photo_12
ま、シーズン最後に良型ヤリイカ釣れたから良しとするか!
やっぱりヤリイカの刺身、旨いです♪

2016年1月 1日 (金)

2015ラスト釣行

今年は実家でひっそりとお正月を迎えています。
昨年は身内の不幸があって秋以降ほとんど釣りに
行けませんでしたが、今年は行きたいですねー。

年末の話になりますが、大船渡へイカジギング
行ってきたので、久々に釣りの報告を。

今回は夕方出船の夜釣りなので、ちょい早めに出て
お風呂に入ってから行きました。寒くなってきたら、
ヘルニア抱えてる首の具合が・・・(汗)。

大船渡には碁石海岸の近くに大船渡温泉もありますが、
出船する越喜来湾から離れてるので、近くにある
夏虫のお湯っこ」という入浴施設へ。

Kimg1821
Kimg1823
残念ながら天然温泉ではないですが、400円と安く、
思ったよりお客さん多かった。

Kimg1825
なぜか入口脇の池でチョウザメが飼育されてます。
種類書いてなかったけど、何チョウザメだろう?

今回お世話になったのは小石浜のやまきゅう龍神丸さん
実は数日前にも崎浜の広進丸さんで昼イカの予定でしたが、
出船時間になっても風が治まらず結局中止に(悲)。
せっかく専用竿まで買ったんで、今回出られてよかった(笑)。

Dscn2178
15時に出船。
龍神丸さんは春のマスジギ以来2度目の乗船です。
あ、そういえば、そろそろマスの予約も入れないと(汗)。

Dscn2179
岬の先端まで行き、アンカリング。水深50~60m。

やはり夜釣りだと、回遊ルートにアンカリングして
群れを待ち受けるスタイルが主流のようです。
積丹の夜ブリ、沼津の夜タチウオも一緒ですね。

夕マヅメ、そして潮通しのよい岬の先端部ってことで
釣れそうな雰囲気満々でしたが・・・
開始から2時間、はっきりしたアタリなし(汗)。

ようやく1杯目が釣れたのは17時でした。
ナイスサイズのスルメちゃん。べた底でヒット。

Dscn2181
ホントはヤリイカが釣りたかったけど、
激渋でほとんど釣れませんでした(泣)。
他船でも、普通のイカ仕掛けではポツポツ乗るけど、
イカジグではさっぱりとのこと。

さいわい夜が更けてからスルメイカの喰いが立った
おかげで、かろうじてツ抜けだけはできましたが(苦笑)。

うーん、乗り悪い日のイカジギングは難しい。
竿先の怪しい動きは、とりあえず全部アワせましたが、
空振り9割以上(爆)。明瞭なアタリでアワせても
乗らないので、タイミング悪いんかな?

残念なことに、今シーズンはもう終盤なので、
来シーズンこそはがんばってリベンジしたいです!

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »