ルアーフィッシング

2018年1月16日 (火)

2018初釣り3連戦!

三連休を利用して初釣りに行ってきました!
ここ何年か、年明けにタチウオ遠征行ってましたが、
一昨年くらいから沼津の冬タチは不調なので、
今年は地元岩手で初釣りすることにしました。
それも2日間で3回乗船というお馬鹿な釣行(爆)。


<1月7日午前>

まずは1戦目!広進丸さんにてタラジギング

0107a1
0107a2
三陸では年明けからマダラの群れが
水深100~150mの比較的浅いレンジに入るので、
あまり沖に出なくとも狙うことが可能になります。
ちょうど産卵期なので、食いは渋いものの、
釣れたら白子や鱈子が入ってる可能性は高めです♪

この日は西風がかなり強く
釣り出来るポイントが限られる状況でしたが、
何とか良型を含め4本釣らせてもらいました♪
コモジグのギョロメDがいい感じでした!

0107a3
0107a4
翌日もあるので、すべて知人に謹呈しましたが、
一番大きいのは鱈子入りだったとのこと。
小さめの3本のうち1本は白子入ってたそうです。

初戦から良い初釣りが出来ました♪


<1月7日夜>

タラの後、夜イカメタル(ヤリイカ狙い)に出撃(笑)。
今回は勝丸さんにお世話になりました。

0107b1
前夜はヤリイカが好調だったらしく、
期待して釣り開始しましたが、ポツリ・・・ポツリ・・・
イカの回遊が少なかったようです。
終いには、誰1人アタらなくなってしまいました(汗)。

と、ここで船長が場所移動を決断!
最初の場所より少し浅めのレンジに移動。
すると、途切れていたアタリがコンスタントに出始めました!
私も、ここで一気に釣果を伸ばせました♪

0107b2
ただ、困ったことにイカが釣れ出した途端に、
サバも回ってきてイカ釣りの邪魔しまくり
中層でサバうるさいせいか、イカがベタ底から浮かないし、
ヒットしたイカもサバアタックで相当バラしました(悲)。

0107b3
それでも、後半のラッシュのおかげで、何とか50杯!
+スルメ2杯。楽しい新年のイカメタル初めでした♪

0107b4

<1月8日午前>

二日続けて広進丸さんでタラジギングでした(爆)。

この時期は産卵で喰い渋いので、数本釣れればOK!
ってのが普通なんですが、この日はすごかったですね~♪

0108a
朝一は渋かったものの、日が昇ってしばらくしたら、
スイッチ入ったのか?急にマダラがヒットし始めました!
全員、腹パンのマダラをゲットできたと思います。

私も、良型含めてマダラ10本以上は釣ったはず!
タラいっぱい欲しいという友人のクーラーに
釣果の半分以上放り込んだのでよく分かりません(爆)。

0108b
0108c
自分では大きめの3本だけ持ち帰って捌きましたが、
一番大きいの(写真上)が白子入り♪ほか2本も鱈子が♪
食べきれないので兄弟に2/3差し入れしました。
滅多にない最高の釣行でした♪

なお、ヒットジグは前日と同様、ギョロメD広進丸カラー
この日は、特に250gの現行モデルが絶好調でした♪
ボトムからゆっくり大きく誘い上げて、
一気にフリーフォールさせると口使ってきました。

それと重要なのが、船長の技術
わずかに流す位置がずれただけで、アタリ無くなります!
魚の食い気がないので、想像以上にシビアです。

また、この日はお客さんのほとんどが知り合い(笑)。
しかも、週末釣行では滅多に会わない人達も同船でした♪

ということで、タラのヌメヌメとイカスミにまみれた
二日間の初釣りでしたが、最高に楽しかったです♪

2018年1月 9日 (火)

宮古沖ジギング&イカのダブルヘッダー

12月23日。
急きょ、宮古のゆたか丸さんにてダブルヘッダー

あきらめ悪いので、まだブリ釣りたいなと思って
日本海側の某遊漁船を予約してたんですが、
案の定、中止ということで・・・(苦笑)。


<午前便>
まずは、五目ジギングから!

Img_1678
Img_1680
さすがに青物は居ませんが、朝のうちは
メガラの喰いもよく、スピンドルで連発でした♪

Img_1687
あと、人生初カガミダイ♪
他人が釣ってるのは見るけど、自分で釣ったのは初!
しかも、2枚も釣れました♪

Img_1688
持ち帰って捌いたら、肝パンだったので、
肝和え&炙り+肝醤油でいただきましたが、
激ウマでした♪ぜひ、また釣りたい!

Img_1712b
他に黒ソイ、サバ、小タラで五目達成(笑)。


<夜の部>
夕方から夜はイカメタル

Img_1692
某J釣具店のO坂トン氏と、釣り仲間のW氏もご一緒♪

Img_1693
一応、夕方から釣れたものの、
イカの回遊がまばら活性も低い感じ?

Img_1695
私はいつもの誘い方でアタリが出なくて大苦戦!
一方、O坂トン先生はコンスタントにヒットさせてました。
すぐ後ろで、かなり煽られました(笑)。

結局、最後まで回遊がまばらな状況は変わらず、
なかなか難しいなかでの釣りとなりました。

私は後半でややアタリが増え、どうにかツ抜け。
最後はヤリイカ16、スルメ2で終了でした。
余裕なかったので、イカの写真なし(苦笑)。

でも、O坂トン氏は、スルメ含め20杯!
うーん、悔しいけど追いつけませんでした
W氏もスルメ多めで、他の人より釣ってましたね。
我らイカメタル3人衆、たぶんトップグループかと。

宮古沖もヤリイカは居るんですが、群れ薄いのが困りもの。
また、大きな群れ入って来ないかな~。

2017年12月21日 (木)

イカメタル宮古・大船渡 2連戦!

きっとイカ釣りの予約しか入れてないだろー?と
思われてる気がしますが、そういうわけではないです(笑)。
ジギングで予約していた遊漁船もあったのですが、
土曜の朝まで待って、やっぱり時化で中止に(悲)。

<12月16日夜>
朝に中止が決まったので、これから間に合う釣りだと、
やっぱり夜イカだよね~(笑)。
宮古のゆたか丸さんに電話すると、幸いまだ空きあり♪
大急ぎで準備して、宮古に向かいました(笑)。

1216a
無事に港に到着し、15時出船。

1216b
前に来たときは、湾内の浅場でヤリイカ狙いでしたが、
前夜は湾の外でスルメイカが結構釣れたらしく、
コモさんとこのイカジグ80gと100gも持参しました♪

1216c
夕方は湾口の磯に近いポイントでヤリイカ狙い!
ポツポツですが、良型のヤリイカが釣れました♪

ただ、真っ暗になった頃には、アタリが少なく、
アタっても乗らない状況に。群れが移動したようです。

そこで場所移動して、いよいよスルメ狙いに
イカジグ付けて、スローピッチみたくフォール入れながら
誘い上げていきますが、一向にアタリません(汗)。

お隣さんはハイブリッド素材のイカジグ投入して、
フワフワやってましたが、麦イカサイズの小スルメがヒット!
なぜ、この時期にそのサイズが・・・。

その後もときおりヒットするのは、すべて麦イカ。
前の晩にいた大型スルメの群れは居なくなってました(泣)。

結局、イカの状況が悪い上に、予報よりかなり早くから
天気まで悪くなり、19時前に早上がりに。正解でしたね。
おかげで大荒れになる前に峠を越え無事に帰宅♪

帰るとき、船長からタコもらいました♪
タコ、さばいたの初めて(笑)。イカとは結構違うのね~。

1216d
1216e
<12月17日夜>
前の晩、ゆたか丸が早上がりとなり港に向かってるとき、
釣友よりメッセージがありました。
「イカ釣れてます?」
「やっぱり私も明日、大船渡の○○丸で出ますよ♪」

なんと!日曜の晩に出撃とはやるなぁ~!

大船渡も数日前から厳しい状況みたいですが、
私も、正直、まだ釣りし足りない気分なので、
それじゃ、一緒に行っちゃおうかな~?と(爆)

帰港後、空きを確認すると同じ船は既に満員でしたが、
同じ小石浜港の龍神丸さんに運良く空きがありました♪

当日、港で会えるのでOK!と思ってたら、
友人の乗る船は諸事情で中止に・・・。残念。
ただ、偶然にも見知った顔が2人同船だったので
楽しく釣りさせてもらいました♪

1217a
1217b
ポイントに到着すると、先に来ていた遊漁船が
なぜか風裏でなく、岬の風表側にアンカー入れてました。

1217c
おかしいな?と思ったら、風裏に大型イカ漁船(汗)。
本来はスルメイカ漁をするのでしょうが、
今、スルメが不漁でヤリイカ漁をやってるようです。

大型イカ漁船の集魚灯には敵いませんので、
しかたなく風表側にアンカー打って釣り開始。
・・・風が寒い(泣)。

夕マヅメは、たまにアタるけど乗らない状況でしたが、
集魚灯点灯直後からポツリポツリと釣れ始めました。

1217d
途中から、初めてスピニングタックルを使ってみました!
8フィートのテンヤ真鯛タックルPE0.4号入れたものです。
テンションフォール中のアタリに対しては、ベイトより
アワセ入れやすいのではないかと思ってましたが、
確かにその通りでしたね♪ただ、イカメタルロッドほど
鋭いシャクリは難しいのと、船下にラインが食い込むと
ベイトより釣りにくいですが。

テンヤタックルで好調に釣っていたのですが、
さすがはPE0.4号!竿先にPEが絡んだらプチンと(汗)。
ああ・・・私の当たりメタルがぁ~。

その後、さすがにペースダウンしましたが、
それでも、あまり途切れずにアタリが出てくれたので
かなり楽しめました♪ヤリイカはちょうど40杯。

イカの棚が結構変化していたのと、後半サバ攻撃があり、
サビキの人ほど数は伸ばせませんでしたが、
メタルならではのベタ底狙いで良型を連発できました!

1217e
ちなみに、反対側のメタル組は仕掛けが船下に流され大苦戦
かなり釣りにくそうだし、アタリも少なかったようです。
結局、私の釣り座が一番良かったみたい♪
釣り座の差は、腕の差より大きいなぁと実感しました(爆)。

2017年12月20日 (水)

三陸青物ジギング2017 最終3戦

昨年、好釣果に恵まれ11kgまで釣れたのが11月中旬。
今年は10月も好釣果がありましたが、やはり11月は勝負の月!
と思ってたら、毎週末のように時化!時化!時化!

そして、気づけば11月下旬に(汗)。
三陸で青物狙えるギリギリの時期ですが、
シーズン最後にどうにか3回出船できたので一応報告を。
なお、船はすべて広進丸さん(崎浜港)です。


<11月24日>
平日ですが、飛び石連休の中日で休暇取る人も多かったので、
そんじゃ私も休んじゃおう~♪とサボリーマン出釣(苦笑)。

予報だと、出船できるけど沖の本命ポイントまで行けるか微妙。
しかし、当日の朝、ベタ凪ぎに予報に変わりました!

一路、沖へ!

1124a
これなら昼まで沖のポイントで釣りできそう!
数日前には好釣果が出ていたので、非常に期待大♪

と、まぁ・・・ここまでは良かったんです。

本命ポイントに入ると、ボトムから10~30m上にベイト反応!
一流し目から何者かのアタリ!一回ヒットしたのにバラシ(悲)。
でも、一人のお客さんにヒット!大きくはないらしい。
上がってきた魚は・・・「え!?エチオピア~?」

1124c
エチオピアとは、シマガツオの俗称。
深場の中層にいる魚で、東京湾や駿河湾、釧路沖で釣ったこと
ありますが、三陸の青物ジギングで釣れたのは初めて見ました。
さらに他のお客さんは、ホッケまで釣ってるし!

朝が終わると、アタリも無くなり沈黙の海に(汗)。
ま、そもそも潮の流れもかなり悪かったですが。

1124b
そして、その状況が最後まで変化せず終了・・・(泣)。

エチオピアもホッケも、通常、三陸で釣れることはない魚です。
少なくとも、青物狙ってる時期には。
エチオピアは、一説によると、冷たい潮と暖かい潮の境を
泳いでるらしく、北から南下してきた魚だとすると、
ポイント付近に冷たい親潮の水が差していたのかも

予報がベタ凪ぎに変わったときは、
「今日はもらった!!」と思ったのに・・・。


<11月26日>
南西の風が強い予報で9割あきらめていたのですが、
船長ががんばって出船してくれました!

風が非常に強く、沖には全然出られない状況でしたが、
湾の出口付近にイワシらしいベイト反応が多数あり、
青物も付いているはず!という読みだったようです。

朝一は、湾口より少し出た付近で釣りしましたが、
中層のベイト反応がいっぱいあり、この日やった中では
青物釣れそうな雰囲気が一番ある場所でした。
まとわりつくようなアタリがあったという人も居ますし、
他船では良型のワラサが上がったとか!

しかし、すぐに風が一層強まって、その場所に居られず
風を避けられる湾口部へ避難することに。
ベイト反応も少ないらしく、誰にもアタリないまま時間が
過ぎていきますが、他に釣りできるポイントもありません。

私も、ベイトがイワシだと予想して、色々やりましたが、
朝からウンともスンとも・・・(悲)。

そんな中、スロージギタックルでフォール中心の釣りを
していたお客さん
のロッドが突然絞り込まれました!
私、ヒットの瞬間、見てました(笑)。
上がってきたのは、80cmオーバーの丸々した大ワラサ

結局、このお客さんは同じ釣り方で同サイズの大ワラサを
もう1本追加し、2本ゲットでした!

そして、このお客さんと一緒に来ていた友人も、
釣り方をマネして、最後に83cmの大ワラサをゲット!
ジグのテールにタコベイト付きフックだったとか(笑)。

1126
難しい状況の中、この二人だけが本命ゲットでした!
写真撮り忘れたので船長のFBより拝借です(笑)。

3本ともフォールでのヒットだそうです。
同じ側だったので釣り方をじっと見てましたが、
私の感覚では青物狙いとは思えないスローな誘い上げと、
その後のロングフォールを組み合わせて釣ってましたね。

私、青物でここまでスローなヒットパターン見たの
初めてでしたが、潮がまったく効かないなど、魚の活性が
極端に低い状況では“有り”なのだとか。
この日も、ベイト居るのに、なぜか非常に活性低かったです。

私は青物狙いでスローピッチはやりませんが、
さすがにこういうの見せられると、念のため、次回から
スロー系タックルも1セット持参して行こうかな?
という気になりますね(苦笑)。


<12月10日>
今シーズンの最終日でした!
この時期としては希にみるような穏やかなべた凪ぎ♪
ということで、やはり船は一路沖へ!

1210a
1210b
水深130mまでは今までもやりましたし、
150mくらいまでならやるかも?とは思っていましたが、
普段やる水深ではパッとした反応なく、
結局、水深200mラインまで頑張りました♪

1210c
1210f
私は300gもあったので、それ使いましたが、
他のお客さんはせいぜい250g程度までしか持ってなく、
着底に時間かかってましたね~。

潮がものすごく緩かったので、250gでも
感心するほどラインが真っ直ぐに立ってましたが(苦笑)。
うーん、こんな潮じゃ青物は厳しいよね~。

1210d
1210e
そして極めつけ!
小型クジラだか、大型イルカだかの超大群が出現!
通りすぎたかな?と思っても、遙か向こうまで居る!居る!
いつまで経っても、居なくなりません(泣)。

まぁー、そんな状況なので青物はダメでした。
外道はいろいろ釣れてましたけど。
マトウダイ、ヤリイカ、サバ、スルメイカ、マダラ等。
ちなみに私はいきなりヤリイカ、その後、サバ!
なんか前の晩も釣ったような気が(苦笑)。

なお、青物らしき反応は、最後の終了間際、
船長からジグを追いかけてる魚が居るとアナウンスあった直後、
私のジグに“もぞっ!”というアタリがあったきり。
残念ながらヒットまで持ち込めませんでした。

でも、気持ち良い凪ぎの中、滅多に行けない沖まで行き、
しこたまジグしゃくれたのでスッキリしました♪

三陸イカメタル2017 大船渡編

宮古編に続いて、大船渡編です。
今年はかなり前から週末の予約がいっぱいの船もあり、
直前だと予約取りにくく、やや出遅れた感じですが、
私もどうにか12月頭から参戦しました!


<12月2日午前の部>
この日は元々予定してた広進丸さん(崎浜港)の昼イカ

アンカー打たずにランガンするスタイルですが、
群れさえいれば、昼でもべた底でポツポツと釣れます。
数的には、夜イカほどの爆発力はないものの、
帰宅が深夜になることもないし、釣ったイカを
その日の夜に新鮮な状態でいただけるのはありがたい♪

この日、予報では釣り場は風裏になるはずでしたが、
実際には岸沿いに強風が!しかも大潮で潮が速い!
ちと釣りにくかったです。

171202k1
171202k2
朝のうちは水深60~70mでポツポツ釣れたのですが、
日が上がるとイカがどんどん深い方へ移動してしまいました。

171202k3
強風で釣りにくい中、水深100m前後までがんばり、
ポツ・・・・ポツ・・・・と拾い釣り。

171202k4
171202k5
ただ、群れの本体は沖の深場に移動してしまったようです。
さらに深場を攻められれば良いのでしょうが、100m越えると
イカメタルのタックルでは、アタリ取れてもアワセ切れない感じ。
なかなか難しいです。

それでも、イカサビキのお客さんがパラソル級1本釣ってました!
胴長40cm?デカかった!あんなの釣ってみたいですね♪


<12月2日夜の部>
夜は上州屋のメタルスッテ実釣会に参加してました♪
主な講師は北上店の若月さん。船は億幡丸さん(小石浜港)。

Tpc66599main
私、積丹からずっと我流でイカメタルやってるので、
一度、上手い人にちゃんと教わろうと思い、申し込みました。

午前中の強風も夕方には弱まり、無事に出船!

171202o2
171202o3
移動中にイカメタル(メタルスッテ)の基本や、
ヤリイカとスルメの釣り方の違いなどに関する説明があり、
ポイント到着後は若月さんによる実演もありました。
で、その最中にサバ、スルメ、ヤリイカがガンガンアタック!

一通り説明が終わり、実釣開始すると・・・
いきなり良型ヤリイカのダブル!トリプル!の連発!

171202o4
171202o5
少し上の棚を探ると、良型スルメイカも混じりました♪

171202o6
この夜は、ほぼ満月のような明るい月が空に浮かんでおり、
イカが船の明かりに集まるか不安でしたが杞憂でしたね。

171202o7
171202o8
時間が経つと、スタート時の入り乗り状況も一段落し、
後半ばポツリポツリという感じでしたが、
それでも棚さえ合えば、確実にアタリが出るので、
終始楽しく釣りできました♪

171202o9
誘い方やアタリの取り方は、そう間違ってなかったと思いますが、
アワセに関しては、思い切り垂直にロッドを立てても、
案外、ロッドティップは大丈夫なものなんですね~。
他にも、ラインの太さやエダスの間隔、仕掛けのアピール力など
に関するお話を聞けて、色々と勉強になりました♪

171202o10
そんなこんなで楽しく時間が過ぎ、イケスはイカでいっぱいに♪
私はヤリイカ60(リリース1)、スルメ5でした。


<12月9日夜>
急きょ、勝丸さん(砂子浜港)で出撃してきました!

実は翌日が三陸ブリジギング最終戦の予定だったので、
知り合いからの誘いを何度か断っていたのですが・・・
結局、イカの誘惑に負けました(爆)。

171209a
龍神丸さんから少し離れて隣にアンカリング。
向こうには、W月師匠(メタル)とBunさん(サビキ)も乗船!

171209b
こちらは、私がメタル、釣友のHさんはサビキで開始!

171209c
171209d
さっそく明るいうちから、ポツポツ釣れ始めました♪

先週のメタル講習会で、ラインはできればPE0.5号以下が良い
という話を聞いたので、リールをPE0.5号に巻き替え、仕掛けも
2.5号に落として行きましたが、さっそく効果を実感できました♪

この日は予想以上に潮が速く、釣りにくい状況でしたが、
ラインに係る抵抗が小さいため、スッテを必要以上に重くすることなく
どうにか釣りができました!スッテ重くすると、イカの乗り悪くなるので。

しかし、一部ではオマツリが多発して大変なことに(悲)。
オモリ60号のイカサビキでも仕掛けがかなり流されてましたので・・・
皆さん、仕掛けの流しすぎには気を付けましょう。領海侵犯はダメ!

171209e
なお、この夜はヤリイカがあまり底から浮かなかったため、
針数の多いサビキ組も数を伸ばせず苦労していたようでしたが、
逆にメタルだと、ベタ底狙いで結構アタリが出ていました。

ときどき群れが離れ、誰にも当たらない時間があったので
爆釣とは行きませんでしたが、ヤリイカ61杯、スルメ4杯と
良い釣果に恵まれました♪

171209f
ただ、それ以上に嬉しかったのが、サイズが大きいこと!!
胴長35cm越えるパラソル級も数杯、胴長30cmは普通に釣れました♪

171209g
平均サイズは間違いなく過去最高でしたね!実に楽しかった♪

ちなみに、この晩は大船渡市内のホテルに宿泊し、
翌朝6時にちゃんとブリジギにも出撃しましたよ(笑)。
そして、まさかの水深200m!この話はまたそのうち。

2017年12月16日 (土)

三陸イカメタル2017 宮古編

最近、月一での更新が定着してきました(汗)。
いつ何釣りに行ったのか思い出すのに一苦労です。

さて、最近はイカメタルゲームばかりやってたので、
その報告の第一弾をしたいと思います。
宮古市のゆたか丸さんでの釣行4回分をまとめて(苦笑)。


<11月3日>
三連休の初日。
ぼちぼちイカ釣れ始めたという情報を聞き、
急きょ、予約して出撃してきました。
夕方に青物を少し狙い、夜にイカメタルやるリレー船。

あ、そういえば宮古でイカ狙うのこれが初めてでした!

1103a
宮古湾を出たあたりでの釣りでした。
青物は水深60~80m、イカは50~60mだったかな?
既によく覚えてませんが(爆)。

ただ、予約のときチェックしてませんでしたが、
この日は満月期の大潮!しかも快晴!

夕方、青物狙ってるうちは潮が微動だにせず、
夜にイカ狙い始めたら、川のようにガンガン流れるという
実に迷惑きわまりない潮でした(苦笑)。
しかも、お月様は頭上で煌々と海面を照らしてるし!

そんなわけで釣果はいまいち。
青物はイナワラ1、イカは良型スルメ4+ヤリ1。


<11月12日>
大船渡沖での青物ジギングが中止となり、
急きょ、宮古のイカ狙いに走りました(苦笑)。

スルメもいいけど、刺身の美味しいヤリイカ釣りたいなぁ~
と思って行ったら、突如、爆釣しました♪

1112a
前回は湾の外でしたが、今回は湾内(湾口)で
水深30mの浅場なので、楽ちん♪
釣れ出すと、浅いから手返しが早く数も伸びます!

当たりメタルは、レベルスッテのピンク12号!
なんとなく最初、これからスタートしたんですが、
ずーーーーっと釣れ続くもんで、最後までコレでした。

面白いことに、上に付けてるスッテやプラ角ではなく、
ほとんど下のメタル(レベルスッテ)にヒットしました。

青物のときの感覚で、海水氷にイカ入れてたら、
最後、すごいことになりました(爆)。

1112c
中小型のヤリイカがほとんどですが、90数杯だっけ?
リリースしたチビ入れたら100は行ってたかと
スルメは居ませんでしたね。

あ、余談ですが、暗くなってしばらくすると、
カモメの幼鳥かな?鳥がいっぱい寄ってきて、
ときおり船内に飛び込んできました(笑)

1112b
それも1羽2羽でなく、いっぱい!
リリース?しても、また飛び込んでくるし!
結構、笑えました♪


<11月18日>
えー、やっぱり大船渡沖の青物は中止でしたが、
それを見越して、イカメタルの準備も万端(笑)。

1118a
ポイントは前回と同じく湾内ですが、
浄土ヶ浜沖なのでめっちゃ近くなりました!
「えっ!ここ?もう着いたの?」って感じ(笑)

前回ほどじゃないけど、ポツポツと釣れ、
サイズは前より大きく中型メインに♪

1118b
1118c
あ、鳥も前回ほどじゃないけど出没しました(笑)。

1118d
途中、少し当たりが遠のいた時間もあり、
数は前回ほど出ませんでしたが、80杯と好釣果♪

1118e
ちなみに、お隣のイカサビキのお客さんは118杯だったとか。


<11月24日>
えー、何曜日でしたっけね?(爆)
飛び入り連休ってことでお休みに♪

午前に大船渡沖で青物狙ってましたが、
奇跡的なベタ凪ぎで大チャンス♪と思ったら、
何も起こらず終了でした・・・(泣)。

イカ様に癒やしてもらおうと、
そのまま宮古まで来ましたが・・・
イカの群れも数日前から行方不明だとか(汗)

1124a
というわけで、結構、厳しかったです。
チビも含めて、やっと18杯(苦笑)。


とりあえず、宮古編はこんなところで。
次回はイカメタル大船渡編の予定。
更新が一ヶ月後とかにならないようがんばりマス(汗)。

2017年11月18日 (土)

初めての重茂ジギング:2週連続

<パート1>

前回の平日サボリ出釣から数日後の週末。
宮古市の重茂(おもえ)半島の船に予約してました。
船は半島南部にある千鶏漁港の光栄丸さんです。

このエリアも、青物ジギングの一級ポイントがあるようで
以前から噂は聞いてましたが、今回初めて予約してみました。

台風が接近中のため、かなり出船が危ぶまれてましたが、
前日、船長からまさかの「出船します!」の連絡が!

というわけで出撃してみましたが・・・

1029a
予想より波が高く、一旦、沖へ走ったものの
本命ポイントは断念し、風裏となる岬の陰へ避難(汗)。

1029b
それでもウネリ大きく、かなり釣りにくかったです。

事前にあまり情報を調べてなかったので、来てみて驚いたんですが、
私以外のお客さんほとんどスローピッチのタックル持参でした!
実際、釣り開始してみると他のお客さん達には、サイズとさておき
結構なペースでイナダ~ワカシサイズをヒットさせていました。

1029c
しかし、大船渡用のタックルをそのまま持ってきた私には
あまりアタリがありません。それでも何本かは釣りましたけど。

しばらく岬の陰で辛抱してましたが、風が落ちたタイミングで
ついに船長が沖に船を走らせました!噂に聞く山田大根らしいです。
非常に根が荒く、水深もそこそこあるようなので、重めのジグで
やりますが、一向にアタリありません(汗)。

1029d
が!突然、反対側で釣ってた他のお客さんに良型がヒット!
上がってきたのはブリ手前くらいの丸々した良型ワラサ♪
他のお客さんにも良型ワラサがポツポツヒットしていましたが、
私はこのポイントではヒットないまま終了でした。

帰港後、船長と少し話しましたが、大船渡沖とはヒットパターンが
全然違ってるようで、ハイピッチよりスローピッチ有利でフォール
への反応が良い、ジグもロングよりショートジグ有利だとか。
まさかここまで違うとは思いませんでしたねぇ。
ベイトの違いなんでしょうか?興味深いものです。


<パート2>

その翌週末。大船渡の喜多丸さんに乗船する予定でしたが、
釣りになるか微妙な天気ということで残念ながら中止に(泣)。

そこで、一旦、諦めかけたんですが、
「そういや光栄丸さんもジギング乗合可って書いてた気が?」
「あそこなら風裏になるから大丈夫かも?」


で、前日の夜20時にいきなり電話して最後の1名に滑り込み。
かくして2週連続で重茂半島沖に浮かぶことになりました(笑)。

港に行ってみると、偶然、釣友のIさんもご一緒でした♪
宮古の大会や大船渡マスジギ大会でご一緒しましたが、
スローピッチが上手く、いつも安定した釣果を上げてる方です。

1105a
驚いたことに、茨城や静岡から来たお客さんまでいましたね!

出船してみると、この日は予想通り、べた凪ぎ♪
前の週の荒れっぷりが嘘のようです(笑)。

1105b
上の写真は、山田湾の出口方面(南向き)。

1105c_2
こちらの写真は、重茂半島(北向き)で、
小さくトドヶ崎灯台が見えます。本州最東端エリア!

凪ぎが良いので朝から本命の山田大根に入り、釣り開始。
もう最初に書いちゃいますが、この日は魚のヤル気あって
よく釣れました♪

私も、前回の反省を基にショートジグ多めに持って来たので
どうにかこうにか釣りにはなりました。

1105f
ただ、やはり違うなぁ~!と思ったのは、
上げの動きだとヒットしてもワカシ~小ワラサ程度で、
良型はほとんどフォールでしかヒットしないこと。

なので、当然、スローピッチの上手な人が釣りまくります!
Iさんとか、Iさんとか、Iとか(爆)。

1105d
1105e
1105g
このお方、多忙で久しぶりの出撃とのことでしたが、
釣って釣って釣りまくってましたねぇ~♪さすがでした!

すぐ隣で見てましたが、ホントにフォール入れた瞬間
ヒットしてました。私もハイピッチのタックルでフォール
入れてシャクってみましたが、どうにも上手く行きません。
単にジグを落とし直してる最中にはヒットしましたが。

1105h
凪ぎ良く、天気もまずまずで、魚のアタリ多かった
ってのが楽しかったですね~♪
ヒットパターンが大船渡と明確に違うのも分かり面白かった!
ハイピッチなんで、どうしても不利ですが、
今回は釣果的にも、あまり見劣りしない程度には釣ったかな♪

宮古エリアは、時期的にもう終盤ということなので
次にジギングに来るとすれば来シーズンになると思いますが、
それまでにまた何か対策を考えておきたいと思います!

サボリーマン出釣♪

すみません。更新をサボり過ぎましたね。
気づけば前回から一ヶ月も経過してるし(汗)。

さて、前回の記事に書いた青物ジギングが10月半ば。
その次の週末は用事があって出撃できず、
約2週間ぶりでの出撃予定でした。

が・・・週末が思い切り時化予報(汗)。
このままだと半月以上、釣りできず終いになりそう。
ってことで、平日サボリーマン出釣してきました(爆)。
お世話になったのは、大船渡の広進丸さん

Img_1122
この日は実によい凪ぎ♪
予想通り、船長は一気に沖を目指します!
前日、広進丸さんは10キロオーバーを筆頭に
ブリクラスが連発というすごい釣果が出たらしく、
期待が高まります!(だから無理してサボった♪)

Img_1124
べた凪ぎといっても無風ではなく、風もあるので
船が立てて釣りやすい状況でした。

朝一から船中ではポツポツとワラサがヒットしますが、
底潮の流れはいちいちな感じ。
潮が効いてないとき、私は大抵苦戦しますが、
この日もそんな感じで、大分遅れてようやく1本。
ヒットジグはフランク220g!ホッとしました(苦笑)。

しかし、日が高くなり徐々に潮が効き出すと、
青物の喰いも一気に良くなってきました!

Img_1126
ポキロン190gで良型のワラサゲット♪

さらに風も出てきて船が流されるため、
ジグを230g前後のものにチェンジ。
ちなみに、大船渡沖では水深100m前後の沖根まわり、
場合によってさらに深いポイントも攻めるので、
ジグは250gまでは用意しておかないとなりません。

カーブスライダー(200gなのに実際は220~230g)で
数本獲った後、ふと思ってスキルロング230に。
ややアタリが遠のきましたが、しばらくして
後ろのお客さんと私にアタリ!が、ヒットせず。

ラインが船下に食い込む状況でしたが、チャンスなので
そのまま底までジグを落とし直すと、1シャクリでドン!!

・・・あれ??微動だにしない?まさか根掛かり?(汗)
でも必死でリール巻くと、微妙に上がってきてる気も?

船長も来て、全員ジグ回収してもらい
「一体、何ですかね?」と首かしげながら
ひたすら“ほぼ根掛かり”をリフトし続けると・・・
微妙に首振ってる。魚だ(笑)。
で、結局上がってきたのは・・・

Img_1128
8kgのブリ♪
・・・の土手っ腹にフック2本スレ掛かり(苦笑)。

水深120mのべた底から横向きのブリをリフトするのは
辛かったですわ(苦笑)。
ま、マグレ当たりの1本ですけど嬉しかった♪

実は、この日、珍しくベイトタックルを持ち込んでて
上のブリもそれで釣った魚でした。
私は青物ジギングはほぼスピニングでやってますが、
深場のポイントに関しては、ベイトの方が楽なんじゃ
なかろうかと思って試しに持ってきた次第でした。

結論、深場に関しては有効ですね!
今まで、ベイトでスピニングと同じようなシャクリ方を
しようとしてうまく出来ず、ベイトを敬遠してましたが、
そもそも同じような釣り方する必要もないよね~と。
ただ、手持ちのベイトロッドが堅すぎるので、もう少し
ティップの柔らかいロッドに買い替えないと!

最終的にこの日はブリクラスは私の含め2本でした。
他のお客さんが釣ったのが一回り大きく8キロ半くらい。
良型のワラサは多数!
前日がもっと凄かったので、比較すると見劣りしますが、
十分に楽しめた良い釣行となりましたね♪

これからの時期、凪ぎの良い日は少なくなりますが、
沖まで出られれば寒ブリを狙えるチャンスあるので、
次回の出撃が楽しみです!
(と言いながら、その後、ずっと中止続き・・・)

2017年10月18日 (水)

腰痛と海

今週は火曜日に代休がもらえることになり、
日曜、火曜と青物ジギング飛び石2連戦の予定でした♪

日曜はBunさんのお誘いで喜多丸さん(大船渡市崎浜港)に!
喜多丸さんに乗船するのは1年ぶりですし、
Bunさんと青物ジギングでご一緒するのは初めてなので、
結構、楽しみにしていたのですが・・・

なんと、ドタキャンする羽目に!
船長、Bunさん、ごめんなさい!

前日仕事中に少し腰を痛めてしまい、
最初は大したことなかったのに、夜になって悪化。
坐骨神経痛が再発し、寝てても痛い(泣)。

Img_1011
それから・・・
病院でもらった薬と市販薬(B12入りビタミン剤)を飲み、
朝晩2回風呂で足腰を温め、インドメタシンを塗りまくり、
できるだけ大人しく安静にしていました。


そして火曜日・・・
船長には最悪ドタキャンになるかも?と事前連絡は
入れていましたが、なんだかんだと出撃(笑)。

Img_1015
お世話になったのは広進丸さん(大船渡市崎浜港)。

とりあえず、2日間の治療の甲斐あって
神経痛の症状は消え、普通の腰痛まで回復したので
なんとか釣りはできそうな雰囲気。
多少痛み残ってるから、無理はできないけども、
次の週末が時化そうなので是非出たかったんですよね。

Img_1014
念のため、ジギングのお供にアンメルツ(笑)。
ときどき、船のトイレで腰に塗り塗りしてました。

幸いなことに、この日はベタ凪ぎ&潮無し
腰痛持ちには優しい状況でした♪
(船が揺れないし、軽いジグ使えるし)

が、潮が流れないということは・・・喰い悪っ!

それでも、朝のうちは時合いがあり、3本ゲット!
最大は83cm(6kg弱)とまあまあ♪

Img_1020
Img_1018
3本とも義経工房の武者丸180gでした♪

ちなみに、腰が痛いので、グリップを腹に当てず、
ロッド下に向けたままリールだけでファイト!
端から見たら、立ち小便してるみたいかも(苦笑)。

Img_1025
後半はホントに激渋になり、苦戦しましたが、
終盤に一瞬の時合いがあり、3、4人同時ヒット!

Img_1028
私も運良く1本追加できました♪
この魚もまあまあのサイズで太ってました。

結局、この1本を最後に4本で終了
腰はどうにか持ち堪えてくれました!

終わってみれば、釣り自体より、帰港時の船の揺れ
(昼前に風が強まった!)と往復の車の運転の方が
しんどかったです(苦笑)。

帰りは、初めて入る“喫茶・食事まいど”にて
お昼ご飯をいただきました。

Img_1031
スタミナ焼定食。パッと見、肉野菜炒めですが、
肉はホルモン、レバー、ソーセージがミックスで入ってます。
結構、好みの味でした♪あ、食事するとコーヒーが200円に♪

2017年10月 5日 (木)

三陸青物ジギング行ってます!

また更新サボって溜めてしまいました(汗)。

最近は膝や腰も小康状態なので、9月半ばからジギング再開しています。
まぁ、良くなってるわけでなく、悪化してないというだけなので、
午前便乗っただけでも、昼前には膝がしんどくなってくる有様(苦笑)。
以前のように午前午後通しとか、2~3日連続で釣りするとか無理!

ともあれ、ここ3週連続で大船渡沖の青物ジギングに出撃したので、
まとめてで申し訳ありませんが、その釣行報告を。

<9月17日>
今年の三陸青物ジギング初戦。二ヶ月ぶりのジギングでした。
なお、船は3戦とも崎浜の広進丸さんにお世話になりました。

0917a
上潮だけ速い二枚潮で、底潮の流れ良くないためなのか?
魚の食い気もなく苦戦しましたが、どうにかワラサ4本ゲット♪

0917b
私はヒットさせられなかったけど、船では80cmオーバーの良型も
上がっていました!今年は大きいのが回遊してきてますね~♪

予報では台風接近のため出船が危ぶまれましたが、
結局、午前中いっぱい天気が保ってくれました♪

0917c

<9月23日>
朝のうちは船酔い者が出るほど時化気味で大変でしたが、
後半は天候が回復し良い凪ぎに!魚の活性もなかなか良好!

0923a
ただ、二枚潮?三枚潮?
潮流が非常に複雑で少々釣りにくい状況でした。

私は重めのジグ+堅めのロッドをメインでやってましたが、
魚のヒットが多く、終盤はふらふらで倒れそうでした(苦笑)。
訳あって、元々、少し疲労気味だったのもありますが、
水深が結構あり、ヒットするワラサも元気だったもので。

この日の最大魚は反対側のお客さんが釣り上げた84cm!
私は良型っぽいのボトムでバラシ、ワラサとイナダだけでしたが、
ワラサ10本?、イナダ3本?くらいは上げたはず。
楽しかった~♪

0923b
あ、釣るのに夢中で魚の写真取り忘れました(爆)。


<9月30日>
数日前から急に寒くなり、夜中に大船渡まで走る間、
気温がずっと一桁台でビックリでした。

海の上は良いお天気でしたが、やはり風がやや強かった

0930a
朝、岸寄りのポイントでイナダがぽつぽつ釣れたので、
食いは悪くないのかと思ってましたが、大間違い!

深場へ出ても底潮がほとんど流れておらず、激渋(汗)
風が強めなので、あまり沖にも出せないし釣りにくかった。

結局、イナダメインにワラサちょっとで終了でした。

0930c
この日は初心者の頃からずっと使ってたプライヤーが折れたり、
根掛かりでライン高切れしたりと災難が(苦笑)。

0930d
ちなみに、翌日、知り合いが9kgオーバーのブリをゲット!
一日違いですが、状況がガラッと変わったんでしょう。
やっぱり海は出てみないと分からないですね。次回も楽しみ♪

より以前の記事一覧