« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月21日 (月)

2016尻屋崎沖最終戦&大船渡沖初戦

<3連休初日>

下北半島は尻屋崎沖マスジギ最終戦に行ってきました!

0319a
この日は小雨でしたが、とても暖かい!春ですね~♪

例年だと尻屋崎沖のマスもぼちぼち終盤ですが、
ここ数日は少々状況が厳しい様子。
お世話になってる正盛丸の船長さんによれば、
「むずがしいぞ~!」
「当たる人は当たる!ダメな人は掠りもしねぇ!」


結果はというと・・・まさにその通りに(汗)。

朝の時合いが過ぎると、ほとんどの人はアタリなし
掛かるのはサバばかり(苦笑)。

厳しいなか、私の反対側にいたお客さん1人だけが、
5~6発ヒットし、3本ゲットしていました!
1本はサメにやられたらしいので、実質4本!すごっ!

私は、かろうじて朝に2回ヒットし、1本ゲット

0319b
しかし、もう1本はまさかのリーダーブレイク(泣)。
型もそこそこ良かったけど、スレ掛かりで綱引き状態に
なったうえ、身体にリーダー巻かれた感じ。
リーダーの先端50cmがボロボロでした。情けない!

結局、最後までパターンに合わせられず1本で終了。

ホントは3連休だし、二日続けてやろうかと思ってましたが、
連休二日目は「春分の日」=「春彼岸の中日」でした(汗)。
今まであまり彼岸とか気にしてなかったけど、我が家は
新しい仏様もいるので、やはりお墓参り&お寺参りに。

最終戦なのに不甲斐ない結果でしたが、
この続きはまた来年がんばりたいと思います!


<3連休最終日>

当初ゆっくりしようかと思いましたが、結局、釣りへ(笑)。
早くもシーズン開幕した三陸大船渡沖マスジギ

0321a
明け方は結構冷え込みましたが、天気は良好。
お世話になった広進丸さんでは、前日に好釣果だったようで
期待が高まります(笑)。

が・・・釣り開始すると、やっぱり難しい~!
運良く朝のうちに2本(2匹?)ゲットできましたが、
2本とも予想してた棚よりかなり上でした。

0321b
棚もヒットパターンも、昨シーズンとは雰囲気違うような?
ちなみに、ベイトが違ってるのかと疑いましたが、
捌いてみたら、やはりメロウド(オオナゴ)食べてました。

そういや、外道のタラがほとんど釣れませんでした。
去年、一昨年と迷惑なくらいヒットしたのに(苦笑)。

0321c
日が高くなると、干潮の潮止まりもあってか、
船全体でもアタリが遠のきましたが、しばらくすると、
またポツリポツリと誰かにアタるようになりました。

他のお客さんが30~40mで釣れたというので、
私も同じレンジを探っていると、もう一本ヒット♪

0321d
私のは小ぶりな魚が多かったけど、
他のお客さんは、もっと大きいのも釣ってましたよ!

この後は、さっぱりアタリ出せなくなり終了でしたが、
まだ走りの時期、初戦で3匹は自分としては上出来かな。

今後、さらに釣果が上向いてくれると嬉しいですね♪

2016年3月14日 (月)

尻屋崎沖2連戦!

久々に土日2連戦やってきましたが・・・
まだ疲れが抜けません。やっぱ歳かな(苦笑)。
出船5時半~帰港15時半の10時間勝負だしね。


<土曜日>

船はいつもの正盛丸さん(野牛漁港)。
若干、波ッ気ありますが、釣りには問題ない天気。

0312a
3月半ばとはいえ、さすがに本州最北端の海は寒い
同じ時期の積丹より寒いかも?寒流強いしね。

0312b
この日は、マスの棚もヒットパターンもよく分からず、
だいぶ苦戦しました(いつもか?)。
忘れた頃、たま~に誰かにヒットするのですが、
釣れた棚が20~55mと広く、絞りきれません。

この日はボトムでお土産(ソイ、アイナメ、カレイ等)
確保にいそしむ方々が大半だったのも一因かと。
マスが回遊してきたとき、その棚にジグがないため、
群れが素通りしてしまっていた可能性が・・・。

0312c
私は、どうにか2本掛けたけど、1本バラシ(汗)。
両方ともスパイVでした。

2連チャンで真剣にマスだけ狙ってたお客さんが、
もう一人いましたが、その方もアタリが極端に少なかった
と首をかしげてましたね。

帰港後、ホテル行く前にちょいと寄り道!
尻屋崎って、陸から見たことないんですよね(苦笑)。
もちろん寒立馬も。

0312d
ガーン!!!3月いっぱい冬季閉鎖でした・・・。


<日曜日>

凪ぎでした♪すっごく良いお天気♪

0313a
0313b
この日は“全員マス狙い”でした!
ん?・・・おかしいな?
毎回マス狙いのはずなんだけど(苦笑)。

船長も気合い入っており、誰かがヒットすると、
棚を聞いて、すぐ皆に伝えてくれます♪
やっぱり棚は20~50mと広かったですが、
おかげで、終始ポツポツと釣れ続きました!

0313c
0313d
鉄ジグで2本、スパイVで3本掛けましたが・・・
船に上がったのは3本だけ(苦笑)。
もうプラス1本獲れるようになりたいなぁ~。

ちなみに2日間でバラシた3本はすべて“スレ”
スローに誘ってるんですが、口を使ってくれず、
明らかに尻尾でジグを叩きに来る個体が多かった。
フックのセッティング変えてみるかな~?

他のお客さんも、尻尾に掛かったマスに走り回られ、
反対側とオマツリして大変な目に遭ってました。

ま、今回もビミョーな釣果でしたが、勉強になりました♪

0313e
帰る途中の牧場にて。↑
この子たち、寒立馬なんだろうか?
(ちょっと違うっぽい感じかな)

2016年3月 6日 (日)

本日は晴天なり♪

ん?晴れりゃいいってもんじゃないだろうって?
いえいえ!凪ぎも景色も最高でしたよ♪

Dscn2324
Dscn2325
Dscn2327
この週末も本州最北端の海域(尻屋崎沖)で
マスジギングしてきました!船は正盛丸さん

前回、船酔いで情けない結果に終わったので、
半分そのリベンジみたいなものでしょうかね~?
(船酔なくても、釣れなかった気もするけど↑)。

最初と最後に苦戦しましたが・・・3本ゲット

Dscn2329
Dscn2335
Dscn2336
最大は2キロ半ありました♪
・・・最小は1キロですけどね(汗)。

後で聞いた話ですが、先週、反対側のお客さん達が
よく釣れていて、どんなパターンなんだろう?と
思ってましたが、どうやらハイピッチだったとか!

高速で上へ上へシャクリ上げる釣り方
以前から尻屋崎沖では目にしていたのですが、
私にはどうにも理解できずにいました。
そんなパターン、積丹や苫小牧で見たことないし

個人的には、あまり速い動きの場合、
マスはジグ追うのをあきらめるんじゃないかと。
ひょっとして、その答えがベイトの違いなのか!?
つまり、イカナゴでもカタクチでもなく、マイワシ!

で、今回はスピニングタックルも用意したのですが、
・・・・
前回とヒットパターン違うので、よく分からない(爆)
今回はスローなしゃくりでヒットしてた感じ。

ひょっとして、ベイトが
マイワシからカタクチイワシに変わった!?
と思いましたが・・・

Dscn2341
やっぱり、マイワシ食べてましたよ。
(全長19cmと17cmの2匹 in 2キロ半の腹の中)

うーん・・・、
やはりマスのヒットパターンは謎です(苦笑)。
まだまだまだ、修行が足りませんね~。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »