日記・コラム・つぶやき

2017年1月14日 (土)

2017初タラジギング&サプライズ♪

地元北東北での初釣りといえば、三陸のタラ(マダラ)
ぼちぼち沖の深場から沿岸部に群れが入ってくるので、
普通のジギングタックルで狙えるようになります♪

というわけで・・・
KIKUちゃんと大船渡へタラジギングに行ってきました!
今年もお世話になったのは崎浜港の広進丸さん
私は、三陸でのジギング(ブリ、マス、タラ)だと、
大体こちらの船にお世話になることが多いです♪

0114a
0114b
ちょうど強烈な寒波が入っていたため、寒いこと!
岩手じゃ一番温暖な大船渡でさえ真冬日でした。

ま、おかげで途中の荷沢峠でクーラーに雪詰め放題(笑)。

0114c
これをKIKUちゃんと山分け♪

この日のポイントは越喜来沖の水深100~120mライン。
ジグは300g前後で十分釣りになりました。

0114d
先週は好調で白子入りGTまで釣れたそうですが、
今回はアタリ少なく、ヒットしても小タラか外道。
近頃は、行く先々で激シブの嵐を巻き起こしてます(爆)。

0114e
中には嬉しい外道もいましたけど。
良型マゾイを2連発でした~♪

ま、1月は産卵前の群れ(エサ喰わない)も居るし、
沿岸部に入ってるタラの数もまだ少ないので、
例年、結構難しい日も多かったりしますけど・・・。

結局、本命のタラは、小タラ5匹と貧果でした~。

0114f
いずれまた、リベンジ行きたいと思います!


<超サプライズ♪>

帰港後、船長から渡したい物があると言われ、
何だろう?と待っていたら、うれしいサプライズが!!

0114g
広進丸さんの2016年ダービーのブリ部門でなんと優勝!
私の釣った11kgのブリが2016年で最大だったそうです。
私、今まで1番とか縁の無い人生を送ってきましたが、
やっぱうれしいものですね~♪

実は、上の写真、写真屋に頼んで額入りにしてもらおう
と思ってたところでした(笑)。
まさか記念品としていただけるとは、ありがたいです!

さらに!さらに!賞品までいっぱい!!

0114h
あまりの量にビックリ!
私、賞品は乗船券かと思ってました(苦笑)。

協賛してもらってる会社からの提供品も多数あるそうで、
特に圧巻なのは、メロン屋工房さんからの大量のジグ!!
これだけでも、ブリとマス両方戦えるくらい入ってますよ。

川畑船長、協賛会社の皆さま、どうもありがとうございます!
腕も自信もありませんが、今年も大物目指してがんばります!


<おまけ>

帰る途中、タラジギで一緒だった釣り仲間と昼食へ。
道の駅三陸でラーメンを食べてお店を出たとき、私が一言。

「冬なのに、ソフトクリームやってんですね~?」

なぜか、この一言で、
「急にソフトクリーム食べたくなった!」
と、この寒波の真冬日にソフトクリーム買いに走る二人(笑)。
あの~、ラーメン食べた直後ですけど~!

0114z
一番高いのを頼んで「美味い~♪」とご満悦でした(笑)。
あ、私は、夏までアイスは遠慮しときますから~。

2016年5月15日 (日)

五月晴れの週末

<5月14日>

今シーズン最後の大船渡沖マスジギングでした。
最近は状況も回復気味で、前日もマス釣れたとのこと!
GW前から、PBと出船中止のオンパレードでしたが、
最後くらいはビシッと決めなければ!

0514a
毎度おなじみとなった大船渡沖の景色♪
北東の風が強まる予報でしたが、朝のうちは
それほどでもなく、無事に出船。

が!しかーし!
越喜来湾を出ると、いつもと様子が違います。

エロい・・・違った(照)。
エグい三角波が風上の北東方向から押し寄せてきます(汗)。
波長が悪いのか、船が大きく跳ね上げられる危険な波でした。

船長によると、潮と風の向きが正反対でケンカしてしまってるとか。
ここまで質悪い波は、大船渡沖では初めて見たかも?
気分を変えてミヨシに陣取ったことを後悔しました(爆)。

この三角波と北東風に邪魔されて、移動も大変で、
なかなか思うように釣りできません。

0514b
風裏となる岬の陰でやったり、湾の外でやったり、
船長も可能な範囲でいろいろなポイントを試してくれましたが
・・・やがて爆風となり、早上がり

ということで、最終戦もPBでした(苦笑)。
無念ですが、海には敵いませんね~。

<余談>

一応、これにて今シーズンのマスジギは終了の予定ですが、
6月に宮古沖(島じゃないよ)のライトジギングに一回くらい
行こうかと思ってます。マス狙えるって聞いたので♪
確率低いけど、掛かればデカイらしい!(70cmとか)

「ほとんど何も釣れませんけどねー」とも言われた気が(爆)。
ま、ダメ元で勉強のため一度行って見てこようと思います。

ただ、ここでまたリール問題が(苦笑)。
経年劣化と自分のミスで1台緊急入院し、
残る1台にはロッドのリールシートとの相性問題。
さて、どうしたもんだか・・・。


<5月15日>

朝から実家周りの草刈りでした。
今シーズン最初の出撃(笑)。

0515a
まだ5月半ばだし、草も伸びてないから、
午前中、軽く刈って終わりだべ~♪
と甘く見ていたら・・・

昼過ぎても、全然、終わらない(泣)
意外に草伸びてるし!刈る場所多いし!

結局、飲まず食わずで作業して、
全部終わったのは15時近く(疲)。

それから片付けして、コンビニの総菜パンで昼飯。
時間が遅すぎて、食堂どこも営業終了でした(泣)。

帰宅する途中、去年葬式で世話になった葬儀屋さんで
新しい仏様が出来た際、お盆に使うある道具を注文。
受注生産だと思ってたら、ちょうど在庫あるとのこと。
購入したものを持って、また実家にトンボ帰り(苦笑)。

0515b
“四十八灯篭”というものです。
初盆から3回目のお盆まで、この道具に
ロウソクを48本灯して迎え火にします。
私の地元ではお墓に立てるケースが多いですが、
自宅に立てる地域もあるとか。

この四十八灯篭、一般的な風習と思ってましたが、
どうやら岩手県北の一部地域だけのようですね。
ともあれ、入手しにくいアイテムなので、
無事に手に入り一安心です♪

そうそう。
実家の裏庭に生えてる行者ニンニク
もう遅いかもと心配してましたが、大丈夫でした♪

0515c
0515d
少ないですが、作業後に取ってきたのを
生ラムと一緒に炒めて食べました。
山のほどニンニク臭強くないけど、美味いですね♪

2015年11月23日 (月)

ご無沙汰してました

11月に入って割と穏やかな日が続いてましたが、
とうとう東北の平地でも雪が降ってきました・・・。

1
2
今年は暖冬らしいけど、あまり雪降らないといいなぁ。

さて、このブログ、しばらくご無沙汰でしたが、
先日、実家の年寄りが亡くなり、ドタバタしておりました。
なんとか一段落したので、取り急ぎご報告まで。

とはいえ、まだやることも残っているので
釣りの方はもう少し先になると思います。

2015年5月23日 (土)

サクラマスジギング、所変われば品変わる?

前回で2015年のサクラマスジギングも終了としましたが、
自分の頭の中を整理する意味でも、これまでやってきた
東北~北海道の4海域のマスジギについて、それぞれの
特徴を比較してみました。
4海域すべてで釣りしてる人は多くないと思うし(笑)。

Photo_2
主な特徴を一覧表にしてみましたが、各項目の内容は
あくまで“典型的”なものを記してるだけなので、
これに当てはまらないケースもあるのはご承知くださいね。

表の順番とは違うけど、それぞれの特徴について
説明していきましょう。

<積丹沖>

最初にサクラマスジギングを覚え、今まで一番長く釣り
してきたのが積丹沖でした。なので、良くも悪くも
積丹のスタイルに影響されてしまいます(笑)。

Syakotan1
Syakotan2
積丹は他と比べ、釣り方にものすごく特色があります!
マスシャクリ”という漁具(=和製ジグ)を使い、
マスの回遊棚をヨーヨー釣りで狙い撃ちします。
リールは巻かず、竿だけでチョーン・・・チョーン・・・
と同じ棚でしゃくり続けるだけ(意外と難しい!)。

Miki_syakuri              (三木製作所さんのサイトより)

マスシャクリは後半分だけ鉛で出来ている超リアバランス
のジグで、軽くシャクるだけですごく良く動きます。
地元の漁師がマスのエサとなっているイカナゴ
(北海道ではオオナゴと呼ぶ)のシルエットと動きを似せて
作った漁具だそうです。

Oonago
上の写真はマスの胃に入ってた25cmほどのイカナゴと
その時使ってたご当地ジグ(構造はマスシャクリと同じ)。

他の海域と同じように、普通にライトジギングしたら
釣れないのか?といえば、もちろん釣れます。
私も以前はやってました。しかし、マスシャクリには
まったく敵わず、あまり使わなくなりました(苦笑)。

なぜ積丹だけ他の海域と釣り方が大きく異なるのか?
東北に来てからここ2年ほど悩んでましたが、おそらく
大きな原因は、水深とベイトだろうと思います。

積丹は他に比べて、水深が浅いのでマスの回遊する棚を
かなり絞り込め、その棚を狙い撃ちすることで、効率よく
マスを釣ることができます。
また、ベイトがほぼイカナゴなので、マスシャクリの
シルエットや動きがうまく合っているんでしょう。


<苫小牧・白老沖>

実質1シーズンしか釣りしていませんが、
北海道でも積丹とは全然特徴が違い興味深い海域です。
ただ・・・おそろしく寒い(爆)。明け方-20℃とか。

水深90mラインをシーアンカーで流しますが、
積丹に比べ、マスの棚を絞り込めないためか、ジギングより
バケ釣り(東北だとマスナタ?)の人が多いです。

Tomakomai1
ジギングの場合は、船長の指示に従い、ある水深の範囲を
しゃくり上げて
釣ります。40m→15mとか。
後述する尻屋崎や大船渡もこの辺は同様ですね。

なお、水深50m付近から下はスケソウの巣になってるので、
ジグ落としすぎると、その後、大変なことに(苦笑)。

Tomakomai2
釣り方は基本スローなしゃくりで、1シャクリでハンドル
0.5~1回転くらい。棚がはっきり分かるときは、
積丹のようにヨーヨー釣りでも釣れますが。
ちょうど仲間内でスロージグが流行った頃だったこともあり、
普通のジグよりも、スロースキップやスパイVでの釣果が
多かったです。シルエットは小さめの方が釣れてた気が。


<尻屋崎沖>

水深とか全体の雰囲気は苫小牧沖に似てるように感じます。
あ、本州とは思えないほど、寒いところも(爆)。

Siriyazaki
こちらはシーアンカー使わず、スパンカー立てて流して
いくスタイルです。中層に外道の大群が居ないため、
棚は割と好きに狙うことができますが、やはりマスの実績が
高いのは20m、30m、40mあたりのようです。

釣り方はどちらかといえば、スローなしゃくり中心だと
思いますが、割と速いしゃくりで釣ってる人もいます。
その時々で、超スローだったり、高速ジャークだったり、
大きくシャクってヒラヒラヒラ~だったり、まあ極端(苦笑)。

実績ジグとして名前を聞くのは、Pボーイジグ(バーチカル)
スイムライダーショートですが、個人的にはカリボソジグ
で結構釣ってます。もちろんスロージグでも釣れてます。
ベイトは小さいイワシ(たぶんカタクチ)なので、ジグも
シルエット小さめの方がよいような気がしてます。

ちなみに、底を狙うと大型のソイやカレイが釣れるので、
マスそっちのけで積極的に底を狙ってる人も結構見ます(笑)。


<大船渡沖>

今、最も頭を悩ませてるのが、この海域のサクラマス(苦笑)。
昨年から通い始めましたが、昨年はとうとうボウズで終了でした。

Oofunato1
景色は積丹と似ていますし、イカナゴ(東北ではメロウド)
がベイトになっているのも共通ですが、釣りのスタイルは
どっちかといえば、尻屋崎のスタイルに近いです。

ただ、尻屋崎とも少し違っていて、セミロングやロングなど
シルエット大きめのジグでも釣れているのを見かけます
(センターバランスのジグ中心ですが)。
また、尻屋崎では超スローなしゃくりで釣れることも多かった
ですが、大船渡でまったく同じパターンを試しても釣れません。
おそらくイカナゴが主要ベイトの一つになっているからかと。

スローなワンピッチを基本としつつ、ちょい速巻きなどで
誘いを入れ、マスにジグを追わせるようなイメージかな~?
と、自分では想像していますが、果たしてどんなもんだか。

Oofunato2
それと、リーダーの細さ
大船渡では、フロロ4号(太くても5号まで)という
かなり細めのリーダーを使います。太いと見切られるんだとか。

これまでの自分の経験では、6号以上のリーダーで普通に
マス釣れてるので、ホントかな~?と半信半疑でしたが・・・
リーダーを4号以下にしたら、ボウズが激減しました(爆)。

なぜ大船渡だけ、リーダー細くないとダメなのか分かりませんが、
どうも本当に釣果に影響しているような印象を受けます。
ただ、外道でマダラ掛けちゃうとリーダーに傷入ることもあるんで、
結構、気を遣いますけどね(苦笑)。

最後に・・・
イカナゴを模した積丹のマスシャクリは大船渡でも釣れるのか?
逆に大船渡スタイルのマスジギを積丹でやったらどうなのか?
個人的にはどっちも可能性アリと思うんですけどね!
でも、乗合船だとジグの重さとラインの太さが違い過ぎて
周りの迷惑になること確実なので、なかなか試せません(苦笑)。

Dscn1981
来年はもっと大きいの釣れるといいな~♪

2015年1月 7日 (水)

自分用のお年玉(笑)

もう正月から一週間経ちますが、
明けましておめでとうございます(苦笑)。

正月はずっと実家で年寄りの世話や雪かきを
していました。屋根にドッサリ積もった雪が
ほとんど落ちず、どうなるか心配でしたが、
昨日の暖気で一気に落ちたようです。
で・・・その衝撃で煙突が壊れたらしい(汗)。
緊急で修理頼んだようですが、直ったべか?


さて話は変わって、ちょっとだけ釣りネタ。
私が普段使ってるライフジャケットですが、
もう購入から9年以上になります。

Kimg0362
その間に誤爆(笑)が2回あり、その都度、
ボンベとスプールは交換してますが、
最後の交換も既に4年くらい前になります(汗)。

ライジャケ自体もかなり古いので、
いざというとき心配だなぁ~と思ってたので、
自分用のお年玉代わりに思い切って買い換え!

Kimg0359
見た目あまり変わりませんが、説明書を読むと
中身は色々と改良されているようです♪

で、古い方はせっかくなので、取っ手引いて
ちゃんと膨らむか試してみました!

Kimg0364
一応、無事に膨らみました~♪

ただ、2点問題が・・・。
一つは、私のたたみ方が悪かったようで、
頭付近で気室の展開がきれいに行かず、
外カバーもうまく開きませんでした(汗)。
エアの量は十分だったんですがねぇ。

もう一点は、自動膨張装置のカートリッジが
膨張時のショックで吹っ飛びました!

Kimg0365
やっぱり部品が老朽化していたようです(汗)。
もう少し早く買い換えてもよかったかも?

ともあれ、
これで新品になったので今年の釣行は安心です♪

2014年12月11日 (木)

2014シーズン強制終了(泣)

前回の能代釣行の後は、ちょこっと三陸へエギング行ったり
したくらいで、まったく出船できておりません(泣)。
師走に入り、いよいよ寒ブリ本番だというのに時化で中止続き

Kimg0293
そこへ来て、さらなる悲劇が
何日か前から首と左肩が痛くなり、念のため病院で看てもらったら、
首の骨が変形して痛みが出ているんだとか(驚)!
変形性頸椎症とかそんな感じ。ヘルニアと似たようなものらしい。

先生は
「急性期なので下手に整体とか温泉行くとかえって悪化させる
場合があります。薬飲んで安静にしてるしかないです。」
とのこと。

「えっ・・・!」

そこで、先生にずばり聞いてみました!
「先生!来週、ブリ釣りに行く予定なんです!
 仲間と船も予約してるんです!なんとか、なりませんか!」

「釣り自体は問題ないけど、船はダメですよ!
 揺れが大きいから、頭が揺さぶられて首に負担掛かります。
 間違いなく症状が悪化するので、あきらめなさい!」


ガビーン!!!
終わった・・・私の2014年シーズン(泣)。

先ほど、船長さんに電話して残りの予約すべてキャンセルしました。
最後こんな形で強制終了とは・・・。む、無念じゃ・・・(恨)。


そして、そんなタイミングで上口商店よりジグ着弾(爆)!

Dscn1780
能代沖用にと注文してた215~255gのジグ達。今年、もう出番ない。
か、悲しい~!

2014年10月 4日 (土)

来週の天気はどうだろう?

このところ、週末になると時化るパターン。
私は10日から積丹遠征。天気が気になります(笑)。

Tenkizu
昨日までは完全にアウトっぽい予報でしたが・・・
うーん、これなら何とかなるかな~?
おそらく、波高1.5m、北の風やや強しって感じだろうか。

もし、10日がダメな状況なら、出発を1日遅らせるか(笑)。

*********************************************

そうそう。
早10月ですが、今年はスタッドレスタイヤを買う年です。
どの製品がいいか考えてましたが、ちょうどブリザックの
SUV用モデルが新しくなりました!5~6年ぶりかな?

Img61171529
BSはちょい高めですが、アイスバーンで安定してるし、
他の大手2社は今年SUV用新製品がないので、結局、
このDM-V2に決めました!だいぶ早めに予約したので、
心配したお値段の方も思ったよりは安く済みました♪

これで冬季の釣行も安心です(笑)。

2014年8月21日 (木)

ジグ着弾!

今年も無事にお盆を終え、月曜から仕事に復帰してます。

Kimg0011
溜まっている現場作業を早く進めたいところですが、
前線が居座ってるおかげで、ずっと天気悪く作業不能(泣)。

おまけに、お盆中は秋の気配だったのが再び蒸し暑い夏に!
この2、3日はぐったりです。

まあ、それはさておき、
以前、義経工房に特注していたジグが本日着弾しました♪

Dscn1577
一番上が雷斬200、下2本は武者丸180。

初冬の日本海用に、ハタハタっぽいカラーを!
ということでお願いしていました(笑)。
アルミのひかり具合が何ともいい感じ♪

Dscn1582
わざわざ名前まで入れてくれました!
ありがたや~♪

今から、戻りのブリが来るのが待ち遠しいです(笑)。

2014年8月 6日 (水)

南の島より♪

数日前、帰宅すると宅配便の不在票が。
はて、何か通販で注文してたっけ?
送り主を見ると、沖縄在住の釣友から。
ってことで・・・

Kimg0001
また今年もいただきました!
沖縄のパイナップル~♪

Kimg0005
さっそく職場持って行って休憩時間に
皆で食べましたが、ほどよく熟していて
甘み強くジューシーでウマウマ♪
感謝、感謝でございます!

お礼のメールを送ると、
「たまには内水面の釣りにも付き合え」と。
うーん、沖縄の川で何を釣るんだろう???
と思ったら、北の大地の話でした(爆)。

ま、機会というか都合が付けばかな(苦笑)。
ともあれ、大変ありがとうございました!

2014年7月21日 (月)

帰還しました

さきほど、北海道より無事に帰宅しました!
途中、実家でブリさばいてたので遅くなりました。

旅先、船上等にてお付き合いいただいた皆さん、
どうもありがとう!今回も楽しかったです♪

Dscn1526

とりいそぎ、帰還のお知らせとお礼まで。
帰って早々、ちょいと仕事がドタバタしており、
遠征レポートは少し遅くなると思いますが、
どうぞご了承ください。

ではでは。
あ~~~、目が回るぅー(爆)。

より以前の記事一覧