« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

ノックダウン寸前

結構な波と風でございました(苦笑)。

今シーズン最初のマスジギングで下北は尻屋崎沖へ行ってきました。
まぁ、予報通りではあるのですが、なかなかの荒天でしたね~。
正直いうと、内心、中止にならないかなと思ってました(爆)。

でも、そこは時化に強い下北の漁師と船!
正盛丸の船長は前日電話くれ「明日は出ます!」と(汗)。

天気悪そうなんで、道路状況も少し不安で早めに出ましたが、
案の定、盛岡~八戸と六カ所から先の道路が雪道に。
東通村に入ってからはアイスバーン+粉雪でツルツル(汗)。

6時前くらいに出船し、沖のポイントへ!
・・・向かったのですが、ちょいとトラブル発生。
ポイント近くから港へまた引き返し、別の船で再出船(汗)。

Dscn2316
なんだかんだ2時間半以上?時化の海上で揺さぶられ・・・
久々に船酔いでダウン(泣)。睡眠不足も効いたかな?
瀕死のトドがキャビンに転がってるような光景だったかと(爆)。

Dscn2313
ふらふらで、マーライオン一歩手前の状態でしたが、
一応、釣りは最初から最後までやりました!

ちゃんと初物をゲットです♪

Dscn2318
なーんて・・・
はっきりマスと分かるアタリ、この1回だけ(悲)。
あとは中サバが少々釣れたくらいで終了。
ボウズ喰らわずすんでホントよかった~(ホッ)。

後で聞いたら、この日は全体にどの船も厳しかった様子。
たぶん多くのお客さんはマス0~2本かと。
そんな中でも、竿頭は5~6本も釣ったとか!すごいですね~!
私も、もう少しアタリ出せるように工夫しないとなぁ。

船酔いでフラフラのまま帰路につき、
帰り道はマシな状況かと思ったら・・・八戸から大雪(泣)。

自宅に着いても、まだ気持ち悪かったです(爆)。
次回はぜひ凪ぎになってもらいたい!

ちなみに、釣ったマスをさばいたら、
全長19cmのイワシ(たぶんマイワシ)入ってました!

Dscn2320
カタクチ喰ってると思って、小さめのジグ使ってたけど
次回は普段より大きめのジグも落としてみようっと。

2016年2月21日 (日)

ソフトタラちゃん

そう・・・スーパー等で売ってる珍味

St1
ではなく(笑)、こちら。↓

St2
また、ソフトベイトと怪しいリグ持って
大船渡の広進丸さんへタラ釣りに行ってきました♪

St3
なぜか、ハイシーズンの土曜日にも関わらず、
お客少なめ、船も少なめでした。
週末、大荒れになる予報だったので敬遠したのかも?
実際は土曜の昼過ぎまでべた凪ぎだったんですが♪

前回は一応、最初のうちジギングしてましたが、
今回は最初からソフトベイト投入!

St4
天秤にオモリ代わりのジグ(笑)。
リーダー2ヒロとちょい長くして、その先にジグヘッド。

ソフトベイト(特にシャッド系)の泳ぎは、
ノーシンカーよりジグヘッド付けた方が安定する感じですが、
前回40gのヘッドで反応なかったため、今回30gにしてみました。

上の写真はシャッド系(バルト)で、
下はイカ系(スクイッド)。

St5
どっちでも喰いますが、イカの方が反応良好
実際、釣り上げると口からイカ吐き出す個体も多いし。

今回はダウンショットリグも試してみました。
ま、一本針の胴付き仕掛けですね~(苦笑)。

St6
こちらも喰います。
アタリは間に天秤が入らない分、明確ですね♪
ただ、エダス長くすると、やっぱ幹糸に絡みますが。

最後に船長の提案でもう一種類、怪しいリグ(?)も
試しましたが、ちと怪しすぎるのでお見せしません(爆)。
バクバクでしたけどね♪

だいぶ魚に手加減してもらって、こんな感じ。↓

St7
クーラーに入りきる量で良かったです(苦笑)。

ぶっちゃけ、ジグの方がアピール強く、勝負早いんですが、
ときに、持ち帰れないくらい釣れちゃったりするので・・・。
たまには変わった釣り方で楽しむのもアリかなと。
意外とテクニカルです♪

2016年2月16日 (火)

三陸タラジギ盛期突入!

先週は飛び石連休でしたね。
ええ、行ってましたとも。釣りへ(笑)。

初日、広進丸さんに乗り込んで支度してたら、
なんと釜石のHさんもご一緒でした♪

この日はめんこいサイズでしたが、朝一からヒットし、

お~!今日はいいんでないの~!
と思ったら、すぐに失速(苦笑)。

160211a
船長もあちこち喰いそうな反応を探してくれてましたが、
潮も流れず、沖上がりまで状況はあまり回復しなかったです。
ま、こんな日もありますねぇ。


翌々日(連休としては二日目)も、広進丸さんへ。
この日は、KIKUちゃんが付き合ってくれました♪

160213a
またまた、朝一からヒット!!
もしや、前回の二の舞に・・・!?(汗)
と思ったけど、大丈夫でした♪

アジ、イワシ、イカ等々、各種ベイトも入ってるようで
タラちゃん、ヤル気満々!サイズも良型が多く楽しめました♪

ちょっと驚いたのは、既に湾内で好調に釣れてること!
当然、湾の外に出て100m前後の水深を狙うものと
思ってましたが、湾内の80~90mラインが主戦場に。

160213c
そこで!
中盤以降、ソフトベイトで遊ばせてもらいました♪

160213b
ピンぼけですんません。
天秤にジグ、リーダー(ハリス?)の先にベイト(笑)。
エコギアのバルト(6インチ)とスクイッド(7インチ)。

タラの目の前にワーム落とせば、バッくり喰うでしょ~!
と安直に考えてましたが、意外と難しくて面白かったです。
天秤とか余計なモノが付いてるので、魚が嫌がってるのかな?
単にタラの喰い方に合った誘いができてないだけかもしれないけど。

きっと、ジグヘッドで深場まで落とせれば、素直に喰うんだろうなぁー
と思いますが、乗り合い船だと周りが200~300gのジグなんで
100gのジグヘッドでもちと厳しいです。

でも、安心してください!ちゃんと誘えれば喰いますよ♪

Tara (また魚の写真取り忘れたので、船長のを拝借↑)

なんか楽しくなってきたので、もう少し色々遊んでみます♪
きっと、この釣り、他の魚にも応用効くと思うんだよね~(笑)。

2016年2月 8日 (月)

懲りない二人(笑)

近年のパターンだと、沼津沖の冬タチウオ釣り
1月が最盛期で2月に入ると徐々に釣果が落ちていき、
2月末~3月頭でシーズン終了となるようです。
しかし、今年は暖冬で水温下がらずシーズンが遅れ
釣果が安定しない感じ。私と友人たちも、
最盛期のはずの1月にコテンパンにされました(泣)。

相方のKIKUちゃんも忙しそうだし、2月入ったら、
もう行くチャンスないべなぁ・・・と思ってたんですが、
KIKUちゃんに聞いてみたら、2月第一週はOKとのこと!
そうはいっても、前回コテンパンにされてるので、
一応、直前まで状況見てから決めることにしました(笑)。

相変わらず、ルアーは厳しそうな雰囲気ですが、
エサでは結構釣れてる様子なので、思い切って予約!

もーね、二人とも最初からエサ釣りする気満々(爆)。
なんか前回やって、エサ釣りも意外と楽しいかも♪と。
このブログのタイトルに「ルアー」ってあった気もしますが
たぶん目の錯覚でしょう~。

Dscn2247
船は、いつものように幸松丸さんに乗船です。
この船は、ルアーとエサ釣りのお客さんが同乗していて、
状況に応じて、釣り方を変えることもできます。

東京湾だとルアーとエサ釣りは船が分かれてることが
多かったので、エサ釣りは沼津に来て初めて経験しました。

曇天でしたが、今回はどうにか沖から富士山見えました♪

Dscn2256
水深60~70mラインへ直行してアンカリングするのかと
思ってましたが、最初は100m以上の深場を流すとのこと。

うーん・・・作戦変更!
予定では「エサでお土産確保→状況良ければルアーに」
のつもりでしたが(苦笑)、天秤のオモリ40号しかないので
急きょ、ジギングでスタート!

Dscn2251
Dscn2264
ジグは、エンドウクラフト“太刀マシーン”100g!

風が強く、なかなか釣りにくい状況でしたが、
辺りが暗くなってきた頃、やっとジグに反応が!
2回目のアタリでヒット!指2~3本サイズでしたが、
ようやくルアーでの初物が釣れました(笑)。

もう少し大きいの釣れないかな~と、ジグ再投入して
チョコチョコやってると、ジグが潮で流されたときにドン!

・・・ん?なんか引きが変?めっちゃ重いし!
隣のエサ釣り師の天秤を引っかけたか!?と心配しましたが、
そういうわけでもなさそう。じゃ、大物のスレ掛かりとか?

Dscn2265
ビンゴ!指5本弱のドラゴン一歩手前サイズ♪
帰宅後に測って全長118cmありました。
この日の最大魚だったそうです♪太刀マシーン最高!

結局、ジグでは4匹ゲット。
すべて水深125mラインの棚100~110mでヒット(太刀マシーン)。
その後、徐々に浅場へ移動し、65mラインでアンカリング
しましたが、その頃にはジグに反応しない状況に。

船長からも、深場ならジグにも反応すると聞いてましたが、
ホントにそうでしたねぇ。

Dscn2268
というわけで、エサ釣り師へ変身♪
今回は天秤さばきをスムーズにするため、
ちゃんとロッドホルダーも持参しました(笑)。

KIKUちゃんは、既にエサ釣り師モード。

Dscn2272
さすが、エサを棚に落とすとアタリは出ますね~!
でも、アタリ来て合わせるとエサだけ食いちぎられます。
エサ(サンマ切り身)の端っこだけ囓ってる状態なんで。

問題は、どうやって針まで食い込ませるか?
この辺の駆け引きが堪りません(笑)。

にわかエサ釣り師ですが、なんとかポツポツ釣れ楽しめました♪
釣れるか別として、アタリ出るので心折れないのが良い(苦笑)。
(潮止まりの時間は、さすがにアタリ消えましたが)

唯一、残念だったのが良型が少なかったこと。
ほとんど指2~3本サイズだったので、そこそこ釣れたのに
クーラーの中が妙にスカスカ(苦笑)。
この日はそういう群だったってことで仕方ないですね。

そういや、釣り上げた直後にベイトを吐き出したタチウオが
居たのですが、なんと3cmほどの小魚でした(汗)。
どうりで、ジグに反応しないわけだ~。

まぁ、前回のリベンジって感じでもなかったですが、
今回は一応ジグでも釣れたし、エサ釣りは意外に楽しかったし、
それなりに満足できた釣行でした♪

160206
来年もちゃっかりエサ釣りの仕掛け準備して行こうっと(爆)。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »