« 2018青物ジギング第3戦&スルメ第4戦 | トップページ

2018年9月14日 (金)

第4回上州屋カップ三陸ジギング大会

9月9日は、大船渡(越喜来)で
上州屋さんジギング大会に参加してきました!
昨年は参加できなかったため、2年ぶりの参加です。


<9月8日>

実は、前日もプラを兼ねて、広進丸さん
乗船しジギングしていました(笑)。

Img_3598_2
相変わらずイナダはそこそこ居るものの、
ワラサ以上の良型の個体数はまだ少ない様子。
加えて、潮の流れも悪いため、喰いが渋い状況。

Img_3599
川畑船長や他の同船者といろいろ議論をし、
(1) 何はともあれ確実に2本獲ること!
(2) さらに時間が許す限り、サイズアップを狙う!

といった感じしかないだろうという結論になりました
(大会は、2本の合計重量で争います)。

ホントはワラサが捕れれば良いんですが、
狙って釣るのは、かなり難しい状況かなと。

ただ、ここでもう一つ大きな心配事が!
大会当日の天気予報が結構悪かったのです。
ちょうど前線通過で、北風がかなり強く吹き、
しかも雨だとか(汗)。
正直、中止の恐れもあったと思いますが、
波の高さが1.5mとそれほど高くなかったため、
予定通り、大会開催となりました。


<9月9日>

大会当日の朝、案の定、港でもそこそこ風と雨が。
雨のなか、港の荷上場のなかで開会式を済ませて出船!

湾の外に出ると、さらに波も加わり、風、波、雨の三重苦!
そんな悪天候の日に、くじ運の微妙な私は、
左の一番前の釣り座を引き当ててしまいました(苦笑)。

Img_3601
どうしても風上を向かないと釣りにくい釣り座なので、
強烈な風雨がまともに顔面を直撃!!
ワー○マンの安カッパのフードじゃ役に立たず、
何度か帽子も飛ばされるという始末(苦笑)。
加えて、ジェットコースターのような揺れ!

でも、悪いことばかりではなく、端っこなので、
ジグを前にキャストすれば、胴の間で多発してた
オマツリに巻き込まれずに自分の釣りができました♪

ちなみにお世話になった船は、崎浜港の長栄丸さん
普段、ジギングはしないようで、
「船頭は素人みたいなもんだから、お客さん達、
自分の腕で魚釣ってけろな~(笑)」

冗談を言っていましたが、風と波のキツい状況のなか、
しっかりした操船をしてくれました♪

Img_3604
さいわい魚の喰いは、心配してたよりずっと良好で、
割と早い段階で2本のリミットメイク完了!
他のお客さんも、ほとんどの人がリミットメイクできたはず。
この悪天候が逆に、良い方向に作用してくれたのかも?

ただ、そこから延々とイナダ祭りに(苦笑)。
終盤に多少マシなサイズ(イナワラ)を釣りましたが、
結局ワラサはヒットさせられませんでした。
ちなみに、釣果の半分以上はスイムライダー180gで釣り、
終盤のイナワラはポキロン190gでした。

こんな釣果だったので、絶対に入賞ないと思ってたら、

・・・・5位でした!びっくり!

作戦通り、地道な検量魚の入れ替えが功を奏したようです♪
なお、4位は釣友のKさん!

上位3名に関しては、ホントに大したもので、
難しい状況のなかで、しっかりワラサ等の良型
仕留めてきていました!さすがですね!

Img_3607
いろいろ心配もありましたが、終わってみれば
それなりに楽しめたし、勉強になった大会でした。

悪天候のなか操船を頑張ってくれた船長たち、
上州屋スタッフの皆さん、参加者の皆さん、
どうもお疲れ様でした!


PS.
 さすがに、大会後のイカ釣りはあきらめました(爆)。
 誘われてはいたけど、体力的に限界でしたね~。

« 2018青物ジギング第3戦&スルメ第4戦 | トップページ